ホーム > 書籍 > 心が通い合う認知症ケア > 目次
目次

第1章 認知症を理解するためのファーストステップ

 認知症ケアの現状と課題
 認知症を正しく理解することが大切なわけ


第2章 脳の働き・メカニズムを知ると認知症の症状が分かる

 ●認知機能をつかさどる脳の仕組み
 ●脳の各部位の働き
 ●4大認知症


第3章 SOSのサイン!? 認知症患者に起こる障害とBPSD

 ●中核症状とは
 ●行動・心理症状(BPSD)とは


第4章 虐待? 非虐待? 認知症ケアのグレーゾーンに向き合う

 グレーゾーンケアの具体例
 グレーゾーンのケアが起こる背景
 認知症の人が対象になりやすいわけ
 グレーゾーンのケアがもたらす問題
 グレーゾーンのケアを減少させるポイント
 やってはいけない「3つのロック」と対応策


第5章 信頼関係の構築につながるコミュニケーション

 認知症ケアと信頼関係
 「認知症ケアの悪循環」を断ち切るために
 嫌な記憶を残さないためのかかわり方
 効果的な声かけの基本

 コラム
  ・小さな成功体験が大きな結果に―筆者の経験から―
  ・「気持ち良かった」を次につなげるために
  ・「指示が入らない」?
  ・「困ったことがあったら声をかけてください」と言われても…


第6章 事例で学ぶ声かけ・対応・接し方

 ●BPSDの身体面の関係
 身体面の観察ポイント
 暴言・暴力がある
 被害妄想がある
 帰宅願望が強い
 同じ質問や訴えを繰り返す
 入浴を拒否する
 食事を食べない・食べられない
 検査・処置を拒否する
 服薬できない・服薬を拒否する
 排泄ケアを拒否する
 ●妄想・思い込みがある
 ●徘徊がある
 ●睡眠障害がある

 コラム
  ・介護者へのフォローも専門職の役割
  ・入浴は誰のため?
  ・全量摂取にこだわらない
  ・薬を食事に混ぜてもいい?


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671