ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 13811-18】【福岡 13811-19】【名古屋 13811-20】
新生児の正しい見方
 出生直後の新生児の観察眼を養い
 判断力とフィジカルアセスメントを実践的に学ぶ。

指導講師

 
 医学博士
 田中太平

 名古屋第二赤十字病院 新生児科 部長

 1982年秋田大学医学部を卒業後、名古屋市立大学、名古屋市立東市民病院、埼玉医科大学総合医療センター、聖霊病院の小児科を経て、2002年4月に名古屋市立大学小児科講師に就任。2003年12月より名古屋第二赤十字病院新生児科部長として現在に至る。実践に即した内容を中心に、基礎から分かりやすく、丁寧に解説される講義は好評を得ている。

開催日程
東 京地区
2017年1月29日(日)10:00〜17:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

福 岡地区
2017年2月12日(日)10:00〜17:00
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
お申込はこちら

名古屋地区
2017年2月26日(日)10:00〜17:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
参加料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・定期刊行物25誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数18人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
1万枚を越える赤ちゃんの写真の中から、厳選した写真・症例をもとに、新生児の見方のコツを学ぶことができます!
根拠をふまえて、基礎から異常まで知ることができた。
事例や写真、経験談が多く、イメージがつきやすかった。
どのような点に留意すべきか、
 観察するポイントが深まった。
ねらい
 出生直後の新生児は、胎内環境から胎外環境への急激な変化により大変なストレスが加わっています。正常分娩で出生し一見正常に見える児においても、異常が隠れていることもあります。新生児の観察眼を養い、出生直後の新生児の適応生理を基に新生児の診察法の基本や異常所見の見方を確認します。

プログラム

1.新生児をみるときの基本的な考え方
  赤ちゃんの状態と病気の流れをみて、
  これから先の経過を予測してみましょう

 1)呼吸
   ガス交換/第一啼泣/肺水/肺サーファクタント
 2)循環
   胎児循環から新生児循環・成人循環/卵円孔・動脈管
 3)消化・栄養・水分
   栄養素/母乳と人工乳/発育/血糖/電解質
 4)体温
   体温調節/沐浴/熱喪失/保温・保育器(開放式・閉鎖式)

2.新生児の観察ポイント
 1)問診 妊娠分娩歴/胎児情報/母体情報
 2)視診・聴診のポイント
  (1)皮膚 性状/色/発疹/浮腫
  (2)頭部 頭囲/大泉門/帽状腱膜下出血
  (3)顔面 特異顔貌/小奇形 
  (4)胸部・腹部の聴診、触診
  (5)四肢 左右差・内反足 
  (6)外陰部 性別、矮小陰茎

3.バイタルサイン・フィジカルアセスメント



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「【写真で見る】新生児の正しい見方 隠れた異常を早期発見する


 東 京地区: 
2017年1月29日(日) お申込はこちら

 福 岡地区: 
2017年2月12日(日) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2017年2月26日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。





日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671