ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 達人ケアマネ > 今後の特集予定


特集ラインナップ
2017年
4・5月号

 

業務効率化・省力化を実現!“ デキル”ケアマネはここが違う!
業務マネジメント(仕事)の進め方・工夫の仕方

 多忙を極めるケアマネジャー。書類の作成、サービス事業者との連絡調整、会議運営に係る準備など利用者と直接関わらない仕事に多くの時間を費やしています。利用者の自立支援をマネジメントすることがケアマネジャーの仕事ですが、本特集では、自分自身の仕事をしっかりと“マネジメント”するための進め方・工夫について紹介します。

 居宅介護支援の“基本”を確認し仕事の無駄を洗い出す!
   社会福祉法人芳春会 地域包括支援センター 管理者
   地域密着介護老人福祉施設 ビオラ和泉 施設長 村山尚紀

 “見通し”が仕事に差を生む!
  
急な入院でも対応できる仕事の進め方
   京都ケアマネジメント塾 塾長 吉良厚子

 少しの工夫で実現する業務の効率化
   まぶち介護・社会福祉士事務所 管理者 馬淵晃浩

 仕事の質を高める!
  チーム間のコミュニケーションと情報共有化のコツ

   居宅介護支援事業者 愛の園 管理者 崎山賢士

 “ソフト・アプリの活用”“業務の可視化”で「時間を生み出す仕事術」
  〜タイムマネジメントに必要なICT技術

   あおいとりケアサービス有限会社 居宅介護支援事業所
   主任介護支援専門員 関本崇詞

 私の業務効率化・省力化の一工夫
   きちっと居宅介護支援事業所 主任介護支援専門員 佐藤文恵

2017年4・5月号の目次はこちら



2017年
6・7月号

 

いつ? どんな支援が必要か? 医療との連携がポイント!
難病・看取りのケースに
ケアマネジャーがすべき事

 ALS・パーキンソン病などの難病のケースは、緩やかな経過をたどるため、長期的な支援が必要です。一方ターミナルのケースにおいては、限られた時間の中で質の高い支援が求められます。いずれのケースにおいても経過に応じた支援が必要になります。本特集では経過に応じた支援のポイントについて解説します。

 難病・看取りケースに関連する各種制度の知識
 難病・看取りの利用者の支援事例から学ぶ!先を見据えたケアマネジメント実践
  [事例1]ALSの利用者の支援事例
  [事例2]パーキンソン病の利用者の支援事例
  [事例3]がん末期の看取り期にある利用者の支援事例
 ケアマネジャーも知っておきたい! 家族ケア・グリーフケア


2017年
8・9月号

 

介護保険サービスだけじゃない! 社会資源を上手に活用!
他法・他制度を活用した支援と
関係職種との連携ポイント

 要介護認定がおり、通所介護や訪問介護サービスを入れてうまく進むケースばかりではありません。他法他制度をうまく活用しながらマネジメントすることもケアマネジャーの役割です。本特集では、社会資源を上手に活用した事例を紹介しながら、関係機関職種との連携の取り方について説明します。

[事例で学ぶ 他法・他制度を活用した支援と関係職種との連携ポイント]
 経済的支援が必要な事例
 虐待対応への事例
 地域トラブルを抱える事例
 障がい福祉サービスから介護保険サービスに移行する事例
 混合介護の可能性と今から準備すべきこと


2017年
10・11月号

 

【完全保存版ケアプラン点検・実地指導も安心して対応できる!
いまさら聞けない居宅サービス計画
作成のルールと正しい記載内容

 実地指導”と“ケアプラン点検”の違い
 もう一度おさらい。居宅サービス計画作成のルール
 
ケアプラン点検で指摘されやすい項目と記述内容について
 誌上ケアプラン点検! 居宅サービス計画書ビフォーアフター


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671