ホーム > 書籍 > 消化器内視鏡看護 基礎と実践知
 ※こちらの商品は完売いたしました。お申し込みできませんのでご了承下さい。
表紙  
 

B5判 144頁

定価
2,200円+税


ISBN
978-4-7760-1566-6


 
目次をよむ
ページ見本をみる
 

※正誤表はこちら

商品番号601566

消化器内視鏡看護 基礎と実践知

監修・執筆/日本消化器内視鏡技師会 内視鏡看護委員会
※詳しい著者名はこちら


 検査前の声かけ、検査中の介助・観察、
 セデーション下での介助、病棟への申し送りなど

専門性獲得への「変わらぬ基本」と「変化する今」を網羅

内視鏡看護委員会主催セミナー開催10年の集大成を出版!
 【業務・記録・教育3つのガイドラインを収録】


主な内容

 消化器内視鏡総論−内視鏡看護とは
 患者確認
 インフォームドコンセント・問診の確認
 物品(機器・処置具)・薬品の管理と準備
 内視鏡室の環境管理
 内視鏡検査・治療時の前処置
 EMR・ESD時の全身管理
 膵胆道系内視鏡時の看護と体位
 下部消化器内視鏡検査・治療時の看護
 用手圧迫法
 消化管止血術
 検査治療後の看護
 
偶発症時の対策と看護
 セデーション時の患者管理
 極細径内視鏡・ダブルバルーン・小腸内視鏡・
  カプセル内視鏡の特徴と留意点
 事例検討のススメ

三つのガイドライン
 (1)消化器内視鏡看護業務基準
 (2)内視鏡看護記録ガイドライン
 (3)内視鏡看護教育ガイドライン
  〜クリニカルラダーと臨床実践能力評価表活用基準〜
 ・内視鏡看護教育クリニカルラダー
 ・内視鏡看護師の「臨床実践能力の指標」
 ・内視鏡実践能力評価表レベルW(達人)
 ・内視鏡実践能力評価表レベルV(中堅)
 ・臨床実践能力評価表・レベルU(一人前)
 ・臨床実践能力評価表・レベルT(新人)
 ・臨床実践能力評価の活用方法


使える実践資料を掲載! 図表・資料のごく一部を紹介

 ・患者誤認による事故防止マニュアル
 ・MF・CF時の生検・検体容器取り扱いにおける行動基準(抜粋)
 ・検査・治療中の流れに沿った患者誤認防止対策
 ・患者さんへの説明時の留意点3カ条と場面別対応事例
 ・上部消化管内視鏡検査の説明書(表)
 ・上部消化管内視鏡検査の問診表・同意書(裏)
 ・リユーザブル処置具の洗浄・滅菌方法(図解)
 ・内視鏡センター配置図:
  場所(検査スペース)の管理とポイント(図解)
 ・検査前日の食事 推薦メニュー例
 ・用手圧迫の部位

 その他、実用資料が盛りだくさん。

目次をご覧下さい
ページ見本をご覧下さい




★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。
 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 



 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2012 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671