ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 訪問介護サービス > 今後の特集予定


特集ラインナップ
2018年
7・8月号

サ責の「困った」にアプローチ
ホームヘルパーへの接し方
こんな時どうする

「やりすぎてしまう」「モチベーションが低い」
「自分よりもずっと歳上で、言うことを聞いてくれない」など、
ホームヘルパーとの関わりで「困ってしまう」場面というのが
少なからずあります。そんな「困った」にどう対応するか考えていきます。

 「利用者が喜んでくれるから」「このくらいいいでしょ?」
  介護保険制度から逸脱してしまうことまでしているホームヘルパー
   有限会社業務改善創研 代表取締役 福岡 浩

 モチベーションが低いホームヘルパーとの接し方
   株式会社グランユニライフケアサービス関西
   高齢者事業本部 運営企画部 部長代理 後藤 茂

 共感・労い・尊敬! あなたの人間力がカギ!
  年上ヘルパーとの付き合い方
   東京海上日動ベターライフサービス株式会社
   みずたま介護ステーション蒲田・
   みずたま介護ステーション自由が丘 所長 山口早由壬

 事業所のルールを守らないホームヘルパー
   ヘルパーステーション和翔苑 所長 小谷庸夫


認知症の正しい理解と
認知症を有する利用者との適切なかかわり方

認知症について正しい知識を学び、適切な関わり方を身につけることは、
コミュニケーションを円滑にするだけでなく、
質の高いケアにもつながります。

 ●認知症の人が「見ている世界」を理解する
   社会福祉法人東京聖新会 理事/東京都認知症介護指導者 尾林和子

 ●認知症の原因疾患と種類別の特徴
   市立池田病院 看護部 老人看護専門看護師
   池田市地域支援事業推進員 稲野聖子

 ●こんな時どうする?適切な言葉かけとコミュニケーション
   認知症専門ナースケアマネ 市村幸美

 ●事例で学ぶ! サービス提供時の対応
   鎌倉市社会福祉協議会 登録ホームヘルパー 中田光彦

特別企画
 利用者・家族への説明の仕方
  〜バイスティックの7原則に基づいたポイント

 訪問介護に携わる者として知っておきたい運転免許の高齢者講習

 介護保険制度「これから」の変更点
   日総研グループ編

※2018年7・8月号の目次はこちら


2018年
9・10月号

しっかり押さえたい・見直したい
介護報酬算定のポイントと
「できること」「できないこと」の判断

加算の見直しや介護保険外サービス提供の際のルール、
生活援助中心型の担い手の拡大や老計第10号の見直しなど、
「わかったつもり」から卒業するために、
押さえておきたいポイントについて解説していきます。

 今一度整理しておきたい加算・減算のポイントと、
  報酬算定にあたって気をつけたいこと
 老計第10号の見直しで何が変わったのか
  〜「身体介護」で算定できること
 生活援助従事者研修をどう考えるか
 介護保険外サービス提供にあたってのルール作成のポイント
 判断に迷うグレーゾーンの考え方


スタッフと自分自身の心と身体を守る!
体調管理とメンタルヘルス

スタッフの健康を守ることは、マネジメント側に課せられた責務です。
そのためには、自分自身も健康でありたいものです。
心も身体も健康であるために気をつけたいことはどんなことでしょうか。
「心」と「身体」を守るためのポイントについて考えていきます。

 ●事業所内で進めたいストレスマネジメントと職場環境の整備
 ●腰痛予防のポイント〜「傷めない」介護を考える
 ●ストレスとの上手な付き合い方
 ●壊れてからでは遅い!
  いち早くスタッフの「何か変」に気づくためのポイント


2018年
11・12月号

いつ来られても慌てない!
実地指導を安心して迎えよう

運営基準で押さえるべきポイントや、実地指導で何を見られるか、
そして事業所として日頃から心掛けておきたいことを解説していきます。


暴言・暴力・セクハラ…「理不尽」への対応

ハラスメントを経験した介護職員は少なくありません。
本特集では、訪問介護事業所として何ができるか、
どうしていくべきか考えていきます。


2019年
1・2月号

重度化に対応できる事業所作り!
医療職・リハ職・ケアマネとの
連携のポイント

生活機能向上連携加算の見直しや服薬情報の気づきの情報提供など、
今後ますます問われる連携について考えます。


2019年
3・4月号

年度が変わる前に見直したい
適切なホームヘルパーの人事評価制度

「不公平感の無い」「やりがいのある」「続けたくなる」
人事評価制度とは何か、本特集で考えていきます。


2019年
5・6月号

ここまでできれば合格点
サ責業務のイロハ

シフト作成、サービス担当者会議、ヘルパー教育…。
多岐に渡るサ責業務の基本を解説します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671