ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14653-1】【名古屋 14653-2】

指導講師

 
 
冨永和美
 栃木県認知症介護指導者
 認知症高齢者グループホーム
 愛里須・ソフィア
 
統括責任者

 栃木県認知症介護指導者として認知症の人が安心して生活できる認知症ケアを実践、日総研第2回接遇大賞を受賞している。また、自らもNPO法人を立ち上げ、地域総合ケアの那須モデルを実現するため、介護と障がいの総合ケアマネジメント事業や成年後見制度利用支援事業、総合生活支援事業を展開している。認知症ケア上級専門士、上級認知症ケア指導管理士、認知症予防ファシリテーター1級、認知症ひもときシート講師、介護支援専門員、障害者相談支援専門員、社会福祉士(ぱあとなあ)、精神保健福祉士(クローバー)。
開催日程
東 京地区
2018年4月15日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

名古屋地区
2018年4月29日(日・祝)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数12人。これに達しないときは,開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

認知症の方と適切な信頼関係を構築してケアにいかす
ねらい
 本セミナーは、BPSDがあったりコミュニケーションがとりづらくなったりしている認知症の利用者に対して、適切なかかわり方(「言葉かけ」技法)を修得することを目的としています。認知症高齢者は不安や混乱の中で生活しており、不適切な声かけや対応はその方の自尊心を傷つけ、BPSD症状の悪化など悪影響を及ぼします。適切な信頼関係を構築するために、本セミナーでは認知症の方の心に寄り添う言葉かけ・対応・接し方を動画・ロープレ演習により実践的に学ぶことができます。

接遇大賞受賞の「言葉かけを磨く」取り組みに学ぶ

プログラム

1.認知症・認知症ケア・アセスメントを理解する
 1)認知症を再定義する
 2)認知症ケアをまじめに考える
 3)BPSDを本人の立場で考える
 4)認知症ケアに生かすアセスメント(会話からのアセスメント)

2.接遇改善で虐待・事故・クレーム・ストレスを
  ゼロにする

 1)接遇改善の大切さを知る
 2)接遇改善の効果を知る
 3)認知症ケアに生かす接遇改善を知る

3.三大ルーティンを身につける
  (唱和・カンファレンス・振り返り)

 1)理念と基本の言葉の唱和をくせづけする
 2)課題に対するカンファレンスをくせづけする
 3)日々、そして毎月の振り返りをくせづけする 
 4)ていねいな言葉遣いをくせづけする(事例紹介)

4.【“悪い例・良い例”動画とロープレ演習】
  BPSD場面での言葉かけ・接し方を体感する

 1)言葉かけ・接し方の悪い例・良い例(動画+ロープレで演習)
 2)言葉かけ・接し方のリフレーミング
   (適切な「とっさのひとこと」の演習)
 3)BPSD場面の正しいその場しのぎとその後対策

5.質疑応答
 1)BPSDへの対応について
 2)各事業所での課題について


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「認知症利用者の不安を安心に変える言葉かけ・接し方」

 東 京地区: 
2018年4月15日(日) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2018年4月29日(日・祝) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671