ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 臨床助産ケア スキルの強化 >今後の特集予定

特集ラインナップ

2018年
5・6月号
 

助産師ならではの“いのちの授業(性教育)”

 ●「今どき」の性教育の実態と課題
   公益社団法人京都府助産師会 性教育事業 代表
   助産師あいこさんち 助産師 渡邉安衣子

 ●家庭での性教育を支援するための教材開発と社会的背景
   北海道文教大学 人間科学部 看護学科
   母性看護学領域 准教授 多賀昌江

 ●助産師と行政の連携による市の教育カリキュラム導入の実現
  〜わたしが「いのちの話」を伝え続けたい理由〜
   さら助産院 院長/助産師 直井亜紀

 ●特別支援学校でのいのちの授業
   川崎医療福祉大学大学院 保健看護学専攻 助産学コース
   教授/アドバンス助産師 杉浦絹子 

 ●幼児期からの性の健康教育
   麻の実助産所 代表/にんしんSOS東京 副代表/助産師 土屋麻由美

 ●中学生を対象とした“いのちの授業(性教育)”の進め方
   おもしろ健康教育研究所 所長
   健康脚本家(聖隷クリストファー大学) 伊藤純子 ほか

 ●保護者向けの性教育
   星槎大学大学院 教育学研究科 看護教育研究コース 院生 安藤由美子

 ●生徒が来院し,院内で行う思春期教室
   公益財団法人 聖バルナバ病院 看護部
   副看護部長/助産師 辻本八千代

 ●小学生へのいのちの授業〜助産師だからこそできる授業を目指して〜
   社会福祉法人賛育会 賛育会病院 副看護部長/助産師 島 美奈子


体重管理と栄養指導

 ●妊産婦への体重管理と栄養指導の重要性
   産科婦人科舘出張佐藤病院 院長 佐藤雄一 ほか

 ●妊産婦の健康支援の課題と求められている支援
   女子栄養大学 栄養学部 准教授/米国登録栄養士 林 芙美

 ●助産院で実践する栄養指導
   牧岡マタニティハウス 代表/助産師 牧岡晴美

特別企画

 ●シミュレーション教育を導入した新人助産師育成
   島根県立中央病院 母性病棟 主任助産師/実地指導者 杉原恭子 ほか

※2018年5・6月号の目次はこちら


2018年
7・8月号
 

遷延分娩へのアプローチ
なかなか進まないお産への対応について実践例を交え学ぶ!


新生児の管理と異常の見極め
新生児管理のベースとなる基礎知識を身につける!

特別企画

 ●赤ちゃんのスキンケア


2018年
9・10月号
 

産後ケア最前線
様々な施設の工夫や取り組み実践を詳しく紹介!


妊娠糖尿病(GDM)の管理
病態生理からケアの実際まで!

2018年
11・12月号
 

産科病棟(施設)における災害対策


2019年
1・2月号
 

精神疾患合併妊娠のケアと支援


産科スタッフの倫理的感性向上に向けた取り組み

2019年
3・4月号
 

次世代に伝えるベテランの介助技術と
妊産婦の観察ポイント


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671