ホーム
セミナー 教材定期刊行物 単行本 通信制講座 DVD教材 接遇大賞
 
セミナー
 

 
 ■患者サービス(接遇・医療安全・機能評価)

■北海道地区

18/12/15
札幌 アンガーマネジメント実践トレーニング
19/01/26
札幌 一丸となり“忙しさ”を打破! 業務改善の進め方  
19/01/26
札幌 災害対策委員が進める体制整備「マニュアル」「訓練」見直し・活用の具体策

■東北地区

19/01/27 仙台 助産師が臨床活用できるリフレクソロジー【手技習得】

■関東・甲信越地区

18/10/21 東京 「あの人は、どうして、ああなの?」を理解し、付き合い方を楽にするワーク
18/11/03 東京 集中治療領域における身体拘束に対する倫理と適切な実施
18/11/03
東京 重症度、医療・看護必要度と連動した看護記録・監査システムのポイント
18/11/04
東京 SOAP・経時記録を含めた記録改善・指導の実践研修
18/11/25 東京 うっかりエラー防止対策 心のよそ見・思い込み低減トレーニング
18/11/25 東京 助産師が臨床活用できるリフレクソロジー【手技習得】
18/12/01 東京 災害対策委員が進める体制整備
「マニュアル」「訓練」見直し・活用の具体策
18/12/08 東京 患者・家族に納得してもらえる説明と紛争対応の具体策
18/12/15
18/12/16
東京 TeamSTEPPS 2.0
初心者向けのエッセンシャル&ファンダメンタルコース【2日間】
18/12/22
東京 アクション・カードで減災対策【手術室編】
19/01/26 東京 【超実践】病院機能評価「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」
受審ポイントと業務改善・資料作成・プレゼンのコツ
19/03/16 東京 災害に強い産科病棟(施設)になる体制・訓練・マニュアル整備の具体策
19/05/25
東京 一丸となり“忙しさ”を打破! 業務改善の進め方  

■東海・北陸地区

18/10/21 名古屋 重症度、医療・看護必要度データを病院経営に活かすポイント  
18/10/27 名古屋 集中治療領域における身体拘束に対する倫理と適切な実施
18/10/28
名古屋 うっかりエラー防止対策 心のよそ見・思い込み低減トレーニング
18/10/28 名古屋 「あの人は、どうして、ああなの?」を理解し、付き合い方を楽にするワーク
18/11/03 名古屋 災害対策委員が進める体制整備
「マニュアル」「訓練」見直し・活用の具体策
19/02/09
名古屋 重症度、医療・看護必要度と連動した看護記録・監査システムのポイント
19/03/02
名古屋 一丸となり“忙しさ”を打破! 業務改善の進め方  
19/03/17
名古屋 エンドステージにある患者の心理と支援の具体策
19/04/13 名古屋 災害に強い産科病棟(施設)になる体制・訓練・マニュアル整備の具体策

■関西地区

18/10/20
大阪 重症度、医療・看護必要度と連動した看護記録・監査システムのポイント
18/11/24
大阪 アクション・カードで減災対策【手術室編】
18/12/08
大阪 開示・訴訟に耐えうる「誰が見てもわかる」看護記録の書き方
19/01/19 大阪 重症度、医療・看護必要度データを病院経営に活かすポイント  
19/02/02 大阪 災害に強い産科病棟(施設)になる体制・訓練・マニュアル整備の具体策
19/03/10
大阪 うっかりエラー防止対策 心のよそ見・思い込み低減トレーニング
19/03/16
大阪 一丸となり“忙しさ”を打破! 業務改善の進め方  

■中国・四国地区

18/11/11 岡山 「あの人は、どうして、ああなの?」を理解し、付き合い方を楽にするワーク
18/11/24 岡山 災害に強い産科病棟(施設)になる体制・訓練・マニュアル整備の具体策
19/01/26
岡山 エンドステージにある患者の心理と支援の具体策
19/01/27
岡山 アンガーマネジメント実践トレーニング

■九州地区

18/10/21
福岡 患者・家族に納得してもらえる説明と紛争対応の具体策
18/11/04
福岡 うっかりエラー防止対策 心のよそ見・思い込み低減トレーニング
18/12/02 福岡 集中治療領域における身体拘束に対する倫理と適切な実施
18/12/15
福岡 エンドステージにある患者の心理と支援の具体策
18/12/15
福岡 アクション・カードで減災対策【手術室編】
19/01/14 福岡 看護師だからできる! 急性期における家族の思いに寄り添ったケア
19/02/03 福岡 【超実践】病院機能評価「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」
受審ポイントと業務改善・資料作成・プレゼンのコツ
 



看護
介護

前のページへ戻る このページの最初へ