ホーム全国セミナー一覧を見る

セミナー番号【大阪 14582-2】【東京 14582-3】【福岡 14582-4】【名古屋 14582-5】
【仙台 14582-6】【札幌 14582-7】
 30年度 同時改定をどう乗り切るか
 地域医療構想における病床再編と
 地域包括ケアの深化・推進の大変革

指導講師

 
 江澤和彦
 医療法人博愛会・和香会 理事長
 
社会福祉法人優和会 理事長

 岡山大学大学院医学研究科卒業(医学博士取得) 救急医療・重症管理等の内科臨床に励む傍ら、専門である関節リウマチの臨床に携わる。1996年、現職就任以降、多数の医療介護施設を開設し、現在複数の病院、介護施設、サ高住、訪問・通所事業所等を運営し、設計・建築、外装・内装デザイン、補助具開発も自ら手がける。「社会貢献」を信条とし、社会保障・医療・介護等に関する数多くの執筆や講演を行っている。
 岡山大学医学部保健学科臨床教授、日本医師会介護保険委員会委員、日本慢性期医療協会理事、慢性期リハビリテーション協会副会長、日本医療法人協会理事、全国老人保健施設協会常務理事、全国デイ・ケア協会理事、日本老年医学会介護連携検討委員会委員、日本認知症予防学会認知症予防専門医制度ワーキンググループ委員会委員、日本ユニットケア推進センター理事、全国個室ユニット型施設推進協議会理事、岡山県介護保険関連団体協議会会長、岡山県介護保険制度推進委員会副会長、岡山県介護保険制度推進委員会介護サービス評価部会副部会長、岡山県在宅医療推進協議会副会長、岡山県介護予防市町村支援委員会委員、岡山県認知症対策連携会議委員、岡山県難病対策協議会委員、岡山県医師会理事、岡山県病院協会常務執行役、岡山県慢性期医療協会副会長、岡山県訪問看護ステーション連絡協議会理事、岡山県老人保健施設協会会長、岡山県通所リハビリテーション協議会理事、倉敷市地域ケア会議(水島地区)委員長、倉敷市認知症初期集中支援チーム検討委員会委員長、倉敷市老人保健施設連絡協議会代表幹事、山口県老人保健施設協議会幹事。
 著書として「知識・技能が身につく実践・高齢者介護 第1巻 検証!改正後の介護保険『療養病床再編と老人保健施設』」(共著 ぎょうせい)2008年発行。「医療経営白書2008年度版『療養病床生き残りへの選択―医療・介護療養病床、介護療養型老人保健施設の経営方策』」 (共著 日本医療企画)。「認知症診療の進め方−その基本と実践−」(共著 永井書店)2010年発行。高齢者ケア実践事例集2010年10月「尊厳の保障を目指してーユニットケアによる個を尊重したケアの実現―」(第一法規)。「シリーズ介護施設 安心・安全ハンドブック5『苦情対応と危機管理体制』」(ぎょうせい)2011年発行など多数。
開催日程
大 阪地区
2017年9月21日(木)13:00〜17:00 平日開催
会 場
田村駒ビル
開催中止

東 京地区
2017年10月3日(火)13:00〜17:00 平日開催
会 場
日総研 研修室
開催中止

福 岡地区
2017年10月5日(木)13:00〜17:00 平日開催
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
開催中止

名古屋地区
2017年10月7日(土)13:00〜17:00
会 場
日総研ビル
開催中止

仙 台地区
2017年10月17日(火)13:00〜17:00 平日開催
会 場
ショーケー本館ビル
開催中止

札 幌地区
2017年11月3日(金・祝)13:00〜17:00
会 場
道特会館
開催中止
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 平成30年の診療報酬・介護報酬の同時改定は、2025年に至るプロセスのなかで大きな改定の年となることが予測されています。高度急性期の病院にとっては「高度急性期病院としての生き残り」がテーマですが、亜急性期およびケアミックス型の病院には病棟再編を含め様々な選択肢があり、悩ましい選択を迫られることは間違いありません。このセミナーは療養・回リハ・地域包括ケア病床を持つ病院に向け、介護報酬改定に関する情報も十分ふまえながら、この同時改定をどう乗り切るのかのヒントを提供したいと思います。

プログラム

1.診療報酬・介護報酬同時改定を予想する
 1)2025年医療・介護提供体制までの道筋
   〜急性期の絞り込みと在宅シフト
 2)今回の診療・介護報酬改定の大方針

2.迫られる病棟再編
 1)地域医療構想と急性期病棟の再編
 2)回リハ、地域包括ケア、療養の診療報酬は?
 3)療養病床の行方
   療養病床の経営の現況
   療養病床の在り方に関する特別部会の論点と見通し
   新たな施設類型とそれぞれの収支の試算

3.回復期・慢性期病棟の方向性
 1)サブアキュート機能の強化
 2)医療区分廃止と慢性期DPC
 3)介護医療院と医療外付け型

4.介護報酬改定の概要と影響を予測する
 1)介護保険法改正と将来像
 2)訪問看護/看護小規模多機能/老人保健施設/通所リハ
 3)介護報酬改定の方向性

5.生き残りをかけた自院の選択は如何に…
 1)人口推計・地域医療構想・地域包括ケアを踏まえたマーケティング
 2)病床再編により変化する地域医療連携
 3)かかりつけ医機能への対応
 4)ケアマネ・介護事業所・サ高住連携
 5)リハビリテーションの地域連携
 6)地域住民連携で地域づくりの参画


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「療養・亜急性期病院が地域に根ざした病院として生き残る方策」

 大 阪地区: 
2017年9月21日(木)
開催中止

 東 京地区: 
2017年10月3日(火)
開催中止

 福 岡地区: 
2017年10月5日(木)
開催中止

 名古屋地区: 
2017年10月7日(土)
開催中止

 仙 台地区: 
2017年10月17日(火)
開催中止

 札 幌地区: 
2017年11月3日(金・祝)
開催中止

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671