ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【札幌 14408-11】【東京 14408-12】【名古屋 14408-13】
 【症例シミュレーション学習】でリアルに学ぶ!
 看護師が麻酔科医とタッグを組んで危機的状況に当たる具体例!

指導講師

 
 
新山幸俊
 札幌医科大学
 
医学部麻酔科学講座 准教授

 1998年札幌医科大学医学部麻酔科学講座 入局、複数の関連施設を経て現職。日本麻酔科学会指導医、日本ペインクリニック学会専門医。著書に『PBLD形式で学ぶ麻酔科危機管理-麻酔科医がコマンダーとなって冷静に行動する』(克誠堂出版、2015、共著)ほか多数。第29回日本手術看護学会年次大会にて「そのときどうする?」の講師を務める。
開催日程
札 幌地区
2018年11月25日(日)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら

東 京地区
2019年2月23日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

名古屋地区
2019年4月21日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 実践力を磨くため、症例学習形式で学びます。さまざまな危機的状況を想定したシナリオに沿って、どのように対応をすべきかをシミュレーションしつつ、最新のエビデンスやガイドラインを交えて分かりやすく指導します。

危機場面のシナリオに沿って対応を!
( いつ何が起こるか分からない不安
急変対応マニュアルがない不安
対応の優先順位が分からない不安
) を解消!

プログラム

1.あらためて理解しよう〜麻酔とバイタルサイン

2.【症例シミュレーション】
  どう動く?「呼吸」の危機管理

 1)挿管困難症(CVCI)
   声帯が確認できず挿管できない
    →ラリンジアルマスクを挿入したが換気困難で抜去  
    →SpO2低下
 2)全身麻酔導入後の喘息発作
   麻酔導入後に換気困難
    →両側肺野で喘鳴を聴取
 3)抜管直後の呼吸不全発症時の対応
   手術終了後、覚醒させていると激しい体動
    →努力性の陥没呼吸がありSpO2が70%に、呼名に反応なし

3.【症例シミュレーション】
  どう動く?「循環」の危機管理

 1)危機的大量出血による出血性ショック
   がんの術中、高度な癒着があったため下大静脈を損傷
    →ショック状態
 2)心筋梗塞による心原性ショック
   開始3時間後ST低下
    →6時間後にST・血圧・ヘモグロビンの低下
    →輸液負荷+輸血開始したがバイタル改善せず
 3)術中の心停止
   局所浸潤麻酔施行 
    →心室性期外収縮・房室ブロックが出現
    →高度徐脈→心停止

4.【症例シミュレーション】
  どう動く?「妊産婦と小児」の危機管理

 1)超緊急帝王切開の管理〜妊産婦と胎児2人への麻酔管理
   正常分娩中に胎児に高度徐脈が出現
    →緊急帝王切開
 2)小児患者の管理〜全身麻酔は小児にとって善か悪か
   ●4歳女児への全身麻酔下で坐骨神経ブロック施行
    →覚醒時に強い興奮状態に

5.手術室運営におけるリスクマネジメント
 1)地震災害における対応
 2)円滑な手術室運営を行う上での問題点〜安全性と効率の両立

参加者の声
基礎的なところからだったので、手術室経験2年目の私でも分かりやすかった。
病態と危機管理を結びつけて学習できた。
 症例を振り返りながら考えていく展開が眠くなりにくく良かった。
分かりやすかった。ユーモアもあって楽しく、あっという間だった。
呼吸管理の気道について麻酔科の視点で話されたので、麻酔科医のが何を考え、
 自分はどう動けばよいのか、分かりやすかった。
病態別に症例を挙げ、項目ごとにまとめをしてもらったので、とても理解しやすかった。
手術室運営や問題解決に関しての話が聞けるとは思っていなかったので期待以上だった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「手術室における患者急変時の“緊急対応”」

 札 幌地区: 
2018年11月25日(日) お申込はこちら

 東 京地区: 
2019年2月23日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2019年4月21日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671