ホーム > 情報誌 >季刊誌 脳の看護実践
 
商品番号【10月配本号】5381000
商品番号【1月配本号】5390100
商品番号【4月配本号】5390400

 

日総研 脳看護

 



 

 

 

 
 19年4月配本号

画像から読み取れる症状・疾患を看護に活かす
症状・状態と繋げて理解する脳画像の見方

●麻痺はあまりないが嚥下機能が低下している
●脳幹梗塞で麻痺はないが複視がある患者
●感覚障害は比較的軽症、しかし、運動障害が多い
●軽い意識障害
●朝起きた時の頭痛
●歩行時や車椅子に移る時にふらつきがある
●脳出血に伴う症状と状態
●麻痺と意識障害が出た原因は


 
 合併後 19年 6月以降

「心臓と脳」の密接な関係がわかる
苦手克服! 基礎講座


呼吸器・循環器・脳疾患患者の危機を回避する
災害対応


脳画像(MRI・MRA)の見方と押さえどころ


最善の選択を支えるACP
"もしバナ"で人生の最期を考える

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 



◆その他のバックナンバーはこちら



★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。  

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671