ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【名古屋 13802-12】
 装具やアクセサリーを見て触って実践知を学ぶ
 消化器系ストーマにおける術前・術後のケアを具体的に!

指導講師

 
 
小原順子
 市立池田病院 看護師長
 
皮膚・排泄ケア認定看護師

 加古川市看護専門学校卒業。2001年旭川医科大学医学部看護学科編入、2003年旭川医科大学卒業。姫路聖マリア病院、公立神崎総合病院などを経て、2003年市立池田病院に就職、現在に至る。1998年皮膚・排泄ケア認定看護師資格取得。日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会、日本褥瘡学会会員など。各種講演会などでの講演実績も多い。
開催日程
名古屋地区
2019年1月27日(日)10:00〜16:30
会 場
日総研ビル
お申込はこちら
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
経験が少ないから基礎が学べてとてもよかった。
実例を聞き、写真を見て分かりやすかった。
さまざまな製品を知って選択の幅が広がった。
ねらい
 ストーマの基礎知識を再確認するところからはじめ、造設前・後のケア、トラブル時の装具選択のポイントまでを、経験豊富な講師が丁寧に解説します。
参加者の声
実際の体験の中からの講義でわかりやすかった。
ストーマについての知識がほとんどない初心者でもわかりやすかった。
カタログや写真、実物を見ながら、ストーマの装具についての特徴の説明があり、
 知りたかったことがわかった。
トラブル対応が現実的だった。
スキントラブル時の対応が写真付きでわかりやすかった。
交換時の面板の裏の観察から原因を追究してトラブルを回避していくことが
 大切だと思った。
面板の硬さ・軟らかさを実際に触れてよかったし、いくつものカタログの見比べ方も
 参考になった。
実際に面板のカットの仕方を教えてもらえた。

基礎から学び直し、ケアや装具選択の根拠を理解!

プログラム

1.ストーマの基礎知識をおさらい
 1)ストーマはどんな時に造設されるのか?
 2)ストーマにはどんな種類がある?
 3)ストーマ装具の種類と特徴

2.ストーマ造設前のケアのポイント
 1)術前オリエンテーションで伝えるべき内容は?
 2)ストーマサイトマーキング 目的、位置の条件、実際の方法
 3)知っておきたい! 社会保障制度の知識

3.ストーマ造設後のケアのポイント
 1)術直後に観察すべきポイントは?
 2)ストーマ周囲皮膚のスキンケア
 3)術直後の装具はどんなものがよい?
 4)退院に向けた装具はどんなものがよい?
 5)ストーマ装具を貼り付ける際のポイントは?

4.トラブル時の装具選択
 1)漏れた時のアセスメントと装具選択
 2)皮膚トラブル発生時のアセスメントと装具選択

※当日、ストーマばさみもしくは事務用はさみを1つご持参ください。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「ストーマケアの基礎とトラブル時の装具選択」

 名古屋地区: 
2019年1月27日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671