ホーム > 情報誌 > 月刊誌 ナースマネジャー > 今後の特集予定


特集ラインナップ
2017年
10月号

目標管理・人事考課&ラダー時代に対応する!
師長のスタッフ評価力を高める

 ラダーと目標管理,人事評価の違いを理解して評価しよう!
  〜システム運用目的で変わる評価の仕方・考え方
   株式会社サフィール 代表取締役 河野秀一

 「認め合う,協力し合う」ことを意識づける目標管理を目指して
   十和田市立中央病院 看護師長 川嶋明美

 目標管理の中間・期末評価での面接・評価ポイント
   JCHO東京城東病院 総看護師長 松邑恵美子

 クリニカルラダーの評価方法
  〜「客観性・妥当性の追求」と「人事評価との融合」
   盛岡市立病院 看護部長 認定看護管理者 柳田美喜子 ほか

 評価者の評価とスタッフの自己評価が異なる場合のすり合わせ
   川崎医科大学総合医療センター 看護部長 新 美保恵

※2017年10月号の目次はこちら


2017年
11月号

現場の疲弊感を救う“看護管理”の仕掛け!

 減らそう“なんとなく残業”!
  超勤が少ない病院・部署の“案外知らない”共通点!

 患者を見守りながら看護業務を行う「出島方式」!
  看護の拠点を患者のそばに置くので、業務効率と看護の目が行き届く安心感がUP

 看護師が“患者のそばにいる”を実現する
  看護提供方式「セル看護提供方式」の導入と実践

 他職種との役割分担ですすめる看護業務の整理と超過勤務の削減

 病棟に導入したタイムアウトがもたらした様々な効果

 PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)(R)による
  病棟ナースの働きやすさ改革

ナースマネジャー新目線

夜勤帯のケアの質と働きやすさを実現する“夜勤組み合わせ”
 
ラダーに基づく「夜勤組み合わせ基準」の活用

「切れ目のない看護」を目指す看護体制の構築
 
入退院支援センターの設置、入退院支援センターと
 継続看護相談室の一元化、病棟・外来の一元化


2017年
12月号

師長さん、その組織目標は“妥当”ですか?

 看護部各種委員会の目標・活動計画・成果をどう作るか?
  〜師長が主役! 他部署メンバーと協働プロジェクトにおける目標管理

 部署の本質を捉えた目標設定には“データ=数値”が欠かせない!
  〜よくある師長の“思い込み目標”からの脱却は客観性がカギ

 病棟の現状を正しく評価し、1年後を見据えた現状分析とは?
  〜形だけのSWOT分析などから卒業し、今を把握し未来を導ける師長になる

 目標を活かすも殺すも評価次第!
  評価指標・評価基準のあり方と評価方法・次期への活かし方

 意欲的な行動・結果につながる病棟目標の作り方
  〜マンネリ、なんとなく、とりあえず…からの脱皮

ナースマネジャー新目線

ベッドサイドケアの充実と業務効率を両立!看護師はいつも患者のそばに!
 「クリニカルベース」を活用した看護提供体制


2018年
1月号

各病棟で行う教育=OJTの企画・実地・評価 


2018年
2月号

師長の概念化スキルって何だろう?
行動レベルで理解

便利に使われる概念化…ケースで理解!できる師長とできない師長


2018年
3月号

あの病棟、すごく大変なのに
なぜ人気がある? 人が辞めない?

理由は師長の“細やかマネジメント”にあり!


2018年
4月号

スタッフ一人ひとりまで理解・浸透!
情報が“伝わる”仕組みづくりと師長の技


2018年
5月号

部署の活気と目標達成に導く
チームビルディングの実践

自律した組織づくりに欠かせない師長がすべき最優先事項


2018年
6月号

あんな人が・・・こんな行動が・・・組織を蝕む

困った行動・理解に苦しむ行動が止まらない
スタッフへの“重症度別の対応”


2018年
7月号

看護師長目線での認知症対策
〜診療報酬改定後、認知症ケアの評価はどうなっている!?

安全・倫理面、教育・意識づけ、日常ケア、退院支援、チーム活動・・・
質と経営を両立する現場ですべき対応 ほか


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671