ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【大阪 14417-4】
 実演を交えて要所指導!
 精神・神経疾患や寝たきりの利用者への関わり方!

指導講師

 
 
藤田健次
 株式会社アクティブサポート 代表取締役
 
心身機能訓練・レクリエーション研究所 所長
 作業療法士/主任介護支援専門員

 肢体不自由児施設・病院・訪問看護ステーションなどで作業療法士業務を経験。介護保険制度施行後は居宅介護支援事業所の介護支援専門員業務や特別養護老人ホームの機能訓練指導員業務と施設全体の業務管理を行う。サービス付高齢者向け住宅の施設長業務を経験後、2014年4月に株式会社アクティブサポートを起業、介護支援専門員業務以外に特別養護老人ホーム・デイサービスの機能訓練指導員や障がい者施設などにおける機能訓練およびレクリエーションの指導にも当たっている。著書『デイサービス機能訓練指導員の実践的教科書』『施設機能訓練指導員の実践的教科書』(いずれも日総研出版)。
開催日程
大阪地区
2017年5月20日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数17人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
特 色
通所介護や介護施設で実践すべき
機能訓練内容がよく分かる!


生活機能が向上するための訓練の進め方を具体的に解説!

プログラム

1.【疾患・状況別で学ぶ個別機能訓練実践のポイント
  軽度認知症
  中等度認知症
  重度認知症
  うつ病
  統合失調症
  脳血管障害
  パーキンソン病
  脊髄小脳変性症
  関節リウマチ
  変形性脊椎症
  変形性股関節症
  変形性膝関節症
  脊髄損傷
  寝たきり

2.【利用者ニーズに合った】個別機能訓練の進め方
  認知機能低下への刺激に関する機能訓練
  立ち上がりから歩行器歩行訓練や杖歩行訓練
  自宅で入浴ができるようになるための機能訓練
  一人で衣服着脱ができるようになるための機能訓練
  一人で調理ができるようになるための機能訓練
  一人で掃除ができるようになるための機能訓練
  一人で洗濯ができるようになるための機能訓練
  一人で服薬管理ができるようになるための機能訓練
  社会的役割を取り戻すための機能訓練
  社会参加ができるようになるための機能訓練

3.まとめ・質疑応答


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「利用者の要望を叶える個別機能訓練と
 疾患・状況に応じた訓練の具体的な進め方」

 大阪地区: 
2017年5月20日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671