ホーム > 書籍 > 看護マネジャー 意思決定フレームワーク > 目次
目次

第1章
ある日突然私は看護部長になった
ストーリーで学ぶ看護マネジャーのマネジメント

 (1)私は何をする人? 看護マネジャーの仕事とは
  ●MBAとは
  ●病院が存続するためのエクセレントホスピタルの条件
  ●エクセレントホスピタルの条件

 (2)うちの病院が倒産!? 資金の流れを理解しよう
  ●患者がいるのに倒産する?
  ●損益計算書と貸借対照表
  ●会計の基礎

 (3)どうすれば稼げるの? 病床の運営を考えよう
  ●稼働はどうなっている?
  ●稼いでいるドクターは誰?

 (4)どれぐらいお金を使っているの? コストについて考えよう
  ●人件費は適正?
  ●原材料費は適正?
  ●ABC分析
  ●ABC計算(活動基準原価計算)
  ●変動費と固定費
  ●損益分岐点分析(CVP分析)

 (5)どれぐらい利益が出ているの? 利益の指標を知ろう
  ●利益の指標
  ●財務分析

 (6)頑張っている部署はどこ? 事業配分を考えよう
  ●事業にも寿命がある?
  ●プロダクトライフサイクル
  ●もうかる部署ともうからない部署がある?
  ●ボストン・コンサルティング・グループの
   プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)

 (7)うちのライバルはどこ? 病院を取り巻く脅威を知ろう
  ●ファイブフォーシス(5つの力)

 (8)うちの病院の強みと弱みは? 市場環境を分析してみよう
  ●3C分析
  ●市場環境を顧客・競合・自社の3つで分析
  ●マクロ分析とミクロ分析

 (9)うちの病院は生き残れる? 組織を診断してみよう
  ●組織を診断する
  ●マッキンゼーの7S
  ●付加価値を分析する
  ●バリューチェーンマネジメント
  ●環境を分析する
  ●マーケティング分析のプロセス

 


第2章
トップマネジャーのスキルを学ぶ
戦略
(Strategy)

 (1)戦略とは?
  ●戦略が必要とされる背景

 (2)戦略のフレームワーク
  ●戦略の2つの型
  ●戦略の4つの要素

 (3)戦略の実際 分析から戦略立案まで
  ●病院を取り巻く外部環境を分析する
  ●病院を取り巻く内部環境を分析する
   ・ケース分析 l :SWOT分析・クロスSWOT分析の実際
  ●戦略のフレームワークを使って自組織の戦略に生かす
   ・ケース分析 ll :経営戦略の実際

 (4)これからの戦略 「ブルーオーシャン戦略」
  ●ブルーオーシャンを切り開いたシルク・ドゥ・ソレイユ
  ●ブルーオーシャン戦略のバリュー・イノベーションの特徴
  ●ブルーオーシャン戦略の進め方
   ・演習問題 l :経営戦略

 


第3章
トップマネジャーのスキルを学ぶ
マーケティング戦略

 (1)マーケティングとは?
  ●ドラッカーのマーケティングの定義
  ●フィリップ・コトラーのマーケティングの定義
  ●マーケティングの3つのステージ

 (2)マーケティング戦略とは
  ●マーケティング戦略の5つのステップ
   ・ケース分析 lll :マーケティング戦略
   ・演習問題 ll :マーケティング戦略

 


第4章
トップマネジャーのスキルを学ぶ
会計(アカウンティング)

 (1)できるマネジャーは数字に強い! 会計とは
  ●トップマネジャーに必要なのは利益を作り出すこと
  ●決算書を理解しなければビジネスモデルは作れない

 (2)ストーリーで会計を理解する
  ●「採算が取れない」とは
  ●「経費」を考える
  ●「利益が出る」とは
  ●損益分岐点
  ●限界利益・限界利益率
  ●ドラナースの病棟の経営状態
  ●黒字にするには
  ●医療原価の特性
  ●安全原価

 (3)できるマネジャーは数字でものを言う 原価計算を知る
  ●病院における原価計算
  ●病院における原価計算の手順
  ●標準原価計算

 (4)できるマネジャーは数字を予測 需要を予測する
  ●需要と供給の関係
  ●需要の交差弾力性
  ●需要予測が必要なわけ
  ●需要予測の方法
   ・演習問題 lll :損益計算書
   ・演習問題 lV:病院の主要な収入と支出の内訳

 


第5章
トップマネジャーのスキルを学ぶ
ケースメソッド(Case method)

 (1)ケースメソッドで難問突破!
  ●ケースメソッドとは
  ●ケースメソッドとケーススタディの違い
  ●ケースメソッドの手順

 (2)ケースメソッドを体験しよう
  ●ケースメソッドの演習方法
   ・演習1:事業の収支表を活用した例
   ・演習2:3C分析を活用した例
   ・演習3:コッターの変革理論を活用した例
   ・演習4:マッキンゼーの7S分析を活用した例
   ・演習5:自施設のアンケート調査を活用した例

 


第6章
トップマネジャーに必要な能力
コンピテンシー(行動特性)

 (1)コンピテンシーとは
  ●経済界で広く活用されているコンピテンシー
  ●コンピテンシーを看護管理に応用するには
  ●コンピテンシーの活用
  ●コンピテンシーモデルの設計と構築
  ●コンピテンシーの評価
  ●コンピテンシーの更新

 (2) 【ストーリーでイメージする】コンピテンシーモデルの構築
  ●レヴィンの変革理論

 (3) 【ストーリーで理解する】コンピテンシーモデルを活用した看護部の組織改革
  ●現状把握
  ●現状分析
  ●課題の明確化
  ●人材育成の仕組みづくりにおける留意点
  ●看護部人材育成改革プランの創設
  ●看護部人材育成改革プランの実際

 (4)トップマネジャーに必要とされるコンピテンシー

 


第7章
トップマネジャーに必要な
ゲーム理論と意思決定

 (1)ランチェスター戦略
  ●ランチェスター戦略とは
  ●ランチェスター戦略の法則
  ●弱者は局地戦重視で強者に勝つ!
  ●強者は「相手がしてほしくないことをする」
  ●戦略で弱者に勝つ!
  ●攻撃する敵の選び方

 (2)ゲーム理論は意思決定の理論
  ●ゲーム理論とは
  ●ゲーム理論の前提条件
  ●ゲーム理論の代表例:囚人のジレンマ
  ●サイモンの合理的な意思決定

 (3)看護マネジャーの意志力を鍛えよう!
  ●意志力とは
  ●成功のための意志力
  ●増えたり減ったりする意志力
  ●意志力をコントロールできていない状態
  ●意志力をコントロールするために
  ●意志力は鍛えられる
   ・自己評価:意志力

 


第8章
認定看護管理者教育課程セカンドレベル/サードレベルは
看護管理者のステータス

 ●看護管理者教育が必要なわけ

 (1)認定看護管理者教育課程セカンドレベル
  ●セカンドレベルでは課題を解決するための総合力を身につける!
  ●セカンドレベルで学ぶこと
  ●セカンドレベルの必須科目「統合演習」
  ●セカンドレベルで大変だったこと
  ●セカンドレベルの受講要件

 (2)認定看護管理者教育課程サードレベル
  ●サードレベルではトップマネジャーのスキルを獲得する!
  ●サードレベルで学ぶこと
  ●サードレベルで大変だったこと
  ●サードレベルの受講要件


解答例

 


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671