ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護人材育成 > 今後の特集予定


特集ラインナップ

2018
12・1月号

 

接遇研修とOJTで
病院(顧客)満足度を高める方法

 接遇研修会「笑顔をプロデュース!」
  
"笑顔で明るいあいさつ総選挙"
  選抜メンバーによる研修会
   JA北海道厚生連 網走厚生病院
   サービス向上委員会 事務局
   総務課係長 小野仁一郎 ほか

 患者と接することで"気づき"を!
  自部署を離れての
  "エントランス接遇研修"と接遇ラウンド

   JA秋田厚生連 能代厚生医療センター
   看護副部長/認定看護管理者/アドバンス助産師
   接遇チームリーダー 日沼ゆかり

 職種間の垣根を越えた
  良好なコミュニケーションが実現!
  全職種が能動的に学ぶ
  ロールプレイング接遇研修と部署での意識づけ

   焼津市立総合病院 副看護部長
   認定看護管理者 古井知恵子 ほか


個別の学習ニーズに応える
e-ラーニング教育の具体策

 e-ラーニング導入の経緯と
  メリット・デメリット

   福島県立医科大学
   会津医療センター附属病院 副院長
   看護部長 松本 光 ほか

 実例に学ぶ!
  惹きつける自前学習教材作成のポイント

   秋田大学医学部附属病院
   看護部キャリア支援室 教育担当看護師
   集中ケア認定看護師 菅 広信

 ニュースレターを活用した認知症高齢者ケアの学習支援
   公立能登総合病院
   主任看護師 堂ヶ平卓紀 ほか


教員に求められる技能を見直そう!
授業力・指導・運営のポイント

 学校運営に必要な教員の能力と資質
   遠賀中間医師会立
   遠賀中央看護助産学校
   学校長 江川万千代

 実習につながる思考力を育成する授業デザイン
  
〜「情報に気づくトレーニングを行う」
   「学習の仕方を学ぶ」「技術の適用を考える」授業
   聖路加国際大学大学院
   看護学研究科 看護教育学
   助教 三浦友理子 ほか

 分娩シミュレーションによる
  主体的技術習得と教材作成のポイント

   国際医療福祉大学 福岡看護学部
   母性看護学 講師 前田和香子 ほか


特別企画

 新人看護教員の教育実践力を育成するための方法
   川崎市立看護短期大学 教授 滝島紀子

 魅力ある実習環境づくりに欠かせない!
  実習施設と教員の効果的な連携方法
  「学生指導に関する検討会」での情報交換・指導法の検討

   社会医療法人母恋 日鋼記念看護学校
   教務主任 伊藤真理 ほか

 リフレクションの要素を取り入れた!
  ポートフォリオを使った臨地実習における
  ピア・サポート(前編)

   豊穣学園金沢医療技術専門学校 看護学科
   専任教員 深田あきみ ほか

 

2018年12・1月号の目次はこちら



2019
2・3月号

 

外部講師を呼ばなくても大丈夫!
"院内"講師の育成と
飽きさせない講義・演習スキル


新年度の準備!
教育委員会の運営と
成果の上がる活動ポイント


看護技術の前にすべき
"基礎学力低下"への対応

特別企画

 看護師の"専門職としてのキャリア開発" に
  欠かせない!
  社会人基礎力の評価を標準化する
  具体策
(前編)


2019
4・5月号

 

新人〜若手スタッフが
"看護"を実感できる教育法


実践スキルの意味づけ!
院内のフィジカルアセスメント
研修の工夫


アクティブラーニングの
具体的な手順と授業への活用

特別企画

 クリティカル・シンキング
  今の自分となりたい自分との
  距離を縮める!

 研究が臨床スキルにつながる組織に!
  委員会による"看護研究支援"の
  すすめ方(前編)

 みんなで育てるを本当に成功させる!
  新人看護師教育における
  「教育担当者相談役」の配置と活躍の実際

 看護師の"専門職としてのキャリア開発"
  に欠かせない!
  社会人基礎力の評価を標準化する
  具体策
(後編)


2019
6・7月号

 

新・クリニカルラダーの
現場運用を成功させる秘訣


あらゆるケア場面で!
看護現場の"倫理教育"最前線!


学生の負担減とアセスメントの可視化!
上手な実習記録の書かせ方

特別企画

 研究が臨床スキルにつながる組織に!
  委員会による"看護研究支援"のすすめ方(後編)

 経験者採用者(中途採用者)の
  強みを伸ばし離職を食い止める
  "教育体制・職場環境"のあるべき姿!


2019
8・9月号

 

身体拘束回避を目指す
組織の作り方とスタッフ指導


知識で終わらせない!
現場実践につなげる
様々なリーダーシップ教育・研修


短時間で身につく
看護過程の教え方

 


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671