ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【仙台 14660-1】【大阪 14660-2】【東京 14660-3】
 シミュレーション演習・動画で手技を習得
 自然分娩を成功に導く介助のポイント!

指導講師
土屋氏黒瀧氏   済生会宇都宮病院 バースセンター 助産師

土屋邦子

 黒瀧裕美

 済生会宇都宮病院では1999年に助産師外来を設立し、2004年には産科病棟から母子医療センターに生まれ変わると共に「赤ちゃんとママに優しいお産」をモットーにフリースタイル分娩を実践してきた。2008年11月には、バースセンター(全室LDR4床、分娩台なし、スタッフ:専任助産師6人、機能:アクティブバース、水中出産、家族立会い、母児同室、助産師外来、多目的室)を立ち上げ、フリースタイル分娩が自然に行なえるよう実践している。
開催日程
仙台地区
2018年5月13日(日)10:00〜17:00
会 場
ショーケー本館ビル
お申込はこちら

大阪地区
2018年6月24日(日)10:00〜17:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

東京地区
2018年10月28日(日)10:00〜17:00
会 場
損保会館
お申込はこちら
受講料
一般:20,000円 会員:17,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
ねらい
 フリースタイル分娩は妊産婦が好きな体位を選ぶことで、妊産婦や赤ちゃんの負担を少なくなるだけではなく、身体を起こした自由な姿勢によって重力を利用できたり、児頭の回旋を促したりするなど、自然分娩を促す上で有効と言われています。だからこそ、助産師として分娩介助をするにあたり、保護する手の当て方や分娩スピードなど、それぞれの体位や妊産婦や赤ちゃんの状態にあわせることが必要です。本セミナーでは、少人数のグループに別れ、体位別に回旋による児頭の向きの理解や会陰・肛門保護など実際の介助手技を学びます。

限定36名・少人数のグループで!
さまざまな体位での手技、分娩進行などを
体験しながら身に付ける!


プログラム

1.バースセンターにおける保健指導
 1)妊娠初期からの保健指導
 2)ハッピーバースクラス(両親学級)の実際
 3)会陰マッサージの指導のポイント

2.フリースタイル分娩における
  体位の特徴と介助のポイント

 1)側臥位
 2)四つん這い
 3)スクワット
 4)立位
   ①分娩第一、第ニ期のポイント
   ②分娩第二期における会陰保護の手技
   ③体位と分娩進行
   ④体位の工夫
   ⑤使用するツール
   ⑥介助のポイント

3.会陰保護・会陰裂傷・会陰縫合について
 1)会陰裂傷を防ぐ手技と分娩進行
 2)裂傷と縫合
 3)院内認定縫合助産師制度

4.【シミュレーション演習と動画で手技を習得】
  フリースタイル分娩介助

  少人数のグループに別れ、体位別に回旋による児頭の向きの理解や
  会陰・肛門保護などの介助手技を学びます。

  ①側臥位
  ②四つん這い
  ③スクワット
  ④立位 
など


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「フリースタイル分娩介助における保健指導と会陰保護技術」

 仙台地区: 
2018年5月13日(日) お申込はこちら

 大阪地区: 
2018年6月24日(日) お申込はこちら

 東京地区: 
2018年10月28日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671