ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護部長通信 > 今後の特集予定

特集ラインナップ

2018
6・7月号

  ■特集1
平成30年度診療・介護報酬同時改定対応と
さらなる先を見据えて

地域包括ケアシステム構築・運用の指針

病院機能の明確化と、在宅への移行強化のインセンティブにより、贅肉のない、
抜本的なシステム構築と運営が病院組織生き残りの大きなポイントに
なっています。そうした変化に乗り遅れず、さらに先を見越した体制作りの
先進例を取り上げます。

 地域密着型急性期中小規模病院のアクション!
  地域包括ケアシステム構築における看護部運営
   医療法人社団仁成会 高木病院 看護部長/認定看護管理者 山崎あゆ子

 地域包括ケア推進!
  超急性期基幹病院としての立ち位置・あり方の模索

  〜看護部長就任初年度の変革・実践
   旭川赤十字病院 副院長兼看護部長/認定看護管理者 平岡康子

 急性期病院から地域へ
  地域包括ケアシステム推進における看護管理者のマネジメント
   社会医療法人社団新都市医療研究会〔関越〕会
   関越病院 看護部長/認定看護管理者 長田佳予子

 地域包括ケア病棟における在宅支援の取り組みと課題
   富士宮市立病院 透析室 副主任 渡邉ま美 ほか

 PFM導入・改善による地域連携強化への取り組み
   太田綜合病院附属太田西ノ内病院
   看護管理科長/PFM室 室長 安藤富美子


■特集2
WLBの充実から個人対応まで
対応コストは最小限に! 効果は最大限に!

スタッフのメンタルトラブルの
予防策と早期対応法
改正労働基準法、診療報酬改定などを受け、労働環境も変化が求められています。
メンタル問題を起こさない予防策としての環境整備と問題をこじらせない
早期介入で、対応コストを最小化し効果を高める取り組み法を紹介します。

 これまでのWLBとここが違う!
  働き方改革時代のWLB推進とスタッフのメンタルヘルスの具体策
  〜業務量は変わらず,その辻褄合わせは「自己責任」にしない仕組みづくり
   看護学博士・教育学修士/東京医療保健大学・大学院 教授 中島美津子

 新入職員が入職初期に陥りがちな人間関係のつまずき予防と対応ポイント
   東京山手メディカルセンター 看護部 副看護師長/精神看護専門看護師
   平井元子

 魅力ある精神科病院の職場環境づくりと入職者確保のヒント
  〜新入看護職者と看護管理者の認識の違いから
   医療法人社団三愛会 三船病院 看護部長 片岡睦子 ほか

 「働き方改革」とメンタルヘルス問題
   株式会社iプロデュース 代表取締役/臨床心理士 石垣秀之

2018年6・7月号の目次はこちら


2018
8・9月号

  ■特集1
〈PNS研究会監修〉 2018年 第5回PNS研究会 最新トレンド!
新看護方式PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)
(R)
組織改革への活用

2018年3月で第5回を迎えたPNS研究会。現在では全国に広く浸透し、
各現場で熟成されつつある一方、成果を急ぐと本来のPNSから
遠ざかるケースにも陥りかねません。本特集では、PNS開発施設である
福井大学医学部附属病院の最新取り組みや全国の先進活動から、
仕組みの基礎をしっかり押さえた上で、そのメリットを最大限に引き出す
工夫と組織改革へつなげる方策をお届けします。

 2018年PNS研究会最新事情&「PNS推進と組織改革」

 PNS成功のカギ! 師長が行う「無言」の仕掛け“アフォーダンス”実践法
  〜スタッフの「やる気スイッチ」の押し方とマネジメントのコツ

 やる気を削がずにPNSを好転させる監査実践のコツ

 当たり前のようでなかなか難しい!
  1日のPNSの流れを滞らせない業務マネジメントの工夫

 ボトムアップアプローチによる劇的ビフォー&アフター!
  2度のPNS外部監査受審による組織変革の取り組み


■特集2
変革期に生き残るための看護部長の右腕!
「副看護部長」「まとめ役の師長」への
役割委譲・連携・支援の秘訣
看護部長の皆さんは日夜、生き残りをかけて成果を上げるべく
奮闘しておられることでしょう。その実現には、右腕とも言える、
副看護部長やまとめ役的な師長との連携・協力が欠かせません。
各部署で実行・成果につながる連携・支援の工夫をご紹介します。

 少数の師長から複数の副看護部長まで看護部規模別の
  業務委譲・連携の工夫!
〜看護部ナンバー2の育て方教えます

 看護管理におけるシステミックコーチング導入の実際と効果

 中小規模病院の副看護部長の管理能力の課題と研修成果

 エンパワーして自信を持たせ
  チャレンジする力を引き出す看護部長のかかわり

 ビジョンを示し情報を共有して支え合う風土をつくって行う支援の実際


2018
10・11月号

  ■特集1
改定から半年!自院にマッチした
データ収集、実績作りによる経営ポイント

平成30年度診療・介護報酬同時改定から半年。今まで以上に、先々を見据え、
地域での役割、自院の指針を明確にした経営が求められるようになりました。
本特集では、無理なく確実にねらった加算取得はもちろん、自院の向かうべき
方向性につながる経営のポイントを先進施設事例から紹介します。


■特集2
師長の疲弊予防と高成果のバランスの取れる
管理者教育・研修の工夫
経営戦略を実行し、期待した成果を上げる現場のマネジャーである師長の
役割はますます重要になっています。本特集では、アクセルとブレーキの
バランスという観点から、疲弊を予防し、かつパフォーマンスを高める
管理者の教育・研修の工夫を取り上げます。
 

2018
12・1月号

  ■特集1
病院機能評価「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0
受審対策ガイド

〜現場発! 受審準備を通じた看護の質向上の取り組み方

2018年4月より、新たな病院機能評価の評価基準として、
「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」の運用が開始されました。
本特集では、旧バージョンとの違いから、ver.2.0の特徴を踏まえた
受審対策をガイドします。


■特集2
成果の上がる!
新人教育研修の見直しと指導の勘所
〜予定通り研修は行った。
 しかし効果は得られなかった・・にならないために

次年度に向けた研修プログラムの見直しや工夫に取り組まれるこの時期、
今年度を振り返り、やるべきメニューはこなしたのに思ったような成果が
上がらないといった声も少なくありません。本特集では、徒労に終わらず、
目標達成につながる新人教育研修、指導の勘所を先進事例からご紹介します。
 

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671