ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護部長通信 > 今後の特集予定

特集ラインナップ

2018
10・11月号

  ■特集1
改定から半年!自院にマッチした
データ収集,実績づくりによる経営ポイント

平成30年度診療・介護報酬同時改定から半年。今まで以上に、先々を見据え、
地域での役割、自院の指針を明確にした経営が求められるようになりました。
本特集では、無理なく確実にねらった加算取得はもちろん、自院の向かうべき
方向性につながる経営のポイントを先進施設事例から紹介します。

 2020年改定のその先を行く「価値」残るための経営の羅針盤
   
看護学博士・教育学修士/東京医療保健大学・大学院 教授
   厚生労働省医療労働に関する研究委員/看護職の採用と定着を考える会 理事
   中島美津子

 重症度,医療・看護必要度に対応した記録・監査法と看護管理者の役割
   聖マリアンナ医科大学東横病院 副院長/看護部長 倉岡圭子

 改定半年の取り組みデータからアドバイス!
  重症度,医療・看護必要度への
  病院・看護部・病棟マネジメント講座パート2

   金沢脳神経外科病院 事務部 経営企画課 課長 川腰晃弘

 入院前・中・退院後の抜けや切れ目のない患者サポートを実現する
  地域包括ケアシステム運営とマネジメントのコツ
   公益財団法人 筑波メディカルセンター 在宅ケア事業部長
   認定看護管理者/ケアマネジャー 下村千里

 ●高齢者・認知症ケアチーム
  経営と質の両立に向けたチャレンジ
   社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 高齢者・認知症ケアチーム リーダー
   看護部 看護部長室 老人看護専門看護師  高橋香代子


■特集2
師長の疲弊予防と高成果のバランスの取れる
管理者教育・研修の工夫
経営戦略を実行し、期待した成果を上げる現場のマネジャーである師長の
役割はますます重要になっています。本特集では、アクセルとブレーキの
バランスという観点から、疲弊を予防し、かつパフォーマンスを高める
管理者の教育・研修の工夫を取り上げます。

 マネジメントラダー導入による次世代の看護管理者の人材育成
   香川大学医学部附属病院 看護部 看護管理室副看護部長(教育担当)
   認定看護管理者 冨山清江

 ビジョンを示し,情報を共有して支え合う風土をつくって行う支援の実際
   いわき市立総合磐城共立病院 患者サポートセンター準備室室長 鈴木のり子

 マネジメントラダーによる看護管理者教育
  〜看護師長・副師長のデータに対する意識を高めるための取り組み
   地方独立行政法人 三重県立総合医療センター 看護部 副部長 江川伸子 ほか

 あなたの看護部の師長は幸せですか
  「あなたの幸せが私の幸せ」に立脚した幸福の連鎖を生む管理者教育の実践
   株式会社あなたの幸せが私の幸せ 社長/社会福祉法人知心会 理事長
   一般社団法人介護フラ協会 代表理事/テンダー福祉学院 学院長 栗原志功

2018年10・11月号の目次はこちら



2018
12・1月号

  ■特集1
病院機能評価「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0
受審対策ガイド
〜現場発! 受審準備を通じた看護の質向上の取り組み方

2018年4月より、新たな病院機能評価の評価基準として、
「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」の運用が開始されました。
本特集では、旧バージョンとの違いから、ver.2.0の特徴を踏まえた
受審対策をガイドします。

 病院機能評価「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」の特徴と
  受審対策キーポイント
 模擬サーベイによる受審シミュレーション〈専門部署編〉〈病棟編〉
 要チェック!「説明と同意」「倫理」に関する対応
 マニュアル作成とそれに基づいた実践と結果,
  評価までつなげる取り組み法〈安全管理編〉〈感染管理編〉
 病棟整備,マニュアル・各種書類整備,記録一元化,
  
ケアプロセス症例選出のマネジメント


■特集2
想定外の事態発生時に求められる
緊急・災害時の看護管理者の対応指針

本年だけをとっても、福井豪雪、大阪府北部地震、西日本豪雨、今夏の猛暑など、
自然災害が日常化しています。こうした緊急事態において、
看護部トップである看護部長をはじめ、看護管理者の役割の重要性が増しています。
本特集では、患者、職員の安全の確保や病院機能を滞らせない
マネジメントの指針を紹介します。

 緊急時&災害時に病院機能を滞らせない!
 
 BCP(業務継続計画)とガイドラインの作成・アップデート法
 大規模な災害や事故に的確に対応するための看護部長の心得
 7年前を振り返って考えるあの時できたこと,できなかったこと
 民間病院だからこそできる災害支援病院としての取り組みの実際
 災害ワーキングループを中心とした災害看護の取り組み


2019
2・3月号

  ■特集1
労働力減少時代の
看護師採用・確保、定着の具体策

あらゆる業種において少子高齢化による労働力不足が叫ばれる昨今、
看護現場も例外ではありません。本特集ではIOTなど、IT技術の発達への
期待もあるにせよ、最も欠かせない基本的な人員の採用・確保、
定着のための具体策をお届けします。


■特集2
看護補助者への業務委譲、
連携・協働の質を確保する教育研修の工夫

診療報酬評価はもちろん、看護師不足の中、看護補助者の
活躍への期待度が高まっています。本特集では、看護師からの業務委譲、
多職種連携・協働役割を担える看護補助者のモチベーションや
プロ意識の向上とケアの質確保につながる教育の実践例を紹介します。
 

2019
4・5月号

  ■特集1
今どきの若者気質と普遍的勘所を押さえた
新人・若手看護師の教育研修・支援体制の改善

変化の激しい時代の影響に敏感な若者気質。その一方で新人であれば、
いつの時代にも共通してつまずきやすい落とし穴があります。
本特集では、先進事例から、効果的な教育・支援のために不可欠な、
両面のポイントを押さえた新人・若手看護師の
教育研修・支援体制の改善策を紹介します。


■特集2
病院経営と連動! 看護部における
目標マネジメントと見直し改善・活用法

激変する医療・看護政策動向に対応し生き残るためには、
中・長期目標と共に、短期目標をこまめに評価しつつ、
自院の向かうべき方向に近づけるための取り組みが欠かせません。
本特集では、看護部目標、病棟目標を病院経営と連動させ、
成果を上げるマネジメント、見直し改善・活用法を紹介します。

 

2019
6・7月号

  ■特集1
多様性を受け入れる働きやすい職場変革と
スタッフのメンタル支援策

■特集2
地域包括ケアシステム 病院
〜在宅間のシームレスな連携の工夫

 

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671