ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【福岡 14526-4】【札幌 14526-5】【名古屋 14526-6】【大阪 14526-7】
 なぜ書くことに対して苦手意識が消えないのか?

指導講師

 
 
飯野英親
 福岡看護大学
 
看護学部 学部長・教授

 1990年日本医科大学付属病院小児病棟に入職。その後、山口大学医療技術短期大学部小児看護学助手、山口大学医学部保健学科母子看護学講座助手・講師、山口大学医学部附属病院看護部 副看護部長(教育・臨床看護研究担当)、西南女学院大学看護学科教授を経て、2017年4月から福岡看護大学看護学部教授。専門は、小児看護学、遺伝看護学、看護管理。主な著書に、『遺伝看護(共著)、医歯薬出版』、『20代ナースに伝えたい職業人としての心得(共著)、日本看護協会出版会』などがある。
開催日程
福 岡地区
2018年7月14日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
お申込はこちら

札 幌地区
2018年10月13日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら

名古屋地区
2018年11月4日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

大 阪地区
2019年2月2日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

イメージしやすい“具体例”で身に付く3つのスキル
①レポートの評価視点に沿った文章に対するアセスメントの視点
②第三者が理解しやすいレポート・報告書を書く技術
③添削で指導(チェック)すべきポイントと校正の仕方

ねらい
 レポート、論文、報告書などを作成するに当たり、「短く簡潔に内容をまとめたい」「自分の考えを相手にわかりやすい文章で表現したい」「書く内容を論理的にまとめたい」「でも、書き出しからつまずいてしまう」「なかなか書き進めることができない」など、さまざまな苦悩をよく耳にします。また、看護師長や副師長(主任)の管理者クラス、チームリーダー看護師、教員は、レポートを作成することに行き詰まった人(スタッフ、学生など)から相談されることが多々あります。さらに、臨床および教育現場を問わず、看護の仕事や研修を通して多くの書き物が求められ、職位が高くなると、人が書いた物を添削することが役割となります。つまり、臨床で看護師としてキャリアを積む中で、書くことは避けて通れないのです。
 本セミナーでは、臨床看護現場で発生するレポート、論文、報告書の「書き方」についての基礎および書き方のテクニックに焦点を当てて解説します。読み手にとって分かりやすい文章の書き方は、レポートや論文の作成に活かすことができます。また、スタッフ(部下)や学生の作成したレポート、論文、報告書の添削方法、相談を受けた際の指導方法についてイメージしやすい事例を挙げて解説します。

添削方法、相談を受けた際の指導ポイントがよくわかる!

プログラム

1.各資料を作成する際に必要な基礎テクニック
 1)ビジネススキルとしての書き方(ライティング)と
   仕事用の文書の作成ポイント
 2)仕事で使う文書の基本:各種書き物の基本構造と「読みやすさ」
 3)やってはいけない書き方のポイント
   〜相手に動いてもらえない書き方、マナー、ルール
 4)よく書けた文書のポイント〜相手に動いてもらいやすい文書

2.適切なレポート・論文・報告書の書き方、作り方
 1)レポートの評価項目の理解
   〜レポートの何がどの程度で評価されるのか?
 2)レポートの基本構造の理解
   〜ゴールデンルールを外さないで書く
 3)第三者に伝わるレポート・論文・報告書の基本と
   理解しやすい文章の作成技法 〜メンタルモデルとロジックツリー
 4)文章の整合性を整える〜段落構造とパラグラフライティング

3.【事例学習】
  管理者・リーダーが押さえておきたいレポート・
  論文・報告書の添削・校正の方法と指導ポイント

   〜良文・悪文の具体例を提示しながら要点を解説

4.まとめ・質疑応答

参加者の声
事例を展開して、要点がまとまっていたので分かりやすかった。
文章の構成の仕方が分かりやすく、例文があったのでとても良かった。
相手(受講者)の気持ちに立って話してもらえた。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
即効! レポート・論文・報告書の「書き方」「作り方」「教え方」

 福 岡地区: 
2018年7月14日(土) お申込はこちら

 札 幌地区: 
2018年10月13日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2018年11月4日(日) お申込はこちら

 大 阪地区: 
2019年2月2日(土) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671