ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護部長通信 > 今後の特集予定

特集ラインナップ

2017
12・1月号

  ■特集1
成長・定着の成否を左右する
新人・若手看護師の
教育研修・支援体制見直しのコツ

多忙な臨床現場で、新人・若手看護師が順調に成長し、定着する病院と、
そうでない病院では、集合研修、各部署でのOJT、指導で何が違うのでしょうか。
本特集では、成功施設から、成長と定着のコツを紹介します。

 新人看護師のやる気を引き出し,離職率0%を目指す育成の工夫
  「スケジュールパス」「学び・気づきシート」
  「マンダラシート」を活用した循環型教育

   平塚市民病院 副看護部長(教育担当) 成田小百合

 「離職率ピークの4年目」対策はこうする!
  定着率向上を左右する「2年目」「3年目」看護師教育,かかわり法
   関西国際大学 保健医療学部 看護学科
   慢性看護学領域 講師 岩下真由美 ほか

 2年目看護師支援プロジェクトの実際
  〜新人看護師教育からの継続性を含めて
   IMS(イムス)グループ 医療法人社団 明芳会
   横浜新都市脳神経外科病院 看護部長 豊島栄美子 ほか

 新人看護師メンタル研修における看護副師長会の取り組み
   JA秋田厚生連 能代厚生医療センター
   看護部長/認定看護管理者 森屋浩子 ほか


■特集2
成功の鍵を握る看護の果たす役割・指針
チーム医療,多職種連携・協働実現の方策
「チーム」医療というまでもなく、本来医療はチームでなければ行えないもの。
そうわかってはいても、職種間、施設間の隔たりは大きく、患者にとって
最適な体制で臨むことは容易ではありません。本特集では、看護師の立場で行える
多職種への働きかけなどマネジメントを中心にチーム医療、多職種連携・協働の
運営法を紹介します。

 新たな機能を発揮し,目指す目的達成につながる!
  チーム医療,多職種連携・協働運営の仕方

   看護学博士・教育学修士/東京医療保健大学・大学院 教授 中島美津子

 脱“衝突・すれ違い”
  多職種連携・協働のキーパーソン!医師と上手に連携・交渉できる
  コミュニケーション技術の「さ・し・す・せ・そ」

   一般社団法人 ハッピーネット 代表理事
   前・名古屋大学大学院医学系研究科
   基礎・臨床看護学講座 教授 堀 容子 ほか

 中小規模病院だからこそできる!
  地域に必要とされるチーム医療・多職種協働の取り組み
   医療法人社団医凰会 並木病院 看護部長/認定看護管理者 高野紀子

 成果を生み出すチームを創る!チームコーチングのスキル
   三重大学医学部附属病院 総合診療科 助教/医局長 田口智博

2017年12・1月号の目次はこちら


2018
2・3月号

  ■特集1
人員不足を脱却し、求める人材を確保!
激変期を生き抜く看護師採用・確保、
定着の戦略的アプローチ

超高齢社会と人口減少時代の到来、それに伴う働き方改革など、看護師採用や
労働環境を取り巻く変化の激しい現在、これまでと同様の方法では、
求める人材の質・量ともに確保が困難になっています。
本特集では、そうした時代において、自院の求める採用・確保、定着を
可能にするアプローチを先進施設の例から紹介します。

 定着率を高める組織改革と健全な職場づくり!  
  スクラップ&ビルドによる人材の新陳代謝マネジメント
   社会医療法人財団 石心会 川崎幸病院
   副院長・看護部長/認定看護管理者 佐藤久美子

 一人ひとりが働きやすいと思う職場づくりへの取り組み
  
組織への愛着、子育て支援、働きやすい職場の構造
   川崎市立川崎病院 副看護部長 柳井田恭子 ほか

 人材流出を防ぎ、働き続ける魅力ある組織作りを実現する!
  経営視点に立った看護師のリテンション・マネジメント実践入門
   順天堂大学 スポーツ健康科学部 スポーツマネジメント学科
   博士(スポーツ健康科学)/准教授(経営組織学) 水野基樹

 人材採用力を高めたユースエール認定と
  看護師が働きやすい職場の実際

   医療法人彩清会 清水病院 理事長代理 清水大貴

 中途採用の看護職員の定着促進に向けた支援の実践
   医療法人松尾会 松尾病院 看護部長 鈴木 順


■特集2
モチベーションを高め、組織の活性化を促す!
人事、昇進・昇格の仕組みづくりと運用手順
組織活性化のためには、優秀な人材の登用や、昇給、適材適所による人材の活用など、
人事戦略は看護部長の皆さんの持つ大きな権限であり、その成否は皆さんの選択に
ゆだねられています。本特集では、現場の納得と、本人のモチベーションアップ
による組織活性化を促す人事、昇進・昇格の仕組みづくりと運用手順を紹介します。

 自ら時代を切り拓ける管理者を! 
  看護部人事評価システムの構築、見直し・改革指針と具体法
   日本病院人事開発研究所 代表幹事 経済学博士 齋藤清一

 「人材」の質が医療の質の決め手!
  人的資源管理としての人事評価制度(キャリアパス)運用と
  看護管理者の昇進昇格実践

   公益財団法人筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院
   副院長・法人看護部門長 山下美智子

 生産性とモチベーションを上げる看護部人事戦略の実際
   ホスピタルマネジメント研究所 代表 谷田一久


2018
4・5月号

  総力特集 厳選!
■特集1

平成30年度
診療・介護報酬同時改定のインパクトと
看護部ができる攻めの対応策

来る2025年に向け、「地域包括ケアシステムの加速」「増加の一途をたどる
高齢者対策」「医療需要の増加と供給の減少」「機能分化促進」など、
病院経営の舵取りの大きな節目となる平成30年度診療・介護報酬同時改定。
本特集では、病院種別に管理者必読の要点を厳選した解説と、生き残っていくために、
取り組むべき加算対応策を先進病院事例も交え紹介します。


■特集2
中途採用者(既卒者)が輝き活躍できる
教育・かかわり支援と体制づくり
やり甲斐UPの具体策と実践のコツ!
人口減少と高齢化は、今や相乗的に多くの業種にとって喫緊の課題ですが、
看護も例外でなく、一部地域を除いてケア負担増加の一方で、マンパワー不足が
深刻です。本特集では、職歴も応募目的も新卒に比べてより個別性の高い
中途採用者(既卒者)がやる気をもって働き続けられる教育や、かかわり、
支援体制づくりの工夫を紹介します。
 

2018
6・7月号

  ■特集1
WLBの充実から個人対応まで対応
コストを最小化し効果を高める!

スタッフのメンタルトラブルを
起こさない予防策と早期対応法

改正労働基準法、診療報酬改定などを受け、労働環境も変化が求められています。
メンタル問題を起こさない予防策としての環境整備と問題をこじらせない早期介入で、
対応コストを最小化し効果を高める取り組み法を紹介します。


■特集2
診療報酬・介護報酬同時改定対応と
さらなる先を見据えた
地域包括ケアシステム構築・運用の指針
病院機能の明確化と、在宅への移行強化のインセンティブにより、贅肉のない、
抜本的なシステム構築と運営が病院組織生き残りの大きなポイントになっています。
そうした変化に乗り遅れず、さらに先を見越した体制作りの先進例を取り上げます。
 

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671