ホーム > 専門誌 > 月刊誌 ナースマネジャー > 今後の特集予定


特集ラインナップ
2018年
8月号

忙しくてもできる!
安全・倫理に配慮した
認知症・せん妄マネジメント

安全・倫理面、教育・意識づけ、日常ケア、退院支援、チーム活動・・・
質と経営を両立する現場ですべき対応

 急性期病棟における認知症・せん妄患者のマネジメントとケアのポイント
   神戸大学医学部附属病院 5階北病棟 看護師長 槌谷 綾

 認知症高齢者の転倒予防
  〜病棟移動における環境調整のケア継続の試み
   高槻赤十字病院 呼吸器内科・皮膚科病棟 看護師長 西 ひろみ ほか

 患者の尊厳を置き去りにしないケアの実践
  〜身体拘束における倫理的ジレンマへの対応
   公益社団法人群馬県医師会 群馬リハビリテーション病院 看護主任
   認知症看護認定看護師 川上博子

 認知症やせん妄状態がある患者の重症度,医療・看護必要度評価
   兵庫県立尼崎総合医療センター 副院長兼看護部長 箕浦洋子

 急性期病院における認知症ケアチーム
  〜認定看護師不在の中で取り組んだ認知症ケア
   市立千歳市民病院 看護科長 猪俣満江

 スタッフが認知症やせん妄のある患者のケアに
  意欲的に取り組めるようにするかかわり,意識づけ

   地方独立行政法人 新小山市民病院 看護師長
   認知症看護認定看護師 青木千江美

※2018年8月号の目次はこちら

 


2018年
9月号

看護管理者自身のレジリエンスを高めよう!
〜健康で働きやすい職場環境につながるマネジメントのために

 逆境に負けない自分と組織を創る!レジリエンスの身に着け方・使い方
   オフィスナースナレッジ 代表
   元・横須賀市立うわまち病院 副看護部長 江口智子

 的確な「原因分析」がレジリエンスの向上につながる
   ACTS HEALTHCARE 代表/看護師・MBA 田上しのぶ

 ストレスフルな病棟管理をしなやかに実践するためのレジリエンス
   国際親善総合病院 緩和ケア病棟看護課長 三堀いずみ

 レジリエンスの正しい活用・付き合い方を知ろう!
   東京医療保健大学 医療保健学部 看護学科 精神看護学 准教授 秋山美紀

 「スタッフのレジリエンス」を高める日々のかかわり方
   株式会社深谷レジリエンス研究所 代表取締役 深谷純子

 どう関わる?折れる人・切れる人・無自覚な人
   川崎医療福祉大学 医療福祉学部 臨床心理学科 教授 谷原弘之

特別企画
 ●病棟〜外来の協働組織変革のマネジメント!
  
組織変革における管理者のヒトモノカネ・情報マネジメント
  (前編)病棟師長編
   熊本地域医療センター 看護師長 平野民子 ほか

2018年
10月号

師長・主任の育成・評価ツールを
管理実践に活かすコツ
〜マネジメントラダー、コンピテンシー、MaIN(マイン)、
 スタッフによる管理者評価、ポートフォリオ…

特別企画

 ●病棟〜外来の協働組織変革のマネジメント!
  
組織変革における管理者のヒトモノカネ・情報マネジメント
  (後編)外来師長編
   熊本地域医療センター 看護師長 平野民子 ほか

 ●事例で学ぶ師長の病棟ラウンド○と×〜上手な師長の経験知を学ぶ
   四国大学 看護学部看護学科 教授 稲田久美子
   吉野川医療センター 看護師長 尾田由香


2018年
11月号

脱・流行! 現実にマッチした
「看護提供方式」を考える
〜病棟の人員数・特性・規模・
 スタッフの能力レベルで看護方式は変わる


2018年
12月号

公平な評価につなげる
ラダー・目標管理・人事考課の連動
〜評価者としての役割・行動

評価が給与・賞与に反映する時代に!


2019年
1月号

部署の新人! 新卒・中途採用・異動者の教育
…現場負担のない方法

新年度の病棟教育体制と方法を見直そう!


2019年
2月号

“倫理的感性”の高い
看護師集団にするアプローチ
〜ベッドサイドケア、組織の規範・モラル、
 人間関係、公平・公正、人を大切にする風土


2019年
3月号

法的根拠、ルール、基準に強い看護師長になる
〜労務管理、機能評価、診療報酬要件・解釈、
 記録等、管理者としての必須アレコレ


2019年
4月号

病棟の安全・安心感につながる!
現状把握・状況判断・問題解決力
〜何が起きている? 誰・何が要因?
 師長として何をすべき? どう意思決定する?


2019年
5月号

“困ったいまどき”は新人だけじゃない!
中堅〜ベテランの仕事観・働き方に合わせた
教育支援
〜ラダー時代だからこそ、自己成長力を高め職場貢献してもらおう


2019年
6月号

「問題行動」「違和感のある思考」
「負の存在感」スタッフへの対応

個性ですまされない! あんな人が、こんな行動が組織を蝕む


2019年
7月号

形だけのクリニカルラダーは卒業!
現場における師長の運用力
〜枠組みはできた・・・
 じゃあスタッフの能力開発・教育支援につなげるには?


2019年
8月号

“その気”にさせる巻き込み力
〜スタッフが重い腰を上げ、主体的に動きだす

今、パワフルな師長が求められている!


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671