ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【大阪 14244-6】【東京 14244-7】【福岡 14244-8】
 正常と異常を比較しながら学ぶ
 「異変の兆候」「隠れた異変」を見逃さない
 何か変だな? に気付くポイント&テクニック

指導講師

 
 渡部晋一
 倉敷中央病院
 総合周産期母子医療センター
主任部長

 山口大学医学部卒業。その後、広島赤十字原爆病院小児科、三菱三原病院小児科などを経て、1997年倉敷中央病院小児科医長に就任。2003年倉敷中央病院小児科部長、倉敷中央病院総合周産期母子医療センターNICU責任者、2008年より現職。
 日本小児科学会専門医、日本未熟児新生児学会評議員、日本新生児・周産期医学会評議員など数々の学会で活躍している。
開催日程
大阪地区
2017年6月11日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

東京地区
2017年8月27日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

福岡地区
2017年9月17日(日)10:00〜16:00
会 場
福岡朝日ビル地下1階会議室
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

新生児の生理的特徴・身体的特徴を
関連付けた観察ポイントを解説!
ねらい
 本セミナーでは、生理的特徴を理解し、フィジカルアセスメントのポイントを学びます。また、それらの知識を踏まえた新生児の観察について解説します。その他、出生直後から退院までの各時期におけるアセスメントや隠れた異常を見つけるコツ、NICUへ搬送する際の注意点も紹介します。

出生直後から退院まで各時期における
アセスメントのポイントを解説


プログラム

1.新生児の適応生理と
  フィジカルアセスメントのポイント

 1)呼吸
 2)循環
 3)消化・栄養・水分
 4)体温
 5)脳神経
 みんなが苦手な呼吸・循環はしっかり解説!

2.身体的特徴の理解と全身観察
 看護師が押さえるべき観察ポイントを
 新生児の特徴と絡めてレクチャー!

 1)皮膚
 2)頭部
 3)顔面
 4)四肢 など
  (1)正常と異常を比較しながら解説
  (2)見逃してはならないサイン、見逃しやすいサインとは?
  (3)それぞれの観察方法とコツ

3.各時期における新生児の観察と
  フィジカルアセスメントのポイント

 1)出生直後
 2)出生〜数時間
 3)退院まで
 四肢冷感、蒼白など特に注意するポイントや
 各時期で起こりやすい問題・ケアのポイントを解説。
 その他、NICUに搬送するポイントについても解説します。

4.何か変だな? に気付くポイント&テクニック

5.まとめ・質疑応答


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「新生児の見方とフィジカルアセスメント」

 大阪地区: 
2017年6月11日(日) お申込はこちら

 東京地区: 
2017年8月27日(日) お申込はこちら

 福岡地区: 
2017年9月17日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671