ホーム > 専門誌 > 隔月刊誌 臨床老年看護 > 今後の特集予定



 特集ラインナップ

2018
9・10月号

不必要な身体拘束をなくす!

身体拘束の適正化に向けた様々な取り組みを紹介します。

 身体抑制の歴史とジレンマへの対処方法
   鳥取大学 医学部 保健学科 看護学専攻 成人・老人看護学 教授 山本美輪

 身体拘束をめぐる看護師の役割
   茅ヶ崎市立病院 地域医療連携室 認知症看護認定看護師 山岸由佳

 不必要な身体拘束をしない認知症高齢者の転倒予防ケア
   群馬大学大学院 保健学研究科 助教 小山晶子

 精神病床・療養病床における不必要な身体拘束をしない取り組み
   特定医療法人共和会 共和病院 副院長/看護部長 松下直美

 身体拘束をしない施設づくりと環境調整
   ケアサプライシステムズ株式会社 シニアグランドホーム藤和の杜 施設長
   認知症看護認定看護師 森山典子


高齢者統合失調症の特徴とケア

症状・治療・ケアの要点や認知症との違い等について解説します。

 高齢者統合失調症の特徴・治療と認知症との違い
   ブレインケアクリニック 院長
   一般社団法人日本ブレインケア・認知症予防研究所 所長
   博士(医学)/精神保健指定医 今野裕之

 統合失調症を患う高齢者の摂食嚥下障害とケアのポイント
   日本赤十字九州国際看護大学 大学院 看護学研究科
   共同看護学専攻博士課程 高瀬理恵子 ほか

 下高齢統合失調症患者の看護のポイント
   福井県立病院 こころの医療センター 精神看護専門看護師 山口達也

 統合失調症を持つ人へのケア実践
   公益財団法人慈圭会 慈圭病院 看護副部長/精神看護専門看護師 岩切真砂子


死生観を養う

生きること、死ぬことについて専門家が多様な視点で解説します。

 豊富な臨床経験に基づくホスピス科医師の死生観
  〜看取りのプロセスを知り,自分にできることを見つける
   社会福祉法人聖ヨハネ会 桜町病院 在宅診療部長
   ホスピス科医師(ホスピス緩和ケア)/広島大学 医学部 客員准教授
   
はつかいち暮らしと看取りのサポーター 代表  大井裕子

 医療・福祉職の死生観を深める教育とかかわり方
   天理医療大学 助教 山本佳世子

 看護学生の死生観を育む教育の進め方
   西九州大学 看護学部 看護学科 講師 古川久美子

※2018年9・10月号の目次はこちら



2018
11・12月号

認知症に対する非薬物療法の最新事情

 認知症患者の認知機能の維持・改善に効果がある音楽療法
 
認知症高齢者へのアロマセラピー
 
認知症者への心地よい刺激を伴った非薬物療法
 
認知症の進行予防につながる作業回想法
 
認知症高齢者への動物介在療法と動物介在活動
 
非薬物療法の効果をモニタリングする


介護職への教育・指導力を高める!

 看護師に求められる介護職への教育・指導力
 
感染対策の意識が高まる介護職への教育・指導
 
介護職が理解しやすい病気と薬の知識の教え方


老年看護学の効果的な臨地実習

 老年看護学の臨地実習の効果を高める工夫
 
老年看護学の実習指導者に必要な知識と学生の学びが深まる指導方法
 
認知症高齢者の理解を深める臨地実習での指導の進め方


2019
1・2月号

重度認知症高齢者のケアとリハビリテーション

 重度認知症の特徴・治療の要点と看護・リハビリテーションへの期待
 重度認知症高齢者のケアと家族支援
 重度認知症高齢者とのコミュニケーション
 重度認知症高齢者のシーティングとポジショニング
 重度認知症高齢者の活動能力の評価と活動支援


高齢者の排尿障害とケア

 高齢者排尿障害の特徴と治療
 
高齢者の排尿障害のアセスメントと排尿ケア
 
高齢者の排尿自立に向けたケア
 
認知症高齢者の尊厳を支える排尿ケア
 
排尿ケアチームによる高齢患者の排尿ケアの実際


介護施設におけるセーフティマネジメント

 介護施設における事故予防対策
 
介護施設における感染管理
 
介護施設における相談・苦情への対応


2019
3・4月号

看取りにおける看護師の役割とケア実践

看取りケアの取り組みを実践事例を交えて紹介します。


高齢者の気分障害の正しい知識とケア

うつ病や双極性障害の特徴と治療・ケアについて解説します。


フットケアの実践力を高める!

現場でフットケアを実践するために必要な知識を提供します。


2019
5・6月号

高齢者の胃瘻とケア

胃瘻造設高齢者のケア実践に必要な知識を提供します。


認知症のある高齢がん患者のケア

本人・家族の意思決定支援やケアの実際を紹介します。


高齢者難聴の理解とケア

コミュニケーションのポイント等について解説します。


 

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 





前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671