ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 消化器看護 がん・化学療法・内視鏡
 
商品番号【2・3月号】1890200
商品番号【4・5月号】1890400
商品番号【6・7月号】1890600

 

隔月刊誌 消化器看護 がん・化学療法・内視鏡




 
 2019年 4-5月号

ドクターが使う言葉の"?"を解消!
ナースが知っておきたい
消化器内科・外科 キーワード

●消化管の解剖生理と疾患
●肝胆膵の解剖生理と疾患
●消化器疾患の検査・治療法−内視鏡
●消化器疾患の検査・治療法−IVR
●消化器疾患の治療法−手術
●消化器疾患の治療法−化学療法
●緩和ケアと意思決定支援

内視鏡室に看護あり!
先輩が伝える内視鏡看護のやりがい

●内視鏡だからこそ得られる看護のやりがい
●内視鏡看護管理者としてのやりがいと実践
●術前・術後訪問による内視鏡治療を受ける
 患者への介入とその効果〜患者・看護師が得るもの


 
 2019年 6-7月号

消化器疾患患者の
看護問題・看護計画・看護介入の根拠となる
病態・疾患・治療を理解しよう

消化器疾患による治療を受ける患者や、消化器がんの終末期の患者に対して、
どのような看護問題・看護計画が考えられるかについて、
病態や治療・心理状態等を関連図なども用いて解説します。

内視鏡のエキスパート看護師・介助者が
行っている先読みの極意

内視鏡検査・治療の看護・介助中に医師から怒られたけどその理由が分からない
といった経験や、直前に患者が検査をできない状況が分かり中止になったなどの
経験がある方も多いのではないでしょうか。本特集では、内視鏡室での経験の
豊富な看護師・介助者が、どのように先読みし、備えているかを紹介します。

 
 2019年 8-9月号

疼痛・消化器症状を緩和する
〜ケア・薬でできること

痛みや、悪心・嘔吐、倦怠感、便秘といった症状は、異常を知らせる重要なサインで
あると同時に、患者にとっては不快だったり苦痛を伴ったりし、できる限りなくなって
欲しいものです。症状が出現した際に、医師から包括的に指示を受けている薬の適切な
選択方法やケアでできることについて紹介します。

ちょっとした違いで楽になる!
内視鏡業務や介助のポイント小ネタ集

内視鏡業務は検査前の準備から終了まで多岐にわたり、また検査や治療、使用する
処置具などの種類も多く、業務が複雑で処置具が扱いにくいと感じることもあるのでは
ないでしょうか。日常何気なく行っていることの中で、少しの工夫や発想の転換により、
シンプルで便利になる方法を写真等も交えて紹介します。

 
 2019年 10-11月号

消化器疾患患者の食べることと臭いへの支援やケア


内視鏡室の働きやすい環境整備・
業務分担・業務改善を考える


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 






◆その他のバックナンバーはこちら




★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。
 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671