ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 13856-15】
 看護師目線のオリジナル動画で学ぶ
 器械出し・外回り看護の根拠とコツを
 豊富な映像で丁寧に解説!

指導講師

 
 前田 浩 手術看護認定看護師
 公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属
 
榊原記念病院 手術室副看護師長

 2002年榊原記念病院入職、手術室配属後、2010年手術看護認定看護師取得。現場を通しての教育・指導をモットーに、スタッフ育成を行うとともに、自身もハイリスク症例の看護実践を行っている。2016年より、現職。
開催日程
東京地区
2017年2月4日(土)10:00〜17:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
病態ごと合併症とその対応ポイントが聴けてよかった。
術式別の注意点、疾患別の注意点も
 看護の立場で教えてもらえた。

実際の動画を見ることができて分かりやすかった。

必要な術前情報収集から退室まで、
外回りの実際を流れに沿って看護師目線で解説。
ねらい
 心臓の解剖から循環動態・人工心肺・各疾患などの知識ならびに術中看護のポイントまでを学習。特に、理解が難解な心臓血管外科手術の器械出しに関する「根拠とコツ」は、映像で丁寧に解説し、心臓血管外科看護に必要な知識と技術の習得を目指す。年間約1,700例という全国1位の心臓血管外科手術件数に対応し、講師が習得してきた高度な心臓外科手術に必要な知識と技術そして心を、看護師目線で分かりやすく解説。

プログラム

1.心臓血管外科手術看護に必要な知識
 1)循環器看護に必要な解剖生理
 (1)弁、血管、冠動脈の解剖
 (2)心拍出量、前負荷、後負荷
 (3)体循環、肺循環、冠循環
 2)外回り看護の実際(大動脈弁狭窄症を例に)
 (1)大動脈弁狭窄症の病態と看護のポイント
 (2)患者入室、麻酔導入時の看護【動画】
 (3)各種モニタリングの解説
 (4)TAVIについて
 3)人工心肺装置について
 (1)人工心肺装置の役割【動画】
 (2)人工心肺装置使用による合併症
 (3)離脱時の看護

2.心臓血管外科手術の器械出し
  および外回り看護の実際

 1)器械出し看護の特性と教育方法
 2)僧帽弁閉鎖不全症と僧帽弁形成術【動画】
 (1)病態生理
 (2)手術適応、手術方法
 (3)看護について
 3)虚血性心疾患と心拍動下冠動脈バイパス術【動画】
 (1)病態生理
 (2)手術適応、手術方法
 (3)術中看護
 4)大血管疾患と大血管置換術【動画】
 (1)病態生理
 (2)手術適応、手術方法
 (3)看護

3.状況設定問題と質疑応答


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「心臓血管外科手術に必要な知識と技術習得」

 東京地区: 
2017年2月4日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671