ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 手術看護エキスパート
 
商品番号【3・4月号】3990300
商品番号【5・6月号】3990500
商品番号【7・8月号】3990700

 

隔月刊誌 手術看護エキスパート




 
 2019年 5-6月号

手術室新人研修の具体的
取り組み内容と実際

独り立ちの基準、ステップの踏みかた、手術につく回数、
配属前の集合教育の内容など各施設で取り組まれている
手術室新人研修の取り組みについて紹介します。

●群馬県済生会前橋病院
●堺市立総合医療センター
●済生会宇都宮病院
●東京医科歯科大学医学部附属病院
●社会医療法人平成記念病院
●大阪府済生会千里病院
●埼玉県立呼吸器・循環器病センター
●独立行政法人国立病院機構長崎医療センター
●市立札幌病院
●川崎市立川崎病院
●川崎医科大学附属病院

特集増補記事

 手術室新人に対するコミュニケーションのとり方のヒント
 手術室新人に対するケースレポートの書き方のヒント

 


 
 2019年 7-8月号

手術室看護師にはもっとこうしてほしい!
他職種の視点から知る
周術期看護の連携強化・
立ち回り術向上

手術室看護師は他職種と関わることが多いと思いますが
他職種から手術室看護師はどう見られているのでしょうか?
病棟・外来看護師や執刀医、麻酔科医などの役割・業務を知り、
その視点から手術室看護師にもっとこうしてほしいこと、
対応ポイント等を紹介します。 周術期での看護や連携、
立ち回り方などの質向上につなげられます。


 
 2019年 9-10月号以降

今改めて問う
「手術室に『看護』はあるのか?」

手術室の熟練看護師が経験した心に残る症例を
ナラティブの形式に載せてお送りします。


手術室看護師も知っておきたい
画像検査の読み方

手術看護においても検査画像から得られる情報はたくさんあります。
画像読影の基本と手術室で必要となるポイントに絞った解説で
周術期看護に活かすアセスメントを学び、よりよい看護を実践しましょう。


手術看護をレベルアップさせる
アセスメントと具体的な記録例

手術看護記録がうまく書けないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?
その原因の多くは「アセスメントができていない」ことに起因しています。
アセスメントのポイントと具体的な記録の記載例を通して、
手術看護に必要なアセスメント力を高めることで日常の看護実践の質も高まる
のと同時に、記録様式を問わず上手な記録を書くこともできるようになります。


新任管理者として押さえておきたい
手術室管理スキル

手術枠のコントロール、他部署との連絡・調整、人員配置・人材確保・育成、
コスト管理、業務・労務管理、労働環境の調整


中堅レベルまでに習得したい
手術看護の技術・視点・根拠

3〜5年目までに押さえておきたい手術看護スキルと
習得方法について紹介。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。



★この商品の内容に関するお問い合わせは名古屋デスク
 お急ぎの場合は、TEL(052)569-5628におかけください。
 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671