ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 病院安全教育 > 今後の特集予定

 特集ラインナップ

2018年
8・9月号
 

医療安全の組織的な推進
“モグラ叩き”的な活動から仕組みの改善へ!

 ●こんな症状が起こっていませんか?
  自病院の医療安全活動を診断してみよう
   東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子雅明
   千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科 准教授 佐野雅隆

 ●仕組み改善のベースは業務の可視化!
  〜PFC作成から内部監査の活動まで
  【病院事例】
   独立行政法人国立病院機構 埼玉病院 副院長/TQM推進室長 細田泰雄

  【解説】
   地方独立行政法人 明石市立市民病院 医療安全管理室 副室長 田中宏明

 ●個々人の力(知)を組織の力(知)へ〜文書管理による文書の活用活動
  【病院事例】
   社会医療法人同心会 古賀総合病院
   質安全保証部 TQM推進室 室長 和泉貴子 ほか

  【解説】
   地方独立行政法人 明石市立市民病院 医療安全管理室 副室長 田中宏明

 ●思いつき・単発の研修から体系的な人づくりへ!
  【病院事例】
   川口市立医療センター 診療局長/検査科部長
   医療の質・安全管理センター センター長 坂田一美

  【解説】
   早稲田大学 創造理工学部 講師 梶原千里

 ●個人への注意喚起から業務・仕組みの改善へ!
  〜POAMを用いた業務改善
  【病院事例】
   武蔵野赤十字病院 医療安全推進センター
   医療安全推進室 医療安全管理者 黒川美知代

  【解説】
   千葉工業大学 社会システム科学部 経営情報科学科 准教授 佐野雅隆

 ●仕組みの改善によって得られる効果とは?
  【解説】
   地方独立行政法人 明石市立市民病院 医療安全管理室 副室長 田中宏明
   前橋赤十字病院 医局診療秘書室 副室長 角田貢一

特別企画

 ●マインドフルネスのエビデンス
   東京医療保健大学 医療保健学部 看護学科 准教授 秋山美紀

 ●リハビリ部門からの患者安全への視点〜「しているADL」
  「できるADL」「するADL」の差に潜む危険を知ろう
   学校法人大阪滋慶学園 大阪医療福祉専門学校 教務部長
   作業療法士 岸村厚志

※2018年 8・9月号の目次はこちら


2018年
10・11月号
 

使う! 使える! TeamSTEPPS(R)

AHRQからの最新情報や各施設での取り組みなど
TeamSTEPPS
(R)の現状と可能性。

 ●マスタートレーナー対談 院内導入、それぞれの勘どころ
  ―医療安全指向とコミュニケーションUP指向
 ●摂津市のチャレンジ 地域に導入するTeamSTEPPS(R)
 ●導入5年目 コミュニケーションの強化への取り組み

特別企画

 ●どうしていますか?医療安全対策地域連携加算
  南大阪医療安全ネットワークでの取り組み
   日総研グループ編

 ●アニメを用いた医療安全研修の実際
   大阪市立大学医学部附属病院 医療安全管理部 臨床工学技師 北村孝一

 ●「専任リスクマネジャーの職務態度測定尺度」の活用提案
   宮崎大学 医学部 看護学科 基礎看護学講座 教授
   宮崎大学大学院 看護学研究科 教授 甲斐由紀子

 ●泌尿器科における転倒・転落の引き金
   医療法人社団 三樹会病院 医療安全推進者 上林千佳 ほか


Web特典動画教材シリーズ〈10-11月号からスタート〉

 ●依存・攻撃・巻き込みをかわすディフェンス接遇10カ条
   メンタルクリエイト 代表/精神保健福祉士
   社会福祉士 江口 毅

 ●リスク感性 接遇・傾聴・伝達・実行・未来
   カウンセリングルームAcceptance
   高確率コーチング・トレーナー 白石邦明


2018年
12・1月号
 

インシデント分析 私のコツ、私の職場の工夫


2019年
2・3月号
 

どう対応していますか?
職員から医療安全への質問・相談・意見


2019年
4・5月号
 

「おひとりさま医療安全」からの脱却


2019年
6・7月号
 

とんでもヒヤリハット事例集 Part2


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 



前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671