ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 高齢者安心安全ケア実践と記録> 9・10月号目次


 

 910月号 目次

特集1

気づかぬうちにやっている!現場に潜む
フィジカル・スピーチロックを洗い出そう


今さら聞けない身体拘束
日本虐待防止研究・研修センター 代表
昭和女子大学・淑徳大学短期大学部 兼任講師
梶川義人


フィジカルロックの現状とケアのしくみの改善策
社会福祉法人桜井の里福祉会 専務理事/総合施設長
佐々木勝則


コミュニケーションと
“言葉による抑制(スピーチロック)”を意識する

〜スピーチロックをしてしまわないために

武蔵野大学 通信教育部 人間科学部人間科学科 社会福祉専攻 教授
本多 勇


身体拘束を希望する家族との関係づくり
社会福祉法人品川総合福祉センター 品川区立八潮南特別養護老人ホーム
生活相談員/介護支援専門員
竹田 泉


 

特集2

これがリスク回避の観察&アセスメント!
熟練スタッフの
「見守り」テクニックと着眼点!


介護のプロとしての見守り
株式会社あいゆうサポート 代表取締役/日本介護福祉士会 理事
内田千惠子


認知症対応型デイサービスにおける
「観察」「思考」「行動」
〜利用者の安全と安楽のために

あいゆうデイサービス 所長
入野直子


デイサービスにおける医療依存度の高い利用者
株式会社ライフサイクロペディア ローズ療養通所介護 施設長
東京都介護福祉士会 理事
溝呂木大介


グループホームにおける看取り期の利用者の見守り
社会福祉法人三育ライフ
杉並区立重症心身障害児通所施設わかば 園長/管理者
認知症対応型共同生活介護シャローム本天沼 ホーム長
東京都介護福祉士会 理事
望月太敦


障害のある高齢者の施設入所
〜入所直後から1カ月後の変化

社会福祉法人ますみ会 特別養護老人ホームますみ荘 業務部長
貝田百合子


 

特集3

自らの「報・連・相」をレベルアップ!
申し送り・カンファレンスが
有効に機能する伝達技法マスター


伝える技法・教える技法の基本スキル
オフィス・スキッパー 代表
荒木真由美


的確な「報・連・相」の引き出し方とタイミング
社会保険労務士事務所 メディケアリンク千歳 代表
社会保険労務士/社会福祉士/介護支援専門員
及川 進


相手に伝わりやすい申し送りのポイント
社会福祉法人千歳福祉会 特別養護老人ホームやまとの里
施設長/社会福祉士
木下浩志


カンファレンスでの情報共有と多職種連携
株式会社メディケアソリューション 代表取締役
理学療法士/日本コーチ協会認定メディカルコーチ
鯨岡栄一郎


 

新連載

たかが頭痛! されど頭痛!
高齢者の慢性頭痛を予防するケアの具体策

札幌 いそべ頭痛・もの忘れクリニック 院長
磯部千明


 

連載

色のチカラで施設の環境を改善!
カラーセラピーのすすめ 第3回(最終回)

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会(UNICA) 理事長
南 涼子


いつもと何かが違う!
高齢者の観察ポイントと急変時の対応 第26回

阪和住吉総合病院 副院長
美濃良夫


サービス向上! 事故・クレーム防止!場面別に学ぶ
介護記録の書き方とポイント 第3回(最終回)

株式会社M&Y そよかぜ釧路 専務取締役
酒井賢一


介護職員に必要な法制度情報 第3回(最終回)
大妻女子大学 人間関係学部 人間福祉学科 助教
古市孝義


施設利用者と家族の肖像
ケアコーディネーター戦記 第10回

社会福祉法人信和会 特別養護老人ホームおきなの杜
ケアコーディネーター/看護師
小村一左美


 

 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671