ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 重症集中ケア> 8・9月号目次


 

 8・9月号 目次

特集

ケースカンファレンス
事例徹底検討
〜内省的に振り返る(リフレクション)


ケースカンファレンスの意義

ケースカンファレンスの進め方
小倉記念病院 看護部 クオリティマネージメント科 科長
立野淳子


ケースカンファレンスとリフレクション
国立循環器病研究センター 看護部兼医療情報部
副看護師長/集中ケア認定看護師
政岡祐輝


ケースカンファレンスと学び(1)
度重なる致死的イベントと輻輳しない治療により複雑化した
問題に対する小規模複数回のカンファレンスの効果を考える

杏林大学医学部付属病院 中央病棟ICU 集中ケア認定看護師
濱野 繁


ケースカンファレンスと学び(2)
普段の仕事の中で,気負わずに
ちょこっとやってみる,これこそが大事

杏林大学医学部付属病院 SICU/SHCU所属
急性・重症患者看護専門看護師/師長補佐
荒井知子


ケースカンファレンスと学び(3)
患者の意思を尊重したいと願う看護師の揺れる思いを
結束するためのカンファレンス

関西医科大学附属病院 高度救命救急センター 看護師長
安藤有子


ケースカンファレンスと学び(4)
困難な意思決定の結果を誰か一人に負わせないように,
問題を共有しよりよいケアを検討する

東邦大学医療センター大森病院 看護管理室
急性・重症患者看護専門看護師
山田 亨


ケースカンファレンスと学び(5)
下腿切断の可否を迫られた患者と家族への
意思決定支援のかかわりを振り返る

東京女子医科大学大学院 博士後期課程
老年看護学/エンドオブライフケア学
急性・重症患者看護専門看護師
山崎千草


ケースカンファレンスと学び(6)
救急外来で診断された疾患以外にも
重症な疾患を有していたケースのカンファレンス

滋賀県立総合病院 HCU病棟 集中ケア認定看護師
森口真吾


ケースカンファレンスと学び(7)
入院が長期化している難治性心不全患者の
今後の治療方針について

公立陶生病院 集中治療室 看護副主任
生駒周作


ケースカンファレンスと学び(8)
他領域認定看護師との協働による
スタッフの内省的実践に向けた仕掛け

地方独立行政法人 りんくう総合医療センター
看護局教育責任者 急性期ケア推進室室長
川島孝太


ケースカンファレンスと学び(9)
「集中治療の末の死」を意味あるものに

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)大阪病院
集中治療室 看護師長
中村明美


ケースカンファレンスと学び(10)
「患者・家族の思い」と「医療者の考える最善の医療提供」に
乖離があったケースの倫理カンファレンス

倉敷中央病院 集中医療センター
急性・重症患者看護専門看護師
北別府孝輔


ケースカンファレンスと学び(11)
患者と家族の意思決定促進とQOLの充実を目的とした
ケースカンファレンスの実際

東京都立多摩総合医療センター 救命救急センター 副看護師長
葛西妙子


 

連載

重症患者への看護
珍プレー・好プレー 【第3回】

那覇市立病院 集中治療室 主任
普天間 誠


 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671