ホーム > 書籍 > ホームヘルパーのプロ意識を高める勉強会! 教育DVD/問題集 > 目次
目次

ヘルパー職に求められる職業倫理とその必要性
ヘルパー憲章を読み解く
訪問介護サービスの目的と基本方針
介護業務の特性と判断基準
ヘルパー職務における接遇マナーの必要性と難しさ
相手を認め,尊重するとは
尊厳の保持とは
ヘルパーの態度が発するメッセージ
ヘルパーに求められる秘密保持の原則・法律・基準
10個人情報の流出を防ぐ
11ケアカンファレンスにおける情報保護と必要な記録
12どんな時に事故が起こるか
13介護手順での予測危険対応策とチェックポイント
14ヘルパー職に求められるリスク管理と安全配慮義務
15食事介助の安全配慮
16入浴介助の安全配慮
17移乗介助の安全配慮
18事故発生時の責任
19事故発生時,緊急時の対応 
20事故発生時の記録

付録:情報交換のための演習ノート
付録:訪問介護員の専門能力類型(試案)と自己評価

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2013 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671