ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 達人ケアマネ > 今後の特集予定


特集ラインナップ
2018年
4・5月号

 

介護・医療・福祉のトリプル改定!
介護保険制度改正で変わるコト・とるべき対応

 居宅介護支援領域で変わること・ケアマネが取るべき対応
   一般社団法人神奈川県介護支援専門員協会 副理事長
   社会福祉法人藤の会 法人本部長 松川竜也

 リハビリテーション領域の動向とケアマネジメントへの影響
   一般社団法人訪問リハビリテーション推進会 代表理事
   大阪市城東区地域リハビリテーション事業者連絡会 顧問
   訪問看護ステーションmusubi アドバイザー
   株式会社夕陽紅 顧問/理学療法士 川北友之

 2018年度介護報酬改定
  通所介護・訪問介護で変わること,ケアマネジャーが取るべき対応

   ケアプランセンターさくら 介護支援専門員
   佛教大学 社会福祉学部 非常勤講師
   大阪社会保障推進協議会 介護保険対策委員長 日下部雅喜

 注目の“共生型サービス”導入で変わること・ケアマネが取るべき対応
   株式会社RETICE DEO/保健師
   精神科認定看護師/相談支援専門員 東 美奈子

 2018年度診療報酬改定でケアマネが注目すべき点と対応・実務
   介護福祉ジャーナリスト 田中 元

2018年4・5月号の目次はこちら



2018年
6・7月号

 

管理者・主任ケアマネ必読!
ケアマネジャーへの指導の
仕方・同行研修・事例検討の進め方!

 2018年改定及び新カリキュラムから見る主任ケアマネの役割を"フカヨミ"
 ケアマネジャーへの指導で身につけておきたい“教えるスキルの基本”
 多様なキャリアに応じた指導のポイント
 実習の受け入れの心構え・ケアマネジメントの技術指導のポイント
 主任ケアマネが行う事例検討会の上手な進め方・実践での留意点


2018年
8・9月号

 

なぜそのサービスが必要? 課題設定の根拠は?
再点検! アセスメントの基本と
根拠あるサービスへのつなげ方

新運営基準導入により“ケアプラン”は他職種の眼に触れる機会が増えます。
課題やサービスを導き出した根拠を示す事が重要です。
その元となるのが“アセスメント”です。ここでは、アセスメントの基本と
根拠あるサービスへのつなげ方について紹介します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671