ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 臨床助産ケア スキルの強化 >
今後の特集予定

特集ラインナップ

2018年
7・8月号
 

遷延分娩へのアプローチ

 ●どこまで待つ? ドクターコールの見極めとタイミング
   香川大学医学部附属病院
   総合周産期母子医療センター 准教授 金西賢治

 ●妊婦の冷え症と微弱陣痛・遷延分娩との関係
   横浜市立大学 医学部 看護学科/母性看護学 教授 中村幸代

 ●【事例】微弱陣痛と回旋異常になった産婦への対応
   川崎医科大学附属病院 産婦人科病棟 助産師 天川慧美

 ●【事例】長時間の分娩における産婦の心身ケアと状況に応じた判断
   春日井市民病院 産婦人科病棟 看護師長/助産師 中橋香那子

 ●【事例】分娩第2期遷延を助産師の知識と技術で医療介入を回避
   市立砺波総合病院 産婦人科病棟 看護師長 斉藤尚子 ほか

 ●【事例】異常に傾く前に対処し正常分娩につなげる
  アセスメント・対応法

   JCHO 大和郡山病院 産婦人科病棟 副看護師長
   アドバンス助産師 西畑康代


新生児の管理と異常の見極め 

 ●新生児の生理的特徴の理解

 ●新生児の血液ガスデータの判読とアセスメント

 ●何かおかしい? を見逃さない! 異常を見抜くポイント
   大津赤十字病院 新生児科 部長 中村健治

特別企画

 ●リンパ浮腫の基礎知識と妊産婦へのアセスメントとケア
  ケアのポイント編
   リムズ徳島クリニック 院長
   日本医療リンパドレナージ協会 理事長 小川佳宏

 赤ちゃんのスキンケア
   福岡県立大学大学院 看護学研究科 助産学領域 准教授 古田祐子

 助産師外来における体重管理と栄養指導の実際
   浜松医療センター 周産期センター 副看護長 高柳昌子 ほか

※2018年7・8月号の目次はこちら


2018年
9・10月号
 

産後ケア最前線
様々な施設の工夫や取り組み実践を詳しく紹介!


妊娠糖尿病(GDM)の管理
病態生理からケアの実際まで!

2018年
11・12月号
 

産科病棟(施設)における災害対策


2019年
1・2月号
 

精神疾患合併妊娠のケアと支援


産科スタッフの倫理的感性向上に向けた取り組み

2019年
3・4月号
 

次世代に伝えるベテランの介助技術と
妊産婦の観察ポイント


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671