ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【札幌 14757-1】
 あるある事例と演習で「自己愛型」「自己評価が高い」スタッフに対応!
 指導する側は今のままでOK!状況を変えて相手を変えるテクニック

指導講師

 
 
大宮秀淑
 札幌学院大学 心理学部 臨床心理学科 准教授
 臨床心理士/博士(保健科学)
 北海道大学大学院 保健科学研究院 客員研究員

 精神科クリニックや小中学校・幼稚園カウンセラーとして勤務後、医療法人北仁会旭山病院の臨床心理室勤務。2017年より現職。北海道看護協会支部研修や院内研修などで、医療安全(同じエラーを起こす人対策)やかかわりにくい人とのコミュニケーションに関する講義は大変好評。
開催日程
札幌地区
2018年10月27日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導・指摘に「だって」「でも…」と受け入れない!
⇒話す順序、内容、間を少し変えるだけで”素直に”!
ねらい
 看護現場では指導しにくい、かかわりにくいという新人〜若手スタッフが増えています。知識・偏差値レベルは向上しているものの、メンタルが超弱い発達障害っぽい?そして「自分ファースト気質」の3タイプをよくお聞きします。は素直になれない・言い訳ばかり・プライドが高い・自己評価がいつも高い等の傾向が見られ、比較的素直なタイプよりかかわりが難しいものです。指導・指摘に対して即座に「だって」「でも」と返してくる傾向や、「いいんです」と開き直ることもあります。
 本セミナーでは自己愛、自己防衛が強い「自分ファースト気質」へのかかわり方を、よくありがちな「指導者が変わる」という対応ではなく、「指導者は変わらなくてよい!状況を変えて相手を変える」という臨床心理学的アプローチでの対応を学びます。自分ファースト気質の大きな要因の「自己愛」「自己防衛」を学んだ上で、現場での“あるある事例”をベースにしながら、臨床心理学技術ベースの言葉かけ・会話方法と”認識のズレ”をなくすメンタルモデルの共有の方法という2つのアプローチで解説します。さらに楽しく体験できる演習により実践で使えるスキルにします。

「だって〜」「でも…」言い訳はもうやめて!
指導の悩みを心理学に基づくかかわり方で解消


プログラム

1.“叱られ経験”の少ない今どきの若者・
  考え方が「自分ファースト」な人を知ろう

  「自己愛」とは? 現場での悪い場面とは?
   自分を変えられない、曲げられない、
   上司の意見を取り入れられないため周囲が困る
   自信はないのに自己評価は高い
  発達障害との違いは何?〜発達障害は素直! わかってもらえる
  自己愛の人は素直じゃない!? 自分の非が分かっていても変えない

2.状況を変えれば困った相手も変わる
  〜その1「臨床心理学に基づいたコミュニケーション技術」
  少しだけ肯定してから話に入る 
  言葉の順序を変える
  いったんは話を受け入れてみる 
   一言加える、一呼吸置く…
  図星に弱いのは自分の“ダメ”に気づいているから!

  〜その2「メンタルモデル」を共有しよう!
  メンタルモデルって何?〜これはこういうことだろうという認識
  メンタルモデルがずれる場面は? あなたの当り前≠スタッフの当り前
  言葉の辞書をすり合わせれば納得・理解が得られる

3.【あるある事例と演習で学ぶ】
  自分ファースト気質への対応力を高めよう!

  間違いを指摘⇒「でも〜、だって〜」や言い訳ばかり
  「わかりました」という返事⇒行動に変化なし
  「休み希望」等の権利や自己都合ばかり主張する!?
  マイルールを勝手に作る  
  できてないのに自己評価は高い
  ミスや不都合を隠してしまう 
  集団になるとパワーUP!
  面倒な事・興味のない事はしたくない
  少しきつい言い方をすると逆恨みされパワハラ騒ぎ
  失敗にものすごく弱い 
  社会人経験者は扱いにくい? ほか


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
プライドだけ高い“自分ファースト”なスタッフへの「指摘」「指導」「気づかせ」

 札幌地区: 
2018年10月27日(土) お申込はこちら

 

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671