ホーム > 書籍 > 頸部聴診法の実際と病態別摂食・嚥下リハビリテーション
 
 ※本書は,日総研ホームページからの直販のみとなります。

商品番号600916

表紙  

 
お申し込みフォームへ
目次をよむ

頸部聴診法の実際と病態別摂食・嚥下リハビリテーション
 DVD+書籍 B5判 128頁 定価5,524円+税 ISBN 978-4-7760-1433-1

執筆・DVD監修/大宿 茂    兵庫県立淡路医療センター 言語聴覚士
淡路摂食・嚥下障害研究会 代表
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会評議員
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
※著者プロフィールはこちら


嚥下造影画動画(音声付き)
頸部聴診法の学習
DVDの内容(40分)
頸部聴診法
 (1)評価方法
 (2)健常者の頸部聴診音
嚥下病態の判定方法
 (1)正常嚥下症例(2症例)
 (2)聴診開始時の貯留音・気道狭窄音
 (3)噛み合わせ音や咀嚼音(3 症例)
 (4)嚥下前後の呼吸音に伴う湿性音
 (5)嚥下前の呼吸音に伴う湿性音(3症例)
 (6)嚥下反射の判断(2症例)
 (7)むせに伴う喀出音(2症例)
 

 (7)むせに伴う喀出音(2症例)
 (8)小さく不明瞭な嚥下音(2症例)
 (9)嚥下音に伴う異常音(4症例)
 (10)複数回の嚥下音(3症例)
 (11)嚥下後の呼吸音に伴う湿性音(4症例)
症例
 (1)多量誤嚥症例
 (2)球麻痺症例
 (3)頸部調子根は誤嚥していることを
  判断できない症例 
 (4)嚥下中誤嚥症例
頸部聴診音のまとめ

 

書籍 解説本(B5判 128頁)


■主な内容

1.摂食・嚥下障害の基礎知識
 摂食・嚥下器官の解剖
 摂食・嚥下のメカニズム
 摂食・嚥下障害の原因 ほか3例
2.摂食・嚥下障害の評価
 スクリーニング検査
 機器を使った詳細な検査 ほか12例
3.病態別アプローチ法・基本訓練
 口腔ケア
 嚥下体操
 頸部の可動域訓練 ほか7例
4.病態別アプローチ法・先行期障害
 先行期障害の対応と直接訓練 ほか4例

5.病態別アプローチ法・準備期障害
 準備期障害の病態
 開口障害・閉口障害に対する訓練
 口唇・頬の運動訓練 ほか3例
6.病態別アプローチ法・口腔期障害
 口腔期障害の病態
 舌の運動訓練 ほか1例
7.病態別アプローチ法・咽頭期障害
 咽頭期障害の病態
 軟口蓋挙上訓練 ほか12例
8.病態別アプローチ法・食道期障害

 食道期障害の病態
 食道期障害への対応と直接(摂食)訓練

目次をご覧下さい



★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。
 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 

 

 



前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2010 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671