ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 主任看護師 管理・教育・業務 > 今後の特集予定



特集ラインナップ
2018
5・6月号

 
“いまどき”は褒めても育たない!
多様化する“困った”新人看護師・
若手スタッフにどうかかわるか?
昨今の新人は様々なタイプの人がいて、「最近の新人は
○○だから・・・」と、ひとくくりにできなくなっています。
その上、優秀そうに見えても独り立ちできない、自己評価は高い、
協調性がない、会話が苦手、自己主張が強い、発達障害っぽいなど
悩ましいようです。主任として、チーム・部署としてどのように
職場適応支援、技術指導をするのか、現場実践例と対応スキルの
両側面から学びます。

 昨今の新人看護師の抱える悩み・特性と教育側が肝に銘じること
  〜気づきを促す,質の高い看護を体験させる,帰属意識を持たせる
   伊勢赤十字病院 研修センター 研修課長 橋本敦子

 困ったスタッフ=発達障害ではない!
  若手スタッフとスムーズなコミュニケーションを取るために
  〜メンタルモデルを共有して“ミス”を減らそう
   札幌学院大学 心理学部臨床心理学科 准教授 大宮秀淑

 新人の夜勤導入に向けた準備・指導の進め方
  〜成長し合える組織づくりを目指して
   社会福祉法人恩賜財団済生会新潟第二病院
   教育研修センター 副看護師長 中島瑞穂

 新人離職8年連続0の教育体制と主任のOJT
   水戸協同病院 ICU 主任 鈴木真里

 新人や若手の社会人基礎力を育てる主任のかかわり方
   芳珠記念病院 地域包括ケア病棟 副師長 東 由希子


主任ワーキンググループ=小集団活動の成功例
主任たちで成果を出す! いつ? 何を? どうやって?
問題解決・目標達成に向けたプロジェクト

主任ワーキンググループや主任会活動は多くの看護部で、
重要なミッションを与えられています。所属先の違う主任たちが
一つの目的・目標を達成するためには誰が何をいつどのように?
動けばよいのでしょうか?どう仕切り、進捗・目標管理をすれば
よいのでしょうか? 部署内マネジメントは違う、
プロジェクトマネジメントとしての知識とスキルを学びます。

 プロジェクトチーム基本の基本
   看護師/著述家/看護学博士 宮子あずさ

 卒後2年目教育プログラムを構築した
  主任プロジェクトチーム(SEP25)の活動
  〜教育プログラムの作成・運用における主任たちのアクション
   愛知医科大学病院 看護部 14B病棟 看護主任 百々邦剛

 副師長会で取り組む分野別ラダーの企画・作成・運用プロジェクト
   香川県立中央病院 4東病棟 副看護師長 和田佳代

 DiNQLプロジェクトチームの主任の動き方とデータの活かし方
   十和田市立中央病院 看護局 5階西病棟 主任看護師 佐々木ひとみ

 異なる施設からの8人による研究会発足と活動の実際
  〜ドラえもんから学ぶ未来の看護を担う人材育成
   Do-コーチング研究会 遠藤雅史

 主任会小集団活動による
  時間外勤務時間数削減に向けた日々リーダー・チームリーダーの育成

   IMSグループ 医療法人社団 明芳会 新戸塚病院 看護部長 岸 小春

※2018年5・6月号の目次はこちら


2018
7・8月号

 
外来〜病棟の入退院支援が変わる!
入院前・中〜退院前・後と、
常に地域・在宅を意識した看護の形

「年上スタッフ」「年下師長」
「苦手な同僚主任」との
付き合い方“お手本例”

指示・依頼・叱咤・忖度・ホウレンソウ・意識改革


2018
9・10月号

 

看護現場の超過勤務は“付き合い方”が肝心
働き方改革・多様化時代!

早く帰りたいけど業務は終わらない、やりたい看護があるのに超勤はダメ…
超勤にまつわる様々なジレンマを解決!


病棟看護の重要課題
認知症・せん妄患者のケアの質向上“大作戦”

理解・アセスメント・介入から必要度評価のための
記録、病棟での教育・意識づけまで


2018
11・12月号

 

間に“挟まれ上手”になるためのスキル

病院・看護部・師長とスタッフをすり合わせて、主任冥利を実感しよう


忙しくてもモチベーションが下がらない!
“看護”を実感・指導できる現場づくり


2019
1・2月号

 

1部署に複数の主任時代!
教育担当主任のお仕事

新人教育、研修企画、個別指導


病院・病棟経営を理解して管理者としてレベルUP!
主任のための“数字”入門

診療報酬から看護配置まで



前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671