ホーム > 専門誌 > 隔月刊 地域連携 入退院と在宅支援
> 今後の特集予定
特集ラインナップ

2019年
3-4
月号

 
「入退院支援センター」設置による
早期支援体制の構築
 ●入退院支援センターの取り組みと今後の課題
  〜入院支援と退院支援各々の業務内容と改善

   高知県立幡多けんみん病院 入退院支援センター
   病棟専任退院支援看護師 森本紀子

 ●入退院センター設置の効果と多職種連携に関する取り組み
   東北大学病院 地域医療連携センター
   看護師長 山内悦子

 ●入退院センター利用者の声から見える課題と展望
  〜患者,キーパーソン,医師,看護師アンケートからの検証

   地方独立行政法人 栃木県立がんセンター 外来1
   看護師 主任 池澤 恵 ほか

 ●手術患者の退院後の生活の不安解消のための
  入退院センターの役割
  〜入院前面談結果を生かしたアドバイスブック作成

   独立行政法人国立病院機構 高崎総合医療センター
   入退院センター 専従看護師 鈴木広美 ほか

 ●入院サポートセンター新規開設における
  組織運営およびその効果

   栃木県済生会宇都宮病院 事務部地域連携課
   チーフ 菊地悠一郎 ほか


地域をつないで患者に寄り添う
看看連携の現在
 ●看看連携の体制を構築する際に重要な手順・ポイント
   慶應義塾大学 看護医療学部 教授 永田智子

 ●患者に寄り添う看護の実践のために行う看看連携の取り組み
   茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター
   看護局長/がん看護専門看護師
   角田直枝

 ●患者が住み慣れた地域で自分らしく
  暮らし続けられるための院内看看連携への取り込み

   公立福生病院 患者支援センター
   入退院管理室 主任 北浦利恵子

 ●在宅緩和ケアを中心とした
  地域全体で取り組む看看連携の実際

   医療法人新松田会 在宅ケアセンターあたご
   統括所長 安岡しずか

 ●在宅療養を支える視点で看護職同士が
  ネットワークを広げるための取り組み
  〜「やまがた在宅ケアかんごねっと」の挑戦

   やまがた在宅ケアかんごねっと 会長
   山形大学大学院 医学系研究科
   看護学専攻 准教授 大竹まり子 ほか

※2019年3・4月号の目次はこちら



2019年
5-6
月号

 
前方連携部門と後方連携部門の
情報共有と協働
●連携業務と相談業務を一元的に行うための工夫
●地域連携部門と退院調整部門が共に連携する体制づくり
●患者・相談者をワンストップでつなぐための情報共有の具体策
●患者相談窓口のワンストップ化による患者支援のための取り組み
●医療ソーシャルワーカーと連携して行う在宅療養支援と退院支援


在宅療養を意識した病棟看護師の育成
●在宅療養の視点を持つ病棟看護師を増やすために
●地域に目を向ける病棟看護師を育成する教育体制づくり
●訪問看護の経験を通して病棟看護師の視点を広げる
●相互交流事業を通じた病棟看護師の意識改革
●在宅療養の実際を学ぶ介護事業所見学実習

2019年
7-8
月号

 
地域包括ケア時代の多職種チーム医療連携
地域包括ケアを実現するには、多職種によるチーム医療連携が
必要不可欠です。本特集では、病院と薬局・薬剤師による病薬連携や、
栄養士との栄養連携、また理学療法士や作業療法士とのリハビリ連携など、
多職種がチームでかかわる医療連携の取り組みを紹介します。


障害福祉サービスとの連携強化策
5年前に施行された障害者総合支援法により、障害者の範囲に
難病等が追加され、また障害者に対する支援の拡充などの
改正が行われました。ここで定められている「自立支援医療」以外にも、
病院が地域の障害福祉サービスと連携して、障害者の日常生活や
社会生活を支援するためにできること、やるべきことがあります。
現場における障害福祉サービスとの連携に基づいた支援の具体策を考えます。

2019年
9-10
月号

 
予定入院患者への退院支援に向けた
スクリーニングの実際
退院支援のスクリーニングの時期については、できるだけ早期に
実施することが求められています。外来で入院が決定した時点から
という場合、どのように進めたらよいでしょうか。
その実際を特集します。


ソーシャルインクルージョン
〜地域共生社会と病院の役割
国は2035年の保健医療システムの構築に向けて、
「地域包括ケアシステムの深化」と「地域共生社会の実現」を
謳っています。その実現のために「我が事・丸ごとの地域づくり」が
打ち出されていますが、それは取りも直さず
「ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)」の理念と重なります。
その一翼を担うべき病院の役割について考えます。

2019年
11-12
月号

 
地域包括ケア時代の
回復期・慢性期の入退院支援

在宅療養支援における
訪問看護師の役割と医療機関との連携

※ラインナップは変更になる場合がございます。ご了承ください。



 

 


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671