ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 手術看護エキスパート > 今後の特集予定

特集ラインナップ

2018
5-6月号

 
手術室の臨床場面で、さまざまな倫理的な疑問を感じる場面に遭遇しませんか?
そんな時、どんな視点をもつべきか対応・解決策がわかります。
新人の手術看護教育や倫理カンファレンスなどにも使えます。

それって適切な処置?
事例・Q&Aで学ぶ手術室における
看護・業務の根拠と倫理

Q手袋・手術台・器械台などの清潔・不潔の判断はどうしたら?
 ●手袋はいつ交換したらよい?
 ●医師の手袋が破れたときはどうする?
 ●ドレープ・器械台・リネンはどこからが不潔? ほか
   千葉大学大学院 看護学研究科 先端実践看護学
   高度実践看護学教育研究分野 看護病態学 博士後期課程
   千葉大学医学部附属病院 手術看護認定看護師 亀田典宏

Q器械展開・手術器械の取り扱いでのこんな場合,どうする?
 ●腸の手術で、不潔操作を行ったままの手袋で
  清潔な器械を触っていることがあるけど…
 ●腸管吻合を行った持針器を吻合終了後も続けて使用しているけど大丈夫?
 ●落ちかけた電気メスや吸引器を医師はそのまま使用しているけど大丈夫?
 ●腹腔内操作時の器械類の清潔、不潔はどう判断したらよい?
 ●貸し出し器械(整形外科)の取り扱いはどうしたらよい? ほか
   NTT東日本関東病院 手術部 看護師 小林 萌
   富山県済生会高岡病院 手術室 看護副師長 石田静恵

Q滅菌・消毒でのこんな場合、どうする?
 ●不潔部位に使用した器械のイソジン消毒って意味あるの?
 ●滅菌終了前の器械を出さなければならないときがあるけど、それって大丈夫?
 ●滅菌物の期限の設定を各病院で決めればよいとなっているが、
  その保証をどう明確にしたらよいの? ほか
   東京大学医学部附属病院 材料管理部 滅菌管理士
   日本ステリ株式会社 大川博史 ほか

Qディスポーザブル製品について、感染とコストはどう考えるべき?
   大阪市立総合医療センター 手術センター 手術看護認定看護師 豊島康仁

Q手術室看護師の役割、業務基準等っていったい何?
 ●MEや看護補助者と比べて、どこまでが看護師の業務なの?
 ●術中イメージの操作は看護師が行うことなの?
 ●機器の始業点検は何をどこまですべき? ほか
   東京大学医学部附属病院 A棟10階南病棟 看護師長
   手術看護認定看護師 徳山 薫

Qニュートラルゾーンでのこんな場合、どうする?
 ●ニュートラルゾーンをすべての術式で設置するには
  どうしたらいいでしょうか?
 ●ニュートラルゾーンでの受け渡し時に針刺しがあった場合は
  どうしたらよいのか?
   鳥取大学医学部附属病院 手術部 副看護師長 松原真紀 ほか

Q医師や患者・家族、スタッフとのコミュニケーションでの
 こんな場合、どうする?

 ●医師が看護師に不潔だと注意することでも、
  医師がするとスルーされてしまうけど、どうすべき?
 ●口頭指示があったとき、どう対処したらよい?
 ●手術同意に関して、患者と家族とで相違がある場合にどう対処すべき?
   東京逓信病院 中央手術室 副看護師長/手術看護認定看護師 岡崎大輔

【特別企画】新任のリーダーや管理者にも役立つ

初心管理者・リーダー・新人指導者のための
手術看護管理・業務実践のコツ

 ●師長としてどのように効率的な管理を行う?
   独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 看護師長
   手術看護認定看護師 中村露子

 ●プリセプターとしてどう新人と接したらいい?
   鹿児島市医師会病院 手術室 手術看護認定看護師 前田龍弥

 ●リーダー看護師としてどうリーダシップを発揮する?
   兵庫医科大学病院 手術看護認定看護師 河野幸一

 ●主任・副師長としての不安を克服して業務遂行!
   大阪医科大学附属病院 看護部 中央手術室 看護師主任
   手術看護認定看護師 灘本 武

 ●事例を通して管理者としての視点を育む!
   兵庫医科大学 医療人育成研修センター 認定看護師教育課程 専任教員
   手術看護認定看護師 山口 円

 ●初心管理者・リーダーに必要な会話術・
  コミュニケーションのスキルを伝授!

   カウンセリングルーム Acceptance 心理カウンセラー
   高確率コーチング・トレーナー 白石邦明


患者の「周術期サポート」における
「外来カウンセリング」の取り組み(後編)

  石川県済生会金沢病院 手術看護認定看護師 北川カズ美

※2018年5・6月号の目次はこちら



2018
7-8月号

 

器械出しスキルアップ!
これだけは押さえたい手技+
周囲と違いをみせる看護

「外科の器械出しで押さえておきたい知識・手技」(解剖生理の知識、
術式の流れ・場面にそった基本的手技)と「周囲と違いをみせる器械出しのコツ」
(手術の進行を把握した行動、術野情報からのアセスメント、
医師とのコミュニケーションなど)を術式ごとに一緒に学習できます。


2018
9-10月号

  運用・活用はどうしてますか?
手術室のクリニカルパス、クリニカルラダー

2018
11-12月号
以降

 

非常時の患者・手術室の安全保障!
手術室の災害・安全対策

安全が絶対の手術室で、予期しない災害から患者・医療者の生命・安全を
守るために、看護師・医療者としてどう行動したらよいか、
どう組織的な仕組みを作っていくか、災害看護の知識と災害時の対応を学習します。


手術室看護師も知っておきたい
画像検査の読み方

手術看護においても検査画像から得られる情報はたくさんあります。
画像読影の基本と手術室で必要となるポイントに絞った解説で
周術期看護に活かすアセスメントを学び、よりよい看護を実践しましょう。


手術室看護師の術前外来の取り組み

これから術前外来を導入する施設、術前外来を導入して試行錯誤している施設など、
同じような背景の施設の事例や先進的に実践してい施設の取り組みなど、
その運営・改善の参考にしていただける情報をお届けします。


術式別に細かく学ぶ感染対策・対策方法

消化器外科、心臓血管外科、脳外科、整形外科など各手術・術式ごとの
感染対策の知識と工夫を紹介します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 






前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671