ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14119-9】【福岡 14119-10】
 「よくある例で学ぶから分かりやすい」
 「イメージしやすい」「実践に生かせる」と好評
 事例で理解  自己ワークで「自分ならどうするか?」
を考える・ケアを見直す

指導講師

 
 
立野淳子
 一般財団法人平成紫川会 小倉記念病院 看護部
 
クオリティマネージメント科 科長
 急性・重症患者看護専門看護師

 聖路加国際病院や小倉記念病院の勤務を経て、2011年に山口大学大学院医学系研究科博士後期課程を修了、同年急性・重症患者看護専門看護師を取得。現在、クリティカルケア領域における実践・教育・研究を専門に活動中。また、日本集中治療医学会倫理委員会委員として3学会合同終末期ガイドラインの作成にも携わる。
開催日程
東京地区
2018年9月22日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

福岡地区
2019年1月14日(月・祝)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

参加者の声
今までは“家族の話を聞く”ことしか考えつかなかった。危機モデルを学び、
 意識的に情報収集をすることで、もっと看護師としての介入ができると思った。
代理意思決定にまで触れてくれたので期待以上だった。
臨床で困っていることが講義内容にたくさん出てきました。
 症例が多くてイメージがしやすかった。
分かりやすい内容でした。
 先生と出会えて良かったと思えるくらい良い時間を過ごせました。

ねらい
 「突然の終末期を目の当たりにした家族にどう接したらいいか分からない」「『どうしてこんなことになったのか!』と怒る家族へどうかかわればいいのか」など、急性期における家族ケアについての悩みをお聞きします。本セミナーでは、「普段通り話をしていたのに、いきなり怒り出す家族」「延命するかの判断を求められる家族」など、様々な事例解説でアセスメントから対応方法まで学べます。

家族が「怒る」「泣き叫ぶ」「詰め寄る」など、
緊迫した場面での話し方・対応の仕方が身に付く


プログラム

1.危機的状況にある家族の心理状態の理解と
  看護計画へのつなげ方
 1)多重ストレスを抱える家族の心理状態
 2)【事例で理解】危機的状況にある家族の看護計画

   心肺停止で搬送された患者の妻がパニックな様子
   積極的な治療は行わない方向にある。
   「心臓が動いているのに死ぬんですか!?」 
   「この人が死んだら私はどうしたらいいの?」

2.家族の状況にあわせた
  具体的な対応&コミュニケーション

 1)家族の抱える不安・怒り・自責感・悲嘆
 2)「いつになったらこの悲しみは無くなりますか?」
   という問いに専門職としてどう答える?
 3)「食べられない・眠れない・依存症」 家族の悲嘆を支える支援
 4)重症患者の家族が看護師に望むケア/望まないケア
 5)【事例で理解】看護師だからできる! 家族に寄り添うケア

   ①急性呼吸不全の父親の治療方針について
    「挿管は望まない、助からないなら苦しまないようにして欲しい。」
    と返答した長男
   ②心不全の急性憎悪で終末期の母親の呼吸困難感を
    改善させるモルヒネの投与に抵抗する娘
   ③患者自身に自己決定能力はあるが、真実を本人に
    伝えないで欲しいとかたくなな家族

3.急性期だから難しい?意思決定支援
 1)意思決定プロセスと倫理
 2)意思決定におけるDNARの位置づけ

 3)【事例で理解】正しく理解されている? DNARの誤解
   急変時DNAR指示が診療録に記載されている
   患者への挿管・鎮静剤投与・心臓マッサージ
 4)思いを引き出す「家族カンファレンス」
 5)代理意思決定後の家族の支援

4.まとめ・質疑応答

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「看護師だからできる! 急性期における家族の思いに寄り添ったケア」

 東京地区: 
2018年9月22日(土) お申込はこちら

 福岡地区: 
2019年1月14日(月・祝) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671