ホーム > 書籍 > 判例に学ぶ!事故防止と事後対応13例
※こちらの商品は完売いたしました。お申し込みできませんのでご了承下さい。
表紙  
 
DVD:約 90分
書籍:B5判 100頁

定価 6,000円+税


ISBN
978-4-7760-1669-4

 
 
 
ページ見本をみる
 

 

商品番号601669

判例に学ぶ!事故防止と事後対応13例

転倒・骨折事故・誤嚥事故はほとんど敗訴…その現実とは。

著者/菅原好秀 東北福祉大学 総合マネジメント学部
准教授 社会福祉学博士
※著者プロフィールはこちら

施設一丸で取り組む見守り意識の改善!

 介護職にわかりやすく解説した裁判事例と
 研修後、重要ポイントをおさらいする練習問題付き。


ページ見本をご覧下さい

▼▼サンプル動画をご覧下さい▼▼


 
 講義DVD 全10講義(約90分)

 福祉リスクマネジメントの専門家が、
 過失にならない見守り意識の改善をわかりやすく伝授!


 利用者の自発的行動に対してどこまで責任を負う?

  「人間の尊厳」にかかわる行為に対する認識
  ボランティアの見守り義務違反による転倒・骨折事故の責任

 専門職として期待される「見守り」のレベルとは?
  デイサービス利用中の行方不明にかかる死亡事故
  利用者の見守り方法と施設側による介護記録の改ざん
  利用者の興奮を鎮めるために移動させた先での事故

 どこまで負うか?誤嚥事故の責任
  老人保健施設が誤嚥死亡事故訴訟に勝訴した要因
  緊急時における対応マニュアルと判断・行動

 利用者間のトラブルや拒絶に伴う事故の責任は?
  介護拒否後に発生した介護事故の責任
  利用者同士のトラブルによる転倒事故の責任

 裁判判例を事故防止につなげる5つの視点


 書籍内容 (B5判 100頁)

 判決内容から介護現場での対応・工夫をアドバイス!
 練習問題で判例を振り返り、日常の危機意識を強化!


 介護職にも分かりやすく解説、現場での対応!
 介護事故裁判事例解説集 全13例

  「人間の尊厳」にかかわる行為に対する認識
  デイサービス利用中の行方不明にかかる死亡事故
  利用者の見守り方法と施設側による介護記録の改ざん
  利用者の興奮を鎮めるために移動させた先での事故
  老人保健施設が誤嚥死亡事故訴訟に勝訴した要因
  緊急時における対応マニュアルと判断・行動
  送迎中の転倒・骨折後の肺炎発症・死亡の責任
  ボランティアの見守り義務違反による転倒・骨折事故の責任
  介護拒否後に発生した介護事故の責任
  利用者同士のトラブルによる転倒事故の責任
  家族への説明責任を果たす事故報告書の視点
  心身の状態に応じた介護が求められた転倒・骨折事故
  災害時の利用者の行動特性と今後の施設職員の対応

 クイズ形式で飽きずに学べる!
 練習問題 理解度クイズ 解答・解説(全39問)




※DVDは、季刊誌『相談援助&マネジメント』の特典に7事例を追加し、書籍は、季刊誌『相談援助&マネジメント(旧 支援・生活相談員)』の連載と隔月刊誌『臨床老年看護』の特集記事を加筆・再編したものです。


★この商品の内容に関するお問い合わせは仙台デスク
 お急ぎの場合は、TEL(022)261-7660におかけください。  
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。



 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2013 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671