ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 13658-23】【仙台 13658-24】【大阪 13658-25】【広島 13658-26】
 ICU、CCU、一般病棟、ER編
 画像の見方のキホンを学び、
 異常と緊急性を見極められるアセスメント力を!

指導講師

 
 
中山一夫
 医療法人社団誠馨会 新東京病院
 
放射線科 副技師長/診療放射線技師

 1992年に新東京病院放射線科に入職。現在は同病院 心臓血管センターにて活躍中。主にインターベンション領域における画像診断、画像解析などをテーマに、CVIT、CCT、JSNETなどの学会にてシンポジスト、コメンテータとして活動。多職種の目線に立った分かりやすい解説が好評。
開催日程
東京地区
2018年7月5日(木)10:00〜16:00 平日開催
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

仙台地区
2018年7月26日(木)10:00〜16:00 平日開催
会 場
ショーケー本館ビル
お申込はこちら

大阪地区
2018年9月13日(木)10:00〜16:00 平日開催
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

広島地区
2018年11月10日(土)10:00〜16:00
会 場
広島YMCA
お申込はこちら
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数17人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 急性期病棟、集中治療室、救命病棟などの高度な患者観察力が必要とされる医療スタッフにとって、急変前後のアセスメントをする際に画像読影ス
キルは大きな武器となります。また、患者の病態を忠実に表現するX線画像の理解は、医師の次の一手を先読みすることにもつながります。本セミナーでは、胸腹部X線、胸腹部・骨盤腔CT画像、その他さまざまな画像診断の見方について、正常像からクリティカルケースまで多数提示します。画像診断に対する苦手意識を克服し、 患者の“痛み”に気づけるよう、病態・疾患の知識、血行動態との関連・ケアの根拠をしっかり結びつけましょう。
特 色
画像の基本的な見方から、疾患・病態を基にした
「見逃してはいけないポイント」が分かる!


典型例を中心に反復トレーニング

プログラム

1.X線画像のキホン
  〜白と黒のみの芸術的グラデーション

  ●まずはじっくりゆっくり解剖の理解!
  ●基礎から学ぶ胸部X線〜なぜ2方向撮るの? 座位と臥位の違いは?
  ●胸部X線の読み方〜医師はここを見る!
  ●基礎から学ぶ腹部X線〜立位と臥位の違いは?
  ●処置後の留置チューブ、カテーテルの見え方
   CVカテ、SGカテ、胃管、挿管チューブ、
   IABP、胆管ステント、尿管ステントなど

2.CT画像のキホン〜胸部CT集中トレーニング
  ●CT画像の成り立ち
  ●CT画像で全身の解剖をじっくりゆっくり理解しよう!
  ●造影CTを理解しよう! 〜血管の見え方、臓器の染まり方
  ●3D-CTの画像の種類と治療への活かし方
  ●心臓の構造を理解しよう
   〜冠動脈の走行、心房、心室と大血管の位置関係
  ●急変リスクの高い大血管疾患
   胸腹部大動脈瘤/解離性大動脈瘤/大動脈切迫破裂/肺塞栓

3.胸部X線、胸部CTから画像の重要ポイントを読み解く
  呼吸器、肺疾患
   〜気管支、肺の構造を理解して患者さんの“呼吸苦”に気づこう!
    誤嚥性肺炎/ARDS/間質性肺炎/無気肺/気胸/COPD
  肺がんの見分け方〜形状、正常から悪性度を予測しよう
  縦隔陰影拡大〜縦隔陰影の変化に気づこう
  肺うっ血と胸水〜繋がる画像と病態

4.CT画像のキホン〜腹部骨盤腔CT集中トレーニング
  充実性臓器、消化管、泌尿器系臓器の解剖を理解しよう
  急性腹症の画像から “痛み”に気づこう!
   腹水/イレウス/穿孔/結石/ヘルニア/血腫/炎症性疾患/消化管出血

5.クリティカルケースから学ぶ
  クリティカルケース10症例から学ぶ病態理解
   肺、大血管、腹部に生じた生命を脅かす
   超急性期疾患の症例、診断〜治療まで

参加者の声
たくさんのケースを通して解剖生理を合わせて説明してくださったので、
 わかりやすかった。
身近なもので例えてもらったので、想像しやすかった。
今まではCT画像を見てもわからなかったので、結果をドクターに聞いていたが、
 自分でも見てみようと思えるようになった。
画像が多く、イメージしやすかった。スライドが工夫されていてわかりやすかった。
いろいろな画像を実際に見られてわかりやすかった。
 臓器や部位を色分けしてあるのもよかった。
基礎的なことでわかりやすかった。
 実際の症例もあまり経験ないことが多く興味深かった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
【超初級】急性期病棟で役立つ胸腹部X線・CT画像の見方

 東京地区: 
2018年7月5日(木) お申込はこちら

 仙台地区: 
2018年7月26日(木) お申込はこちら

 大阪地区: 
2018年9月13日(木) お申込はこちら

 広島地区: 
2018年11月10日(土) お申込はこちら

 

関連セミナー情報
【初級】頭部、胸腹部CT、X線とカテーテル画像の見方
 名古屋地区: 2018年6月2日(土) →詳しくはこちら
 仙 台地区: 2018年8月23日(木) →詳しくはこちら
 東 京地区: 2018年8月30日(木) →詳しくはこちら
 大 阪地区: 2018年11月2日(金) →詳しくはこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671