ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 看護部長通信
 
商品番号【10・11月号】2881000
商品番号【12・1月号】2881200
商品番号【2・3月号】2890200

 

隔月刊誌 看護部長通信









 
 12-1月号

■特集1
病院機能評価「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0
受審対策ガイド

〜現場発! 受審準備を通じた看護の質向上の取り組み方

2018年4月より、新たな病院機能評価の評価基準として、
「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」の運用が
開始されました。本特集では、旧バージョンとの違いから、
ver.2.0の特徴を踏まえた受審対策をガイドします。


■特集2
想定外の事態発生時に求められる
緊急・災害時の看護管理者の対応指針

本年だけをとっても、福井豪雪、大阪府北部地震、西日本豪雨、今夏の猛暑など、
自然災害が日常化しています。こうした緊急事態において、看護部トップである
看護部長をはじめ、看護管理者の役割の重要性が増しています。本特集では、
患者、職員の安全の確保や病院機能を滞らせないマネジメントの指針を紹介します。


 
 2019年 2-3月号

■特集1
労働力減少時代の看護師採用・確保、定着の具体策

あらゆる業種において少子高齢化による労働力不足が叫ばれる昨今、看護現場も
例外ではありません。本特集ではIOTなど、IT技術の発達への期待もあるにせよ、
最も欠かせない基本的な人員の採用・確保、定着のための具体策をお届けします。


■特集2
看護補助者への業務委譲、
連携・協働の質を確保する教育研修の工夫

診療報酬評価はもちろん、看護師不足の中、看護補助者の活躍への期待度が
高まっています。本特集では、看護師からの業務委譲、多職種連携・
協働役割を担える看護補助者のモチベーションやプロ意識の向上とケアの
質確保につながる教育の実践例を紹介します。


 
 2019年 4-5月号

■特集1
今どきの若者気質と普遍的勘所を押さえた
新人・若手看護師の教育研修・支援体制の改善

変化の激しい時代の影響に敏感な若者気質。その一方で新人であれば、いつの時代にも共通してつまずきやすい落とし穴があります。本特集では、先進事例から、効果的な教育・支援のために不可欠な、両面のポイントを押さえた新人・若手看護師の教育研修・支援体制の改善策を紹介します。


■特集2
病院経営と連動! 看護部における
目標マネジメントと見直し改善・活用法

激変する医療・看護政策動向に対応し生き残るためには、中・長期目標と共に、短期目標をこまめに評価しつつ、自院の向かうべき方向に近づけるための取り組みが欠かせません。本特集では、看護部目標、病棟目標を病院経営と連動させ、成果を上げるマネジメント、見直し改善・活用法を紹介します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください

 



※本誌2014年6-7月号で紹介した
 「病院における暴力防止啓発ポスター」の
新しいバージョンが完成しました。
ダウンロードはこちら



◆その他のバックナンバーはこちら


※2016年12・1月号は完売しました。



FAX速報!


★この商品の内容に関するお問い合わせは東京デスク
 お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671