ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【東京 14479-3】
 外来看護師が「退院前カンファレンス」
 「病棟訪問」「退院後訪問指導」を行う!
 継続支援が必要な方をもれなく抽出する
  「5項目スクリーニングチャート」
 ●チームで情報共有する「情報可視化記録用紙」
  等のフォーマットを紹介!

指導講師
 NTT東日本伊豆病院 

 

塩田美佐代
看護部長


  長津みどり
外来主任看護師

 

【講師施設紹介】病床数196床。一日の平均来院患者数は301.3人。外来スタッフは看護師14名、クラーク9名、看護師の平均年齢42.8歳、平均経験年数10年以上。退院支援加算1算定。「ビジョンと外来看護の役割を明確にし、看護・教育体制の整備をすることで、どんな病院でも同様の継続看護ができる」という思いから自院の取り組みを多くの病院へ紹介。
開催日程
東京地区
2017年4月22日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

外来の「外」へ出て連携の中心を担う!
地域での生活を支える外来部署作りのノウハウ!
ねらい
 「生活者として患者をとらえ、地域で生活が継続できるよう支援する」という目標の下、スタッフ一人一人が入院中から患者情報を共有し、また外来看護師が退院後訪問指導を行うなどの継続看護を実現しているNTT東日本伊豆病院から、中小規模病院ならではの外来部署作りのノウハウや教育、継続看護・在宅療養支援の為の取り組みについて学びます。

「人が少ない…」「忙しい…」業務だけの外来にしない!

プログラム

1.外来看護に求められるもの
 1)外来看護師が担う役割と必要なスキルとは
 2)
散見される外来の課題
   〜役割の明確化、能力や役割発揮を重視した配置
 3)解決の為のマネジメント
   〜外来看護を見つめる機会、教育の場の提供、
    煩雑な業務の整理、役割分担、業務の明確化

2.当院の外来部門の体制・教育
 1)スタッフが自ら継続看護に取り組むようになるには?
   〜「患者を生活者として捉える視点」「継続看護の意義、必要性」
    ビジョンを共有し、自ら目指すことを言語化する
 2)教育目標「在宅療養を継続できるよう支援する」を実現する
   〜教育担当者の配置と教育計画の立案
 3)多様な看護実践を共有することで、課題解決に繋げる
   〜事例検討会・勉強会で外来看護の実践知を豊かにする
 4)限られた時間での情報収集力、問題抽出力・支援力を発揮、
   適切な疾患管理と看護を実現

   〜人員配置、勤務調整の工夫・看護実践知が高い看護師の配置

3.切れ目のない継続看護を実現する具体策
 1)通院時
   5項目スクリーニングチャート
    〜継続支援が必要な患者を短時間で抜けなく抽出する
   情報可視化記録用紙
    〜病棟⇔外来⇔在宅支援に必要な情報を見える化し切れ目なく看護を繋ぐ
 2)入院中
   病棟訪問
   退院前カンファレンス
 3)退院後
   外来看護師が行う退院後訪問指導


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※ご返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 着信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「中小病院ならではの外来継続看護の具体策!」

 東京地区: 
2017年4月22日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671