ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 看護部長通信
 
商品番号【4・5月号】2880400
商品番号【6・7月号】2880600
商品番号【8・9月号】2880800

 

隔月刊誌 看護部長通信







   ※別冊等の特典は,日総研に直接年ぎめ購読をお申し込みいただいている方のみになります。
  ※特典はなくなり次第終了させていただきます。



 
 6-7月号

■特集1
WLBの充実から個人対応まで対応コストを最小化し効果を高める!
スタッフのメンタルトラブルを起こさない
予防策と早期対応法

改正労働基準法、診療報酬改定などを受け、労働環境も変化が求められています。
メンタル問題を起こさない予防策としての環境整備と問題をこじらせない早期介入で、
対応コストを最小化し効果を高める取り組み法を紹介します。


■特集2
診療報酬・介護報酬同時改定対応と
さらなる先を見据えた
地域包括ケアシステム構築・運用の指針

病院機能の明確化と、在宅への移行強化のインセンティブにより、贅肉のない、
抜本的なシステム構築と運営が病院組織生き残りの大きなポイントになっています。
そうした変化に乗り遅れず、さらに先を見越した体制作りの先進例を取り上げます。


 
 8-9月号

■特集1
〈PNS研究会監修〉 2018年 第5回PNS研究会 最新トレンド!
新看護方式PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)
(R)
組織改革への活用

2018年3月で第5回を迎えたPNS研究会。現在では全国に広く浸透し、
各現場で熟成されつつある一方、成果を急ぐと本来のPNSから
遠ざかるケースにも陥りかねません。本特集では、PNS開発施設である
福井大学医学部附属病院の最新取り組みや全国の先進活動から、
仕組みの基礎をしっかり押さえた上で、そのメリットを最大限に引き出す
工夫と組織改革へつなげる方策をお届けします。


■特集2
変革期に生き残るための看護部長の右腕!
「副看護部長」「まとめ役の師長」への
役割委譲・連携・支援の秘訣

看護部長の皆さんは日夜、生き残りをかけて成果を上げるべく
奮闘しておられることでしょう。その実現には、右腕とも言える、
副看護部長やまとめ役的な師長との連携・協力が欠かせません。
各部署で実行・成果につながる連携・支援の工夫をご紹介します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください

 



※本誌2014年6-7月号で紹介した
 「病院における暴力防止啓発ポスター」の
新しいバージョンが完成しました。
ダウンロードはこちら



◆その他のバックナンバーはこちら


※2016年4・5月号は完売しました。



FAX速報!


★この商品の内容に関するお問い合わせは東京デスク
 お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671