ホーム > 専門誌 > 隔月刊誌 主任看護師 管理・教育・業務
> 今後の特集予定


 

特集ラインナップ
2019
1・2月号

 

1部署に2〜3人配置で主任の分業制時代!
教育担当主任のお仕事

全国的に主任の数が増えています。
各部署(看護単位)に主任を2〜3名配置するのが
スタンダードになってきたことが大きな理由です。
教育担当、安全担当、業務担当などありますが
本特集では「教育担当の主任」にフォーカスします。
ケア実践や管理代行をしながら病棟における
教育担当者の役割を果たすための工夫やコツなどを解説します。

 学び合い→実践→共有!「教育担当主任の学習会」
  〜2人の教育担当主任の思いと工夫が詰まった
   新人看護師教育の現場実践

   砂川市立病院 副看護部長 細海加代子 ほか

 主任の役割・立場で行う教育とは?
  OJTの進め方

   一般社団法人戸田中央医科グループ本部
   人事部(教育研修担当)
   教育研修インストラクター 箕輪由紀子

 スタッフの能力を引き出す!
  コーチングを生かしたスタッフ指導

   社会医療法人母恋 天使病院 患者サポートセンター
   患者支援室 看護主任 森山由希子

 うまくいく,うまくいかないの違いは?
  部署内の教育における
  勉強会・研修会の企画と実行

   神戸大学医学部附属病院 看護部
   スーパー教育指導者 寺本哲也

 看護係長・主任看護師がかかわる
  教育へのアプローチ:Off-JTを通して

   社会福祉法人恩賜財団
   済生会今治病院 看護係長 染山美鈴

 副看護師長(主任)が企画・運営を担う!
  専門的な看護のスキルアップを目指した
  がん看護研修の実践

   独立行政法人国立病院機構 神戸医療センター
   副看護師長/がん看護専門看護師 大橋裕久子 ほか



"看護をしている"を
実感・指導・共有できる現場づくり

日々の仕事が忙しい中で、いかに"やりがい"を
作り出すかが重要です。それはスタッフたちが
「看護をしている」という実感を持てることでは
ないでしょうか。一つひとつの業務を"看護"に
意味づけられるか? 患者との一場面に
看護の専門性を落とし込めるか?
様々なジレンマにそれって"看護"としてどうなのかと
考えられるのか? 主任がすべき・できる
"看護を感じる"風土・体制・教育の成功事例を紹介します。

 現場がポジティブな気持ちになれる風土をつくる
  〜主任ができるポジティブ・マネジメントの実践

   東京外国語大学 非常勤講師
    社会人類学博士 市瀬博基

 患者の症状が変化!!
  「患者が喜ぶよいケアをしている!」という
  実感につながるカンフォータブル・ケア
  〜忙しい中で忘れがちな"看護の当たり前"を技術として実践

   社会医療法人北海道恵愛会
   札幌南一条病院 看護科長 高橋由香

 救命救急センターでの"看護"のやりがい実感
  〜多彩なアイデアを用いた目標設定で看護の魅力を再認識!

   鳥取大学医学部附属病院
   救命救急センター 看護師長 森 輝美

 中央教育と部署内で看護を語って振り返る
  場づくりがもたらす変化

   社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス
   海老名総合病院 看護部 看護部教育担当
   看護主任 内田亜由美 ほか

 維持期の患者にADL評価表を導入し
  療養病棟スタッフの職務満足につなげるプロジェクト

   川西赤十字病院 看護師
   介護支援専門員 滝澤春香 ほか

※2019年1・2月号の目次はこちら



2019
3・4月号

 

今から準備しておこう!
主任が師長に昇進するために
必要なこと

主任時代はあまり
「師長になりたい」「昇格するには何をすべきか?」などは
意識しませんが、師長になれるかどうかは別として
「管理者」としての行動力や役割発揮のためには師長昇進を
意識する事は重要です。師長レベルに求められる能力や
果たすべき役割を提示しながら、主任業務を
ワンランクUPさせる具体策、いつ師長に昇格されても
困らない準備について解説します。


主任になった時、
変えるべき事・変えてはいけない事

主任は昇格前からすでにリーダー的役割を担っており、
まして同じ部署での昇格は「何をどう変えれば」と
悩むかもしれませんが、主任に選ばれた理由となる
「良い部分」は変えてはいけないはずです。
主任ならではの考え方と行動を、同じ場面での「非・役職者」と
比較しながら主任になったら変えるべきこと、
変えてはいけないことを提示します。ベテラン主任も
「主任としての行動」を見つめ直すことができます。


2019
5・6月号

 

"ギスギス病棟"を"ニコニコ病棟"に
変えるための段取りと仕掛け

楽しく看護をするためにコンフリクトを解消しよう

多様性(ダイバーシティ)が言われている昨今ですが、
そこにつきまとうのはコンフリクト(衝突・対立)です。
それらは職場風土を悪化させ、職場愛ややりがいはもちろん、
患者にも悪影響を及ぼしかねません。人間関係、職場風土、
チームワーク改善のために主任は何ができるのか?
多様化する現場での様々なコンフリクトを見つけ、
解消するためのスキルは何か? などについて
実践例を基に解説します。


情報発信・伝達が上手な
主任になろう!
プレゼン、語り、指導、ホウレンソウ
「あの主任さんはわかりやすい!」と言われよう

主任は「調整役」「挟まれ役」です。そして現場教育を担い、
スタッフみんなの相談役でもあります。
聞くスキルはもちろんですが、伝える、説明する、
思いを表現する等の情報発信する力が重要です。
現場での"思いの語り"、用意された場でのプレゼン、
とっさの説明やホウレンソウなど、様々な場面ごとに
必要なスキルを学びます。
伝わらなくてイライラすることがなくなり、
相手にもそう思わせないですみます!


2019
7・8月号

 

卒後3〜4年目の
スタッフの離職を食い止めよう!
主任ができる事・すべき事

卒後3〜4年間で部署の中心になって活躍するスタッフが
職場を去る理由は何でしょう?
引き止めるために主任がすべきこと・できることは
何があるのでしょうか?
本特集では、卒後3〜4年目スタッフの辞める
理由別の対策を考えます。
職場風土や人間関係はもちろんですが、
新人にばかり目が行き忘れがちな3〜4年目スタッフへの
様々な支援についても提示します。


あなたの病棟の
「看護提供方式」は機能していますか?

ケアの質、業務効率、教育のしやすさ…

病棟の機能・規模・スタッフ構成や目指す看護によって、
どのように看護を提供するか?の方法=看護方式の最善は
変わってきます。固定チーム、PNS®、セル方式、分散拠点型。
様々な方法がありますが「病棟にマッチしたやり方」であることが大切です。
代表的な看護提供方式で成果を出している部署の、
導入から軌道に乗るまでのプロセスや日々の業務展開などを解説します。


2019
9・10月号

 

"チーム・部署の看護実践"の
質・安全の保障は主任の責任!

日々の看護ケア提供に関する質を守るのは主任の役割です!
スタッフ全員のケアの妥当性、チームとしての看護提供体制、
情報共有、患者の安全安楽…。自身が看護実践誌ながらも
目を光らせたいものです。スタッフの看護計画や記録、
退院支援や患者指導、カンファレンス、環境調整や
安全面などについて「看護の質保障」を実現するために、
主任としてどのようにアプローチしていくかについて解説します。


中途採用者・社会人経験者、
産休・育休明けスタッフの
"強み"を発揮!

昨今の看護現場では、新卒ではない本来なら
中堅層に近い年齢の新人がやってきます。
さらにWLBにより、長いブランク明けのベテラン層も多いです。
新卒と違い、画一的な教育というわけにもいきません。
様々な施設における「中途採用・社会人経験」そして
ブランク明け看護師のへのかかわりについて
主任の行動を柱に解説します。経験があるからこその
"強み"を活かしつつ、その部署特有の技術や
ルールを伝えるコツがわかります。



前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671