ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【名古屋 14355-7】【東京 14355-8】
 手技・デバイスの選択、ドクターの判断・根拠に着目し、
 先読みにつなげる!
 合併症予測と判断力・術中介助力アップ

指導講師

   心臓カテーテル看護のスペシャリスト
 中村康雄

 医療法人社団総生会 麻生総合病院 主任看護師
 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)
 コメディカル部会役員


 PCI年間500症例で培った経験知、心臓カテーテル室新規立ち上げ参画で得たノウハウをもとに、ドクターから絶大な信頼を得ている。また、インターベンション治療学会などを中心に、心臓カテーテル看護の確立に向けた熱心な活動で知られ、各種雑誌の執筆、コーディネーターとしても活躍。呼吸療法認定士、JNTECプロバイダー、BLSインストラクター、ACLSプロバイダー取得。
開催日程
名古屋地区
2017年11月19日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

東 京地区
2017年12月17日(日)10:00〜16:00
会 場
フォーラムミカサ エコ
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

撮影角度と影響、デバイス、手技に関する
細かな疑問に対応!
ねらい
 安心・安全な検査・治療を実現する心カテチームに必須となる専門知識、術中を中心とした先読み介助・看護について解説していきます。ハイレベルなカテ介助を目指す人、病棟ケアにつなげたい人、新人指導に付く人にお勧めです。

緊急カテへの十分な備えとチーム協業に役立つ知識を!

プログラム

狭心症と心筋梗塞の症状、主訴
虚血性心疾患において
 各検査の中での心カテの種類と位置づけ・確定診断としての意味

 〜運動負荷試験、造影CT、MRI、核医学検査など
スワンガンツカテーテルの見方
PCIの種類、適応、禁忌
軽度合併症と重篤な合併症
ワンポイント テクニック 声がけ・気づきの重要フレーズ
撮影方向を極める! ビューと抽出を理解する
ドクターの目線
 ○既往歴とデバイスの選び方など
 ○ステントと薬剤・カテーテル・シース・ガイドワイヤー など
 ○代表的なテクニック、KBT など
TAVI、PTRAなど、そのほかの治療の現状
カテ室での心電図変化と不整脈への対応
補助循環(IABPとPCPS)のおさらい
カテ室のシミュレーション教育の進め方
カテ室スタッフのリスクマネジメント
 放射線被ばくは? など


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「ハイレベルな介助・看護を目指す心臓カテーテル検査・治療・看護」

 名古屋地区: 
2017年11月19日(日)
※開催日が迫っていますので、お電話でのお申し込みとなります。
TEL0120-054977

 東 京地区: 
2017年12月17日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671