ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 エンドオブライフケア
 
商品番号【9・10月号】4070900
商品番号【11・12月号】4071100
商品番号【1・2月号】4080100

 

隔月刊誌 エンドオブライフケア





 
 18年 1-2月号

揺れる気持ちに寄り添う、意思決定を支援する
がん患者の家族への支援

がん末期の患者とその家族への意思決定をどう支援するか、また一旦決めた後の
揺れ動く家族の気持ちにどう寄り添うか、本人の意思の確認が難しい場合は
どうするのか、死の準備教育のあり方や亡くなった後のグリーフケアまで、
家族支援を考えていきます。
2号連続 特別企画
 がん看護研究45年の動向 テキストマイニングで読み解く
  〈1-2月号〉意思決定支援


 
 18年 3-4月号

非がん疾患患者のエンドオブライフケア

緩和ケアはがんに限定されたものではなく、実際に緩和ケアを必要とする
患者の3人に2人は、がん以外の疾患であるとされる。判断が難しい
非がん疾患におけるエンドオブライフケアについて、多方面から取り上げていく。

2号連続 特別企画
 がん看護研究45年の動向 テキストマイニングで読み解く
  〈3-4月号〉緩和ケア研究


 
 18年 5-6月号

なんか割り切れない気持ちが沈殿
どうする? 終末期ケアの倫理的ジレンマ

できるだけ苦しまずに枯れるように死にたい・・
その思いが叶わない原因はさまざまである。
反面「何もしなくてよい」という言葉が一人歩きする怖さもある。
家族の思いに寄り添うことが倫理的に正しいことなのかと悩ましい場合もある。
こういう時はどうしたらよいのか、特集を通じてヒントを提供する。


 
 18年 7-8月号

オンコロジックエマージェンシー
早期発見と対応力

病態に伴う救急状態、あるいは治療に伴う有害事象など、がん患者の急変には
早期発見、迅速な対応が求められる。病棟や外来はもちろん、電話対応、
緊急時訪問看護など、さまざまな場面で必要な対応力について紹介する。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 







 

★この商品の内容に関するお問い合わせは福岡デスク TEL (092)414-9311 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関するお問い合わせは、お客様センターフリーダイヤル 0120-057671

 




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671