ホーム > 情報誌 > 隔月刊 地域連携 入退院と在宅支援 > 7・8月号目次


 

 7・8月号 目次

特集1

患者・家族の本音を引き出し,
望ましい選択を援助する面接技術


退院支援は誰に何を支援しているのか
〜生活の視点から考える

大分大学 福祉健康科学部 学部長/教授
衣笠一茂


生活の視点で考える退院を困難にさせる要因とは
国立病院機構 別府医療センター 地域医療連携室
医療ソーシャルワーカー
井上祥明


患者や家族の想いを引き出すさまざまな面接技術
国立病院機構 大分医療センター 地域医療連携室
医療ソーシャルワーカー
岡江晃児


患者にとって望ましい選択,納得のいく選択とは
国立病院機構 別府医療センター 地域医療連携室
医療ソーシャルワーカー
本田夕夏


 

特集2

多職種の「専門力」を最大限に発揮できる
退院調整会議の進め方


患者・家族に安心感を持ってもらえる
退院支援会議に向けた取り組み

公益社団法人地域医療振興協会 公立黒川病院
医療社会事業課 課長補佐/医療ソーシャルワーカー
赤間弘治


医療的ケアが必要な患児の在宅生活を支援する
千葉県こども病院 こども・家族支援センター 総括(副看護局長)
山岸聡子 ほか


広域連携・地域連携を充実させる
ICTの活用による退院前調整会議の実際

新見地域在宅医療支援システム研究会
松本信一


チームで取り組む顔が見える関係から地域医療を目指して
患者が安心・安全に在宅療養を継続するための
退院前カンファレンスの実践

社会医療法人杏嶺会 一宮西病院 看護部長
長崎功美 ほか


病棟のリンクナースと進める
在宅支援につなげるための退院調整会議

社会医療法人社団正志会 花と森の東京病院 看護部長
市橋富子 ほか


住み慣れた地域で生ききるための退院調整会議
一般社団法人福岡県社会保険医療協会 社会保険稲築病院
医療相談室 課長/ソーシャルワーカー
井上久美子 ほか


在宅での生活を意識した退院調整会議の実践
倉敷医療生活協同組合 総合病院 水島協同病院
地域連携・患者サポートセンター 入退院支援室 看護師長
市川美和 ほか


在宅調整会議をはじめとする
小規模多機能病院としての取り組み

気仙沼市立本吉病院 副看護師長
畠山久美子


 

連載

Dr.武藤の連携トピックス〈第40回〉
国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営学専攻 教授
武藤正樹


連携室・外来・PFM・病棟・認定・訪問看護師などから見た視点
看看連携で進める入退院支援〈第3回〉

一般社団法人 田園調布医師会 在宅医療連携調整窓口
井岡幸子


生活に戻すための医療〜医療を生活資源に〈第2回〉
四国医療産業研究所 所長/日本医師会総合政策研究機構 客員研究員
櫃本真聿


地域包括ケアシステム時代の
連携部門・在宅チームのための
マネジメントの基礎知識〈第5回〉

東京医療経営総合研究所 代表
山田康夫


当事者のホンネ!
多職種連携と地域包括ケア〈第3回〉

武久明雄


連携先駆者と考えるこれからの地域連携
全国連携実務者ネットワークだより〈第2回〉

社会福祉法人恩賜財団済生会 済生会新潟第二病院
地域連携福祉センター 副センター長
斎川克之


 

特別企画

相談支援包括化推進員としての病院担当者の動きと
地域の包括的支援体制に果たす病院の役割

医療法人静光園 白川病院 医療連携室長/介護グループ長
(大牟田市保健福祉部 保健福祉総務課 地域福祉推進室 よろず相談員)
猿渡進平 ほか


 

 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671