ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 消化器看護 がん・化学療法・内視鏡
 
商品番号【2・3月号】1870200
商品番号【4・5月号】1870400
商品番号【6・7月号】1870600

 

隔月刊誌 消化器看護 がん・化学療法・内視鏡






 
 6-7月号

【緊急・急変対応特集】
医師も納得! 消化器疾患患者の

異常のアセスメントと報告の仕方

血液検査データの異常や患者の症状の異変を察知するために、血液検査や症状の見方、
医師への適切な報告の仕方について紹介します。


急性症状・エマージェンシーに自信が持てる
化学療法中の急変・救急対応

化学療法によっておこる急性症状やエマージェンシーは頻繁に起こるものではないため、対応に自信がない方も多いと思います。どのような急性症状が起こるか、どのように対応したらよいかについて紹介します。


予定治療とどう違う?
緊急内視鏡で看護師がすべきこと・留意すべきこと

緊急内視鏡時の患者の状態把握や準備物品、処置別の看護・介助のポイントなどを紹介します。


 
 8-9月号

【肝疾患特集】
オペ・内視鏡・IVR治療前後の患者観察と対応

肝炎・肝硬変・肝がんの病態や治療法、選択等を踏まえた上で、肝がんに対する手術や内視鏡・IVR治療前後の看護で求められる患者観察・アセスメントや対応について紹介します。


肝がんの化学療法徹底理解

肝がんに対して行われる化学療法(HAIC、ソラフェニブ、TACE)の治療法や、使用する抗がん剤・分子標的治療薬の知識、起こりやすい副作用の対策について紹介します。

食道・胃静脈瘤に対する
内視鏡・IVRの看護・介助のコツ

肝硬変の合併症である、食道・胃静脈瘤に対する内視鏡やIVR治療を受ける患者の看護・介助のポイントを紹介します。


 
 10-11月号

【胆道・膵がん特集】
オペ・内視鏡治療前後の患者観察と対応

胆膵がんの病態や治療法の選択等を踏まえた上で、胆膵がんに対する手術や内視鏡治療前後の
看護で求められる患者観察・アセスメントや対応について紹介します。


胆膵がんの化学療法徹底理解

胆膵がんに対して行われる化学療法の治療戦略や抗がん剤・分子標的治療薬の知識、
代表的なレジメンや起こりやすい副作用の対策について紹介します。

ERCP・EUSの看護・介助のコツ

様々なERCPの手技がある中で、医師が何を行い、次に何をするのかを予測して対応できるために必要な透視画像の見方や、看護・介助のポイント、EUS−FNAなど最近増えてきている手技についても紹介します。


 
 12-1月号

【QOL特集】
がんの進行に伴う症状緩和のための治療とケア

がんの進行に伴い、骨転移が生じたり、痛みや食欲不振などの症状が出現したりします。
本特集では、症状緩和目的で行われる治療と患者へのケアについて、紹介します。


化学療法を受けている患者の
治療と日常生活の両立を支えるケア

外来通院での治療により、仕事に復帰するなどして、がんになる前と同様の生活をしながら、がん化学療法を受けている患者も増えています。しかし、有害事象等により、困難を感じている場合も少なくありません。
本特集では、患者の日常生活を支えるケアについて、アピアランスケアも含め紹介します。

内視鏡・IVRによる緩和的治療の看護・介助

内視鏡やIVRでのステント留置術など、症状緩和目的で行われる治療の看護・介助について、紹介します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 






  ※別冊等の特典は,日総研に直接年ぎめ購読をお申し込みいただいている方のみになります。
  ※特典はなくなり次第終了させていただきます。


◆その他のバックナンバーはこちら



★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。
 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671