ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【札幌 14618-1】【東京 14618-2】【名古屋 14618-3】【大阪 14618-4】
 急変・異常のサインを見逃さない!
 想定外を防ぐ! ケア場面の倫理的感性を磨く!

指導講師

 
 
ながさか
たか え
 
  長坂 奎英

 キッコーマン総合病院
 
看護部長/老人看護専門看護師/MBA

 看護部長でありながら、老人看護のスペシャリストとして現場教育を行い、全国各地の講演や執筆も多い。専門看護師の役割の中でも「倫理調整」「調整(多職種連携)」「教育」に力を入れる。日本運動器看護学会認定運動器看護師育成の講師や認知症看護認定看護師コースの講師も務めるなど「高齢者の運動器看護」「認知症看護」の教育機会が多い。
開催日程
札 幌地区
2018年1月21日(日)10:00〜16:00
会 場
ネストホテル札幌駅前
お申込はこちら

東 京地区
2018年2月4日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

名古屋地区
2018年3月4日(日)10:00〜16:00
会 場
縁(えにし)ビル
お申込はこちら

大 阪地区
2018年4月22日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
「バイタル」や「訴え」だけに頼らない観察力をつける!
回復過程の“患者のできる”を正しく評価!
 「自律、自立」の見守り・支援・家族へのかかわりを学ぶ
看護観察の不足が招く“想定外の悪化やインシデント”を防ぐ!
事例で学び育む! ケアの前後に伴う倫理的判断の感性を磨く
“その人”の生活史・心理に基づく「アセスメント⇒看護計画」を学ぶ

ねらい
 高齢者は変化が見えにくく、訴えのない事が多いものです。また痛みや不快感などの感じ方に個人差があり、“気づきの看護”が求められます。さらに意識が清明ではない状況での関わりやケアの前後にも倫理的判断・感性で捉えることが大変重要です。「高齢患者ならでは」の情報収集や観察、コミュニケーション、アセスメントのあり方、と急変や異常のサインを見逃さないコツを学びます。また「自律支援」「倫理的判断」についても事例を通して学習します。

プログラム

1.その人の人生・生活・心理に理解と関心を!
 1)高齢患者の心理〜なぜ本音を言わないのか?(言えない)
 2)本人・家族の医療看護ニーズ〜QOLは? 何を求めている?
 3)回復過程で自身の力を試す行動は「一人で立った、できた」ではない
 4)真の思い、本音を引き出すコミュニケーション術 ほか

2.高齢患者ならではの情報収集・観察・アセスメント
 1)入院時の情報収集では不十分! 入院生活の中でどんどん追記する
 2)入院前の生活に目を向け関心を持つ! アセスメントにどう活かす?
 3)一見穏やかに過ごしているようでも、クリティカルな視点を!
 4)ふらつき、目眩は転倒リスク!
   ふらついても黙っていたい高齢者の気持ち
 5)日常生活や既往歴、基礎疾患を今の状態・治療と関連づけて考える

3.高齢患者の「想定外」を看護の気づきで防ぐ
 1)こんな事も高齢患者にとっては侵襲になる! その影響とは?
 2)術後・処置後の経過は要注意!
 3)バイタルサイン測定+看護師の五感で防ぐとは?
 4)想定外と思える急変・悪化例
   〜脳血管系、敗血症・DIC、感染、消化管穿孔、
    重症肺炎、酸塩基平衡異常…
 5)転倒,自己抜去,服薬のエラーなどを防ぐ視点とかかわり

4.【事例を通して学ぶ!】ケア前後の倫理的判断


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
変化が見えにくい、状態を言わない・言えない
高齢患者ならではの「いつもと違う」に気づく看護

 札 幌地区: 
2018年1月21日(日) お申込はこちら

 東 京地区: 
2018年2月4日(日) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2018年3月4日(日) お申込はこちら

 大 阪地区: 
2018年4月22日(日) お申込はこちら

※キャンセル料はかかりません。お早めにお申込みください。

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671