ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 13967-7】【大阪 13967-8】【名古屋 13967-9】
 必要最低限のグラフィックの読み方!

指導講師

  医学博士
小尾口邦彦
 大津市民病院 救急診療科・集中治療室 部長

 1993年京都府立医科大学医学部卒業、1999年同大学院修了、大津市民病院救急診療科・集中治療部。2011年同病院救急診療科診療部長。ICU研修プログラム責任者として後進の育成に力を注ぐ。
 日本救急医学会専門医、日本集中治療医学会専門医、日本麻酔科学会指導医、麻酔標榜医。京都府立医科大学臨床教授。DMAT隊員(統括DMAT登録者)。日本救急医学会ICLSコースコースディレクター。
開催日程
東 京地区
2017年4月22日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

大 阪地区
2017年5月13日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

名古屋地区
2017年6月17日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
雑誌を見るだけでは分かりにくかったことを
 説明してもらえて理解できた。

例えの出し方がうまく、よく分かった。
呼吸管理の復習ができ、最新治療も学べた。

肺保護換気戦略、主要な換気モードの
特徴を押さえ、自信が持てるように指導!


プログラム

1.酸素化障害の4つの原因を理解
 1)肺胞低換気
 2)拡散障害
 3)換気・血流比不均等
 4)シャント

2.呼吸不全と酸素療法
 1)酸素投与方法の種類は?
 2)ベンチュリーマスク・リザーバー付きマスクの本質を理解
 3)酸素療法(マスク)の選択はどのようにする?
 4)nasal high flowの設定

3.急性呼吸不全と人工呼吸管理
 1)挿管・人工呼吸の目的は?
 2)肺保護換気戦略を理解
   低容量換気
   Open lung approach
   経肺圧とは
 3)換気様式の特徴を押さえる!
   VCVの特徴
   VCVの波形を確認〜パーツの名称と意味
   VCVで人工呼吸が自発呼吸に追随できない時の対処は?
   PCVの特徴
   PCVの波形を確認
   Auto PEEPとは?
   人工呼吸中患者のCO2がたまってきた時の対処は?
   リークの原因は?
   A/CとSIMVの違いは?
   PCVとPSVの違いは?
 4)人工呼吸器グラフィックを使って呼吸状態を把握
 5)ウィーニング
 6)NPPVを上手に使えるようになる
 7)人工呼吸中の鎮静
 8)ARDS
 9)APRVのポイント


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
急性呼吸不全における酸素療法・人工呼吸管理のポイント
【根拠から基本を習得!】

 東京地区: 
2017年4月22日(土) お申込はこちら

 大阪地区: 
2017年5月13日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2017年6月17日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671