ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【札幌 14166-10】【東京 14166-11】【福岡 14166-12】【名古屋 14166-13】
 具体的な医療事故から注意義務を学ぶ!
 産婦人科医としての“臨床目線”と
 弁護士としての“法的知識”を織り交ぜて指導!

指導講師

 
 
福田友洋
 佐々木総合法律事務所 弁護士
 
医師

 2001年横浜市立大学医学部卒業。医師国家試験合格。国立国際医療研究センターにて研修(産婦人科)。2007年北海道大学法科大学院卒業。2008年司法試験合格。2009年から札幌弁護士会に所属し弁護士法人佐々木総合法律事務所で弁護士として勤務。主な内容は医療・介護事故訴訟事案、クレーマー患者対応、その他病院および介護施設を取り巻く法律問題。
開催日程
札 幌地区
2017年3月25日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977


東 京地区
2017年4月23日(日)10:00〜16:00
会 場
飯田橋レインボービル
お申込はこちら

福 岡地区
2017年9月30日(土)10:00〜16:00
会 場
福岡商工会議所
お申込はこちら

名古屋地区
2017年10月29日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

トラブル発生時の患者対応や
紛争に強い医療記録が具体的にわかる!
ねらい
 日本産科婦人科学会の診療ガイドラインでは、分娩介助をする助産師が、モニターを適切に判断し適切に対処する能力を有することを前提に作成されています。法的視点でみると、助産師にかなりの注意義務が課せられています。実際に生じた医療事故事案を基に、トラブル発生時の患者対応や紛争に強い医療記録などを分かりやすく解説します。

プログラム

1.産科医療における助産師の訴訟リスク
 1)医療訴訟では誰が被告になるの?
 2)損害賠償ってどんなときに発生するの?
 3)助産師ってどのような内容で責任を問われるの?
 4)どのようなレベルの医療をしていると責任を問われるの?
 5)民事責任と刑事責任の違いって何? 勉強しておいた方がいいの?
 6)産科無過失補償制度があるから、訴えられないんじゃないの?

2.具体的な産科医療事故から考える助産師の注意義務
 1)分娩管理が不適切だったことから、
   死産や脳性麻痺となってしまった紛争事案
 2)早期母児接触中に、新生児が死亡してしまった紛争事案
 3)授乳中のおっぱいに関するトラブルが法的紛争になってしまった事案
 4)法的紛争事案から学ぶべきこと

3.患者とのコミュニケーションの重要性
 1)分娩中の丁寧な説明の重要性
 2)事故が発生した場合の初期対応
 3)謝罪はしてしまった方がいいの?
 4)過剰な説明を求めるクレーマー患者への対応

4.医療記録の基本と意義
 1)記録のない事実は、裁判で認定されないの?
 2)どのような記録を残せばいいの?
 3)記録を加筆したら偽造になってしまうの?
 4)トラブルに繋がりやすい医療記録

5.法的紛争に強い分娩記録
 1)CTGへの適切な書込みと意義
 2)パルトグラムの整理
 3)分娩経過の記録
 4)新生児記録の重要性

6.疑問・お困りごとQ&A
  参加者の皆様から当日もしくは事前にいただいた質問について
  可能な限りお答えします。
  参加証に同封している、質問受付の窓口へ皆様の疑問をお送りください。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「助産師の訴訟リスクを回避する記録・判断・対応」

 札幌地区: 
2017年3月25日(土)  
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977


 東京地区: 
2017年4月23日(日) お申込はこちら

 福岡地区: 
2017年9月30日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2017年10月29日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671