ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護部長通信 > 今後の特集予定
 

特集ラインナップ

2019
2・3月号

  ■特集1
労働力減少時代の看護師採用・確保,
定着の具体策

あらゆる業種において少子高齢化による労働力不足が叫ばれる昨今、
看護現場も例外ではありません。本特集ではIOTなど、IT技術の発達への
期待もあるにせよ、最も欠かせない基本的な人員の採用・確保、
定着のための具体策をお届けします。

 これからの決め手!「地産地消」による看護師確保・定着実践法 
 
来期新卒看護師採用の準備は万全ですか?
  人材確保氷河期を生き抜く採用活動の要点整理!
 中途採用者支援プログラムの評価と支援の実際
 社会人経験を持つ新卒看護師の職場適応を支援する
  看護管理者のかかわり方
 看護部長が考えるべき採用・確保・定着のポイント


■特集2
採用から業務の質保証まで
看護補助者への業務委譲・役割分担の工夫による
生産性向上と教育研修整備

診療報酬評価はもちろん、看護師不足の中、看護補助者の
活躍への期待度が高まっています。本特集では、看護師からの業務委譲、
多職種連携・協働役割を担える看護補助者のモチベーションや
プロ意識の向上とケアの質確保につながる教育の実践例を紹介します。

 介護施設からの転職希望も!
  看護補助者として働く介護福祉士の
  モチベーションアップ・定着のカギとなる専門性発揮への支援策

 「看護補助者業務評価表」の作成,活用で安全・安心の業務提供!
  看護補助者がチームの一員として働く体制づくり!
 介護職自ら「教育」「業務マネジメント」を担う体制づくり
  〜委譲から移譲へ
 急性期病院における看護補助者の人財育成の取り組み
  〜主任会と「ナースエイドの会」の両輪で

2019年2・3月号の目次はこちら


2019
4・5月号

  ■特集1
今どきの若者気質と普遍的勘所を押さえた
新人・若手看護師の教育研修・支援体制の改善

変化の激しい時代の影響に敏感な若者気質。その一方で新人であれば、
いつの時代にも共通してつまずきやすい落とし穴があります。
本特集では、先進事例から、効果的な教育・支援のために不可欠な、
両面のポイントを押さえた新人・若手看護師の
教育研修・支援体制の改善策を紹介します。


■特集2
病院経営と連動! 看護部における
目標マネジメントと見直し改善・活用法

激変する医療・看護政策動向に対応し生き残るためには、
中・長期目標と共に、短期目標をこまめに評価しつつ、
自院の向かうべき方向に近づけるための取り組みが欠かせません。
本特集では、看護部目標、病棟目標を病院経営と連動させ、
成果を上げるマネジメント、見直し改善・活用法を紹介します。

 

2019
6・7月号

  ■特集1
多様性を受け入れ、活用できる!
柔軟性のある職場・労働環境改革の実践法

かつてない長寿、人口減少によるインパクトへの対応策として、
ITなどの様々なシステム改善、効率化が図られつつあります。
年齢や個性に囚われず、効率的に仕事をし、かつ、
満足の得られる環境整備の実践法を紹介します。


■特集2
メンタル不調&対応に苦慮する
スタッフ支援・関わり方の具体策

業務の煩雑・多忙化は、現場のイラつき、緊張感、
メンタル不調を引き起こします。
また、発達障害など管理者の頭を悩ませる職員の存在は、
チームのコミュニケーションを乱します。くじけず柔軟に対応できる
支援・関わり方の具体策を紹介します。


2019
8・9月号

  ■特集1
第6回 PNS研究会最新動向!
新看護方式PNS
(パートナーシップ・ナーシング・システム)®
による新人看護師の自立の効果

離職率低下や超過勤務の削減効果などが注目されるPNSですが、
ペアによる業務で経験の差を補い、
看護の伝承を効率的に行えることが大きなメリットであったと聞きます。
本特集では、PNS最新動向と新人教育に焦点を当てた取り組みを紹介します。


■特集2
地域包括ケアシステム
病院ー在宅間のシームレスな連携の工夫

中核病院、中小病院、訪問看護ステーションなど、
病院から在宅まで多様な組織や人材が包括的に継ぎ目なく患者ケアを行う
地域包括ケアシステムの重要性はますます増しています。
多施設間の人材交流も含め、
システムの更なる進化に向けた取り組みを紹介します。


2019
10・11月号

  ■特集1
看護部長にとって最大のキーマン!
変化に対応できる「師長」の戦力と
モチベーションを高める教育支援

■特集2
中堅看護師の
「中だるみ」&「燃え尽き」予防・解消のための
キャリア開発と環境整備

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671