ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【名古屋 14535-1】【東京 14535-2】
 観点を揃え、評価基準を学生と共有する方策!
 その表現で大丈夫!?導入段階でよくある落とし穴を回避する

指導講師

 
 
北川 明
 防衛医科大学校 医学教育部看護学科
 
精神看護学 准教授

 大阪大学医学部保健学科卒業。広島大学大学院保健学研究科博士課程前期修了。ルーブリック評価を取り入れたカリキュラムとその効果に関する研究、発達障害傾向の看護学生に対する支援とその体制に関する研究をテーマとしている。各地の看護研修、ファシリテーターとして活躍。主な著書に『経験型実習教育―看護師をはぐくむ理論と実践』(共著、医学書院)、『ケアリングに基づく看護技術支援マニュアル』(編集、メヂカルフレンド社)がある。
開催日程
名古屋地区
2017年5月13日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

東 京地区
2017年7月8日(土)10:00〜16:00
会 場
連合会館(旧(財)総評会館)
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数18人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

具体的な取り組みと活用策がわかる!
ねらい
 パフォーマンス評価の導入と見直しを検討している方に向け、ルーブリックの基礎的な考え方、導入にあたっての指針、前提条件、基準項目作りにおいての注意点、評価運用と修正方法を示します。よりシンプルでわかりやすい評価体系を構築するポイントについて、ビギナーにも分かり易く事例を交えて解説します。

実践を適切に評価する基準作りに必要なコツ

プログラム

1.いまどきの学生支援と基礎教育のあり方
  〜ルーブリックによる問題提起

2.パフォーマンス評価とルーブリックの定義は?
  パフォーマンス評価とは
  ルーブリックとは(要素と尺度)
  さまざまなルーブリック(ICEルーブリックとは)

3.看護におけるルーブリックの意味と
  活用法を正しく理解する!

  〜よくある誤解と評価を見据えた基準作成、見直しのポイント
  評価観点・重点課題・最終目標を見据える
  表現についての注意点
  わかりやすい項目でシンプルにする工夫・協議ポイント
  実際の評価方法と注意点
  基準の見直し・修正作業と進め方

4.ディプロマポリシーの概観と評価の構成要素
  コンピテンシーとは何か? 基礎知識
  ディプロマポリシーを構成するコンピテンシーの解説
  コンピテンシーを構成するルーブリックの解説

5.防衛医科大学校の各領域のルーブリック参考例
  精神看護領域
  成人看護領域


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「初歩から学ぶルーブリック作成・活用・見直しのポイント」

 名古屋地区: 
2017年5月13日(土) お申込はこちら

 東 京地区: 
2017年7月8日(土) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671