ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 脳の看護実践> バックナンバー


●バックナンバー

2017年
8・9月号

商品番号
(5370800)

 

脳卒中急性期の重篤化予防と再発防止
〜急性期・入院中に行う脳卒中の重症化軽減のケア,
 再発防止のためのかかわり方とは

◆2017年8・9月号の目次はこちら

2017年
6・7月号

商品番号
(5370600)

 

症状・病態を解剖生理とつなげて理解する
患者の状態・障害に合わせた
高次脳機能障害ケア

◆2017年6・7月号の目次はこちら

2017年
4・5月号

商品番号
(5370400)

 

脳卒中患者の経口摂取・嚥下障害

◆2017年4・5月号の目次はこちら

2017年
2・3月号

商品番号
(5370200)

 

脳神経看護における排泄ケアの向上と支援
〜排泄メカニズムから皮膚トラブル解消まで

◆2017年2・3月号の目次はこちら

2016年
12・1月号

商品番号
(5361200)

 

くも膜下出血患者の脳血管攣縮の
“予兆の判断”と“再出血予防”

◆2016年12・1月号の目次はこちら

2016年
10・11月号

商品番号
(5361000)

 

なぜ今この症状が? 
この出血と症状の関係は? 麻痺はどうなるの?
出血部位で異なる意識レベルと神経症状の見極め方


脳梗塞 ここを見逃すな!
急性期治療中の看護のポイント

◆2016年10・11月号の目次はこちら

2016年
8・9月号

商品番号
(5360800)

 

急性脳機能障害としてのせん妄 予防と対応

◆2016年8・9月号の目次はこちら

2016年
6・7月号

商品番号
(5360600)

 

脳梗塞患者の意識レベルの判断や
浮腫・頭蓋内圧管理とモニタリング

◆2016年6・7月号の目次はこちら

2016年
4・5月号

商品番号
(5360400)

 

併存症・合併症の組み合わせで考える!
症例と看護

◆2016年4・5月号の目次はこちら

2016年
2・3月号

商品番号
(5360200)

 

高次脳機能障害患者への急性期での対応
ケアが難しいケースにどう対応する?

2016年2・3月号の目次はこちら

 

                                                                                                                                               
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671