ホーム > 専門誌 >隔月刊誌 看護部長通信 


 8-9月号
商品番号 2880800
特集1 
〈PNS研究会監修〉 2018年第5回PNS研究会最新トレンド!
新看護方式PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)(R)
組織改革への活用

2018年3月で第5回を迎えたPNS研究会。現在では全国に広く浸透し、各現場で熟成されつつある一方、
成果を急ぐと本来のPNSから遠ざかるケースにも陥りかねません。
本特集では、PNS開発施設である福井大学医学部附属病院の最新取り組みや全国の先進活動から、
仕組みの基礎をしっかり押さえた上で、そのメリットを最大限に引き出す工夫と
組織改革へつなげる方策をお届けします。


特集2
変革期に生き残る看護部長の右腕!
「副看護部長」ほか,「副」役割発揮を最大化する
委譲・連携・支援の秘訣

看護部のかじ取り役として看護部長の皆さんは日夜、生き残りをかけて成果を上げるべく
奮闘しておられることでしょう。その実現には、右腕とも言える、副看護部長や
まとめ役的な師長との連携・協力が欠かせません。
本特集では、各部署で実行・成果につながる連携・支援の工夫をご紹介します。

※2018年8・9月号の目次はこちら


 10-11月号
商品番号 2881000

改定から半年!自院にマッチした
データ収集、実績作りによる経営ポイント

平成30年度診療・介護報酬同時改定から半年。今まで以上に、先々を見据え、地域での役割、
自院の指針を明確にした経営が求められるようになりました。本特集では、無理なく確実に
ねらった加算取得はもちろん、自院の向かうべき方向性につながる経営のポイントを
先進施設事例から紹介します。


師長の疲弊予防と高成果のバランスが取れる
管理者教育・研修の工夫

経営戦略を実行し、期待した成果を上げる現場のマネジャーである師長の役割は
ますます重要になっています。本特集では、アクセルとブレーキのバランスという観点から、
疲弊を予防し、かつパフォーマンスを高める管理者の教育・研修の工夫を取り上げます。



 12-1月号
商品番号 2881200

病院機能評価「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」
受審対策ガイド
〜現場発! 受審準備を通じた看護の質向上の取り組み方

2018年4月より、新たな病院機能評価の評価基準として、
「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」の運用が開始されました。
本特集では、旧バージョンとの違いから、ver.2.0の特徴を踏まえた受審対策をガイドします。


成果の上がる! 新人教育研修の見直しと指導の勘所
〜予定通り研修は行った。しかし効果は得られなかった・・にならないために

次年度に向けた研修プログラムの見直しや工夫に取り組まれるこの時期、今年度を振り返り、
やるべきメニューはこなしたのに思ったような成果が上がらないといった声も少なくありません。
本特集では、徒労に終わらず、目標達成につながる新人教育研修、指導の勘所を先進事例からご紹介します。



※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。


   読者の声

 ・ホームページを毎週更新しています。
  2018年同時改定に対応した実務対策の特集や連載記事に惹かれました。
 
 ・看護部長用専門雑誌が欲しかったのです。
  看護部長の指針になればありがたいと思い、購読しています。

 ・いま注目の話題が満載でした。興味関心のあるテーマと執筆者が魅力的でした。

 ・看護部長目線の情報が載っているのが気に入っています。

 ・大病院だけでなく、中小規模の病院の事例も載っているので参考になっています。

 ・マネジメントに関する特集が多くあり、
  医療情勢に合ったタイムリーな内容で重宝しています。

 ・いま現場で必要な情報に対応しているので、助かります。日々の業務に役立てています。

 ・管理職として必要な情報や最新のトピックスが掲載されているので、参考になります。








 この商品の購読者はこんな商品も見ています
 
 
 
 
B5判 2色刷 240頁
定価3,500円+税
B5判 2色刷 232頁
定価3,300円+税

B5判 168頁
定価2,778円+税

 B5判 192頁
定価 3,300円+税
             
 関連専門誌
 看護管理と師長業務の学習誌!  地域包括ケアを多職種で実現!  
 現場事例から記録の改善・見直しを!



 

 

 

★この商品の内容に関するお問い合わせは東京デスク お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせはお客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671