ホーム > 書籍 > 頸部聴診法の実際と病態別摂食・嚥下リハビリテーション > 目次
目次

1.摂食・嚥下障害の基礎知識
 1)摂食・嚥下器官の解剖
 2)摂食・嚥下のメカニズム
 3)摂食・嚥下障害の原因
 4)喉頭進入と誤嚥
 5)仮性球麻痺と球麻痺
 6)嚥下に関係する反射

2.摂食・嚥下障害の評価
 スクリーニング検査
  1)嚥下病態を判断するための頸部聴診法
  2)反復唾液のみテスト
  3)水のみテスト
  4)フードテスト
  5)パルスオキシメトリ
  6)簡易嚥下誘発試験
  7)2段階簡易嚥下誘発試験
  8)唾液分泌検査
  9)嚥下前・後X線撮影法
  10)Blue Dye Marker 法
 機器を使った詳細な検査
  1)嚥下造影検査
  2)嚥下内視鏡検査

3.病態別アプローチ法・基本訓練
 口腔ケア
 嚥下体操
 頸部の可動域訓練
 呼吸訓練
 咳嗽訓練(咳ばらい訓練)
 声門閉鎖訓練 
 息こらえ嚥下

4.病態別アプローチ法・先行期障害
 先行期障害の対応と直接訓練
  1、意識障害
  2、認知症
  3、注意障害
  4、拒食

5.病態別アプローチ法・準備期障害
 準備期障害の病態
 開口障害・閉口障害に対する訓練
 口唇・頬の運動訓練
 咀嚼訓練
 舌の運動訓練
 準備期障害の直接(摂食)訓練

6.病態別アプローチ法・口腔期障害
 口腔期障害の病態
 舌の運動訓練
 口腔期障害の直接(摂食)訓練

7.病態別アプローチ法・咽頭期障害
 咽頭期障害の病態
 軟口蓋挙上訓練
 のどのアイスマッサージ
 喉頭挙上訓練
 舌前方保持嚥下法
 バルーンカテーテル拡張法
 咽頭期障害の直接(摂食)訓練
 代償的嚥下法
 努力嚥下
 Kメソッド
 うなずき嚥下
 横向き嚥下
 一側嚥下
 交互嚥下

8.病態別アプローチ法・食道期障害
 食道期障害の病態
 食道期障害への対応と直接(摂食)訓練

 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2010 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671