ホーム > 専門誌 >隔月刊 地域連携 入退院と在宅支援
 
商品番号【7・8月号】4180700
商品番号【9・10月号】4180900
商品番号【11・12月号】4181100

 

隔月刊 地域連携 入退院と在宅支援




 
 9-10月号
「出向く医療」〜地域に踏み出した病院の医療連携
地域包括ケアシステムの一翼を担う存在となるため、病院も積極的に地域に出向いて
様々な活動を展開していくことが求められます。退院後訪問としての
患者宅へのアプローチ、遺族へのグリーフケア、地域住民対象のナイトセミナー開催、
介護事業所等への教育など各地における地域に「出向く」事例を紹介します。

入院時・入院前の情報収集力を強化する
〜よりよい退院のための準備

今回の診療報酬改定では、従来の退院支援加算が「入退院支援加算」となり、
「入院時支援加算」も新設されました。こうした一連の動きからは、入院前、
入院時の対応の重要性が浮かび上がってきます。よりよい退院につなげるための
入院前、入院時の情報収集について考えます。


 
 11-12月号
院内の風通しをよくする内部連携&
多職種協働の進め方
診療報酬・介護報酬同時改定で病院の外との連携がより一層求められ、
実際に進んでいる状況がある一方で、足元の院内連携については
なお課題があるという声も少なくありません。地域との連携のためにも
院内の部署間・職種間の連携をさらに進める必要があります。
各病院における内部連携を進めるための取り組みについて紹介します。

患者の望む療養生活支援を実現!
入退院支援担当者の在宅研修

患者が退院後スムーズに在宅復帰し、自らが願う適切な療養生活を送るには、
病院の入退院支援担当者が在宅の知識を身につけ訪問看護や在宅診療補助などの
実体験を積むことが必要不可欠です。本特集では、入退院支援担当者の
院内教育の中でも、特に在宅研修に力を入れている施設を取り上げます。


 
 2019年 1-2月号
認知症のある患者の
入退院支援・退院調整・退院後の在宅療養支援
認知症のある方が急性期病院に入院するケースが増えており、
その状況は今後さらに増えることが予想されます。
本特集では、こうした場合の入院支援のあり方、退院調整のあり方、
退院後の在宅療養支援など、一連の流れのなかで適切な対応を考えます。

これからの地域連携における事務職
〜「ならでは」「だからこそ」の役割を考える

入退院支援の充実が図られる中で、看護師、MSWが果たす役割が
クローズアップされていますが、同様に連携部門を支える職種である事務職については、
必ずしもその役割が明確でないという声を聞くことがあります。一方、事務職ならでは、
事務職だからこその強みを活かして、地域連携をより深化させている病院もあります。
本特集では、そうした事例を紹介しながら、今後地域連携において
事務職が果たすべき役割について考えます。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。



◆その他のバックナンバーはこちら



A4変型判 112頁 2色刷 年6回(奇数月の末日)発行 。一部分売はありません。
○メール・FAX速報(月1〜2回)・臨増号(年1回)・情報誌(年6回)

◆1部購読の場合 年間購読料35,914円(税込)(入会金3,000円+購読料32,914円(共に税込))
 ※日総研会員の方は入会金3,000円(税込)は不要です。
◆2部購読の場合 年間購読料41,142円(税込) (入会金0円+購読料32,914円+8,228円)
◆3部購読の場合 年間購読料49,370円(税込)(入会金0円+購読料32,914円+8,228円×2)

※セット購読とは、同じものを複数部数購読するということです。





 

★この商品の内容に関するお問い合わせは東京事務所
 お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 

※予算措置などの公費ご購読にも対応しております。
 お客様センターにご相談ください。




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671