ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 

セミナー番号【大阪 14038-13】【札幌 14038-14】【名古屋 14038-15】【東京 14038-16】
 3D映像による解説で立体構造もよくわかる!

指導講師

  脳神経外科専門医
 西村卓士
 医療法人公仁会 姫路中央病院 副院長

 1982年関西医科大学卒業、同年脳神経外科教室入局。関西医科大学脳神経外科助教、三重大学脳神経外科非常勤講師を経て、守口敬任会病院脳神経外科部長、三重県立志摩病院脳神経外科医長の後、現在の姫路中央病院副院長に至る。『看護師のための「脳外科疾患の術後管理」「脳卒中の最新治療と看護実践」「脳外科病棟の患者管理」』(日総研出版主催)などの講義で2007年より活躍。
開催日程
大 阪地区
2018年5月26日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

札 幌地区
2018年6月23日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら

名古屋地区
2018年7月8日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

東 京地区
2018年7月29日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数17人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
3Dがあることで、隣り合わせの部位、役割、
 なぜそのような症状が出るのか理解しやすかった。
 根拠が理解しやすかった。

パーキンソン病、脳梗塞、てんかんについて
 わかりやすかった。

根拠に基づいた症状観察に自信がもてます!
講師
メッセージ

 皆さんはこれまでこんな経験したことがありませんか?“教科書の脳解剖図を眺めても、どこに注目したら良いのか、各部位の関連性はどうなっているのかなかなかピンと来ない”“脳の解剖生理の本を読んでも、もうひとつ臨床と結びつかない”など。このセミナーでは、脳の解剖生理を身近な臨床と結びつけて理解を深めてもらうよう、根拠を示しながら、丁寧にわかりやすく解説していきます。また、3D映像を用いて、あたかも模型を使った説明のように、立体的な解説も行います。
特 色
脳の基本を再学習! 実践力が高まる!

認知症・てんかんの理解にもつながる!

プログラム

1.脳回とニューロン
  失語
  失認
  失行
  半盲 ほか

2.錐体路と片麻痺

3.錐体外路とパーキンソン

4.大脳辺縁系と本能

5.天幕上と天幕下

.脳動脈
  頸動脈系と椎骨脳底動脈系
  頭蓋内と頭蓋外

7.脳静脈と脳手術のかかわり

8.髄液の流れと水頭症

9.解剖生理の観点からみたCT、MRI画像解説

10.ここまできた認知症の画像診断

11.【応用編】ダイナミックに脳を理解する
  記憶のシステムと、認知症・てんかんとの関わりを知ろう
  12脳神経は脳神経系の中で、どういう立ち位置なのか
  てんかんに切り込んでみよう
  神経伝達物質の視点から脳をみる
   ―心の動きとの関連、疾患・薬剤との結びつき―

12.質疑応答


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


セミナーのお申し込み
「脳の解剖生理」

 大 阪地区: 
2018年5月26日(土)
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

 札 幌地区: 
2018年6月23日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2018年7月8日(日) お申込はこちら

 東 京地区: 
2018年7月29日(日) お申込はこちら

 

参加者の声
【脳卒中ケアユニット 看護師長】 
3Dで見せていただくことで、 それぞれの脳の形状がわかりやすかったです。
 職場で明日から活かすことができる内容でした。
 この資料を持って行って画像を見たり患者さんと薬の内容を見たりして復習します。
 スタッフのみんなにも伝達していきたいです。

【神経内科病棟 看護師】
今までパーキンソン病、ALS の患者様と接していて(脳の解剖を学んでことで)
 疑問に思っていた事とかが解決出来ました。
 3D画像を初めて見る機会だったので新鮮で、脳をCTとか、 MRIとかで見たことが
 なかったのですごく良い機会を得ました。後輩にも伝えていきたいと思った講座でした。

【脳外科一般病棟 看護師】
脳梗塞がどこに起こると、どこが麻痺するのかが分かってよかったです。

【老健 看護師】
認知症に対する薬の知識や神経 伝達物質との視点から見た疾病と薬剤の結びつきが
 わかりやすかった。

このページの最初へ

 

関連商品のご案内
※上記申し込みボタンから本セミナーと一緒にご注文いただけます。

看護師のための
脳の解剖生理
超入門

B5変型判 2色刷 120頁
定価 2,700円+税

詳しい内容はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671